ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

自薦・厳選300?Cogito, ergo sum 7 15/03/07

Cogito, ergo sum 7 2009年1月

ヨイショ!


日曜日の早朝3時過ぎに目が覚め 眠れなくなってしまった
起き出してBS-2をつけると、懐かしい顔が出ていた

8代目橘家 圓蔵…若い頃の名を月の家圓鏡(つきのや えんきょう)と言った
当時は林家三平と並んでテレビで最もよく見かける噺家だった

似ていると言われ、“エンキョー”と呼ばれた時期がある
d0164636_8582948.jpg
アクセス考

グランド・スラムに関係ない1月8日に1771件のアクセスがあったのは
ひとつの“事件”だ

YAHOO!に移ってから1日のアクセスが1700を超えたのは4回しかなかった

2131 (7/10)
1891 (7/8)
1749 (9/1)
1733 (9/9)


日付で分かる通り、ウインブルドンと全米の終盤に記録されている

今回の“異常な”アクセス数、考えられる理由はただひとつ
錦織圭が全豪の前哨戦でベルディッヒに勝ったから…
“エア・ケイ”恐るべし!

…と思ったら、「違うのではないか」との情報がもたらされた

当ブログとしては珍しいことに、某タレントをほめたことが
そのタレントのファンのブログで紹介されたかららしい
いいと思ったからほめただけだが、もし、けなしていたら…
ということになるなあ
(仕切り屋としての中居正広を褒めた)

吾亦紅

暮に、秋元順子の「愛のままで…」と一緒に、すぎもとまさとの
「吾亦紅(われもこう)」のCDを買った
受け入れがたい音楽が氾濫する中で、じっくり聴ける“おとなの”歌だ

特に、すぎもとのCDは、「吾亦紅」以外の「ハートブレイク・ホテル」、
「Bar スターライト」も、聴けば聴くほど胸に沁み入ってくる

ご丁寧にもカラオケつきだが、キーが違いすぎて(つまり音痴なのでw)
歌えない 嗚呼!
d0164636_8574636.jpg
月光仮面?

“ヒール”だったはずの朝青龍は、どうやら“ヒーロー”として帰ってきたらしい
初日から3連勝…稀勢の里に逆転勝ちした時点でこの流れは見えていたのだから
世間の“熱狂”をよそに、当ブログは「いいんじゃないの」という反応しかない

ファンも多いことを承知のうえで、“ダメなものはダメ、いずれボロが出る”と
書いておく
大相撲も、多くの専門家が“調整不十分”と指摘する中で出場してきた男に
終盤まで優勝争いをさせるほど甘いものであってほしくない
(1年後、“ぼろ”は意外な形で姿を現した) 

Doctor Stop

体重は68キロに増え、体脂肪率がしばしば30を超えるようになった
“頼みの綱”だった内臓脂肪レベルも“9”に達した

よって、月曜日からすべての間食を禁止とする
ただし、旅と外食のときは別とする
厳格に“すべて”とするとストレスがたまるからだ

64キロ前半まで体重が落ちたために、9月1日から“摂食制限”を
ゆるやかに解除していたが、5ヶ月しかもたなかった

日曜日に食べたアンジェリーナのモンブランを最後に、この“苦行”は
半年かかるだろう…それも“希望的数字”だ
d0164636_8572657.jpg
冬でも春風駘蕩

地元の商店街を歩いていると向こうから来た“人生の先輩”、
80代半ばぐらいに見える女性に呼び止められた
「恐れ入ります」と断った上で「今日は月曜日ですか?」と
尋ねられた  水曜日だった

我もまた、いずれそうなる きっとなる、と思った
「ああ、そう、水曜日でしたか」
彼女は、歩行を助ける乳母車を押して悠然と歩み去っていった
その後ろ姿を見ながら、「彼女は決して不幸ではない」と思った

クメってやつは

番組が始まったときから久米宏は、“司会者”の立場は放棄している
結局、この番組は、彼が好き勝手を言うためにあるようだ

「最大の防衛力(国防)は、この国のためには命をかけてもいい
と思うような国にすること」は、“青臭い”けど分かる しかし、
「小泉さん(元首相)が(ヒトラーのように)アジテーションをやったら
戦争、始まったかもしれませんよ」
「安倍さん(元首相)は議論する価値もないんだ、僕に言わせれば」は
いかがなものか?

TBS「がっちりマンデー!!」など、純粋に経済に関する番組では 
どこか“可愛い”、いい味を見せる森永卓郎もわけの分からないことを言う
「戦力は持たない。
日本が世界中に経済援助をして、日本はいい国だなという風にすれば
攻めて来る国はほとんどなくなる」
d0164636_8565862.jpg
森永をフォローした室井佑月はもっと“ノー天気”だった
「私はもっと強烈だもん。やられてもやられても『やめてください』って
言ってるほうがいいんじゃないかしら」

…ちょっと“おかしい”田母神元航空幕僚長を呼んでいることを“逃げ道”に
一人ならともかく、ここまで意見がかたよった(“間違っている”とは言わない)
出演者たちが久米に近いことを言う
東国原知事が“戸惑って”いるように見えた

司会の二人がへらへらしすぎるのも違和感がある
テクニックのつもりだろうが、あからさまだ

プライムで6%台が続いている  TBSも苦しいだろう
3月いっぱいで打ち切りにならなければいいが
(3月で終わったw)

懐かしい

風呂上りに、BS日テレでやっていた「かもめ食堂」を途中から見た
日本人の女性がヘルシンキで食堂を開く話である
ヘルシンキは1977年と1991年に訪れた町だ
主演の女店主(小林聡美)がフィンランド語を自由に操っていた

初めて訪れたとき、フィンランド語を二つだけ覚えたことを思い出す
一つは“ありがとう”という意味の“キートス”
もう一つは、出張精算のときにどうしても必要な“領収書”だが
ハッキリとは思い出せないのがもどかしい
たしか、“クイッティ”だったと思うのだが

禁じ手

初日から10連勝…どうやら朝青龍は優勝争いをするつもりらしい
中日を終わったときに5勝3敗ぐらいと思っていただけに意外だ
予想が完全に外れたわけだが、「別にぃ」という感じ

その朝青龍をはじめ、横綱・大関陣が下位の力士と対戦したときに使う
「張り手」を禁止するように提案したい
立場的に、下位の力士は事実上 使えない手で優位に立つのはアンフェアだ
d0164636_8561062.jpg
嘉風戦後、にらみつけていたのは流れの中で顔を張られたからだが、
自分は15番中、12-13番は“張り差し”に行くくせにずうずうしい
こういう横綱でも勝てば客が入るから理事長以下、何も言わない
強いものに憧れるファンは喝采を送り、ネタをもらう新聞・テレビは
もう横綱の品格はどうでもいいらしく、“ちょうちん記事”を書く…
世間は“のど元過ぎれば”状態になっているようだ
朝青龍に怖いものはなくなった  増長することが目に見えている

中日の特別ゲストで登場した元横綱・輪島とデーモン小暮閣下の話は
面白かった 担当アナがうまかったと思う
“自由に”しゃべる二人をコントロールした岩佐アナに“あっぱれ”を
(張り差しはまだなくならず 岩佐アナは“消えた”)
by toruiwa2010 | 2015-03-07 09:00 | 岩佐徹的考察 | Comments(2)
Commented by えそらいろ at 2015-03-07 17:21 x
こんにちは。
本文と関係なくてすみません。
こちらの『自薦・厳選…』シリーズでは大丈夫なのですが、
最近の記事は2~3文字、1行からはみ出して変なところで改行されてしまうようになってしまいました。。。
私のPCの設定が何か悪いんでしょうね。
Commented by toruiwa2010 at 2015-03-07 17:26
えそらいろサン、こんばんは。

それでは読みにくいですね。
いつも気にしてはいるのですが、
確認が取れないで対策を講じることが
出来ません。
自分のPCでワードの文字数は設定して
あるのですが・・・
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。