ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

自薦・厳選300?Cogito, ergo sum 15 15/04/04

Cogito,ergo sum 15 2009年4月初め

裏切り


すでに優勝を決めていた白鵬に“全勝”がかかった
千秋楽結びの一番、朝青龍の奮起、意地を期待していた
多くの相撲ファンは見事に裏切られた

d0164636_7405282.jpg






土俵に上がったところから、独特の気迫が見えなかった
立ち合い負けして右下手を許したあと、攻めに転じる
形にならないまま、左上手を取られると勝負への執着が
完全に失われるのが分かった
最後は自ら土俵を割っていた

白鵬に充実の気配があり、朝青龍はこれからますます
苦しくなるはず
来場所以降の巻き返しは難しいのではないか?
(実力・人気で白鵬を抜く力士はまだ出てこない)

焼けぶとり?

このタイトルは我ながらどうかと思うが、千秋はともかく、
内田有紀、竹内結子、小泉今日子、広末涼子、奥菜恵、
ともさかりえ、辺見えみり…
離婚した女優・女性タレントが元気だし、美しさを増す

藤原紀香はどうか?


何か問題が?

大相撲春場所、11日目に勝ち越した豊真将に聞いた
“栄光への架け橋だ!!”のKアナ
「1勝2敗から6連勝で勝ち越し…」
計算が合わんじゃないか!?

正面担当のOアナ、少し話したあと
「…豊真将、2勝3敗からの6連勝で勝ち越しました」

NHKの放送では、自分が間違えたときも、さりげなく、
正しい情報を入れるだけで、メッタに謝らない
なぜ? はずかしい? 面子? 上からの指示?
分からん

呑めや歌え

“願はくは花の下にて春死なん そのきさらぎの望月のころ”
…できることなら、きさらぎの満月(旧暦2月16日)のころに
桜の花の下で死にたいもの、と詠んだ西行法師は、まさに
その通りに亡くなったらしい 
そんなにうまくいくもんじゃないだろうに

d0164636_7411536.jpg







日本人は桜が好き、もちろん、桜のそばで飲むのも好きだ
ただし、花を見ることはまれだ
我が家の「(グランド・スラムを)見る会」でも、テレビは
ついているが、画面を見る奴はいなかった

“願わくば 富士の裾野で冬死なん 睦月初めの雪深きころ”かな
(2020TOKYOがあるから まだ死にたくはないが…)

カテゴリー

テニスの世界でナダルが頭角を現し始めたころ
人気絶頂だったのはフェデラーだった
日本にも若い女性を中心に熱狂的なファンが多く
少しでもネガティブなことを言おうものなら、それこそ
“袋叩き”されかねない状況だった
あまりの“一人勝ち状態”を打破しなければと思って
ブログを訳すなど、ナダルの人柄を伝えた
日本に彼のファンが増えたことに少しは貢献したと思う

ananの「好きな男性タレント」では、木村拓哉が
15年連続1位だが、年2回行われるビデオ・リサーチの
2009年2月度調査によると男子の1位は3回連続で
イチローだそうだ
調査の名前が「テレビタレントイメージ調査」と聞いて
ひっくり返るほど驚いた
いつから、イチローは“テレビタレント”になったんだ?
どちらにしても“イチロー人気”には、全マスコミの
“礼賛”記事が貢献していることは間違いない

ちなみに、この調べでは、キムタクはトップ20にも
入っていないらしい

WBC

“熱狂”もようやく沈静化してきたようだ
連覇は簡単にできることではないので素直に称えたい
「ダルビッシュが9回に逃げ切っていればよかったのに」
などとは言わない

d0164636_7414386.jpg






ボールが甘かったとはいえ、あの場面でヒットを打った
イチローには「エライ!」と言っておく
しかし、試合後のコメントは“どうだ?感”がありすぎて
いちいち“うざかった”

優勝の大きな要因として、“原監督”を挙げておく
選手との年齢差がちょうどよかった
監督としての経験や実績が“偉大過ぎない”ことも…

中央進出

前にも書いたが、3月末から新聞のテレビ欄の形が変わった
左から、NHK総合、NHK教育、日テレまでは従来と同じだが、
4番目にテレ朝(5チャンネル)、TBS(6)、テレ東(7)と来て
フジテレビは一番右に押し出されてしまった
“5と7があいているがどうする?”と聞かれたとき8にこだわって
断ったというが、おい、フジテレビ、イメージ悪くないか?

d0164636_742249.jpg








資本系列が同じ日刊スポーツだから「5ch テレ朝」とおまけの
透かし刷りが入ったのはごあいきょうだが、いずれにしても、
“たなボタ”で中央ゲットのテレ朝は笑いが止まらないだろ
(視聴率低迷の一因になっていると思う)

三途の川

「エー。彼のバッティングはですねえ」
絶品の掛布の物まねも聞けなくなるのかと思ったぜ
「こら、松村、コノヤロー」…たけしの声が聞こえそうだ

あの身体で、マラソンはおろか5キロだって走っちゃ
“ダメダメ”だろう
タレントは身体を張る必要もあるだろうが“たいがい”に
しないと、そのままあの世行きになってしまうぞ
(最近、あまり見ないが大丈夫なのか?)

サバイバル

女性アナの“生き残り競争”は激しいものがある
たとえば、フジテレビでこの1,2年に入社した生野陽子、
加藤綾子、椿原慶子・・・雰囲気が似ている中で、生野が
一歩先行しているようだ
入社年度の関係もあるだろうが、独特の“空気”を
持っているところが買われるのだろう

加藤、椿原は、“どう特色を出していくか”が今後の
課題になってくるが、花の命は短い
同情する
(6年が過ぎたが生き残ってるね)

グローバル化

1978年、ロサンゼルス市内の高級ホテルのロビーの
壁に「便所 →」と書かれたサインを見たときには
ビックリしたものだ

ヨーロッパも交通機関などでは、日本語や韓国語、
中国語で書かれた表示はまだないのではないか?
パリの地下鉄が途中駅で突然動かなくなり、乗客は
ぞろぞろ出口に向かい、アナウンスはフランス語だけ
という状況に出会ったことが2回ある
英語を話せる人を探して「予告なしのストが始まった」と
説明を受けるまで何が起きているのか分からず不安だった
日本では、駅の表示に韓国語、中国語が混じるように
なっているのは結構なこと

先日、井の頭線の車内でこんなポスターを見た
これほど中国語が支配的なポスターは珍しいのではないか

d0164636_7421841.jpg








自己顕示?

かつて、アマチュア・アスリートはひっそりと現役を
退いていったものだ
最近は、アマチュア選手も大々的に会見を開いて
辞めていくようになった
やはり、誰にも知られずに競技場から消えるのは
寂しいのだろうか?

うしろにスポンサーのロゴがびっしりと貼られた
“ついたて”を背負って話すアスリートを見ると
“契約”、“金”の文字が頭に浮かんでしまう

逸見政孝から始まったと思うが、セレブのガン告白も
一種の“はやり”になっていて鼻持ちならない
「同じ病気を持つ人たちに勇気を与えたい」と語るが、
手術を終えてからで十分なのではないか?
無用の心配をさせることをどう考えているのだろう
by toruiwa2010 | 2015-04-04 09:00 | 自薦・厳選300? | Comments(6)
Commented by ルブラン at 2015-04-04 09:32 x
岩佐さん お疲れ様です
テレビ欄は結局テレ朝の思惑道理になりましたね
あとプロ野球ニュースのDVDマガジン読みました
3時のあなたでも江川さんの入団騒動話題にしてたんですね
岩佐さんや金田さん青田さんが江川さん と対談していてちょっと意外でした
Commented by toruiwa2010 at 2015-04-04 12:56
ルブランさん、こんにちは。

PBNのDVDマガジン…
どのサイトで読めるのか
教えて下さい。
コメントを読んでも、
記憶がよみがえりません。
ハハハ。
Commented by ルブラン at 2015-04-04 13:50 x
サイトではなくプロ野球黄金時代vol4運命のドラフトというDVDマガジンの6ページに当時の写真が掲載されています
1978年12月14日放送分からだそうです
他に坪内ミキ子さんと野間アナもいますよ
Commented by toruiwa2010 at 2015-04-04 14:03
ルブランさん、分かりました。
ありがとうございました。
Commented by バタフライ at 2015-04-04 14:55 x
岩佐さん、こんにちは。
岩佐さんがWBCに日本が優勝して良かったと思ってるとはちょっと意外ですね。
およそ国際大会とは呼べないバカバカしい組み合わせ、見え隠れする
メジャーの驕りが鼻につき過ぎて、見る気さえ起きません(笑)

建前は自由参加であるはずなのに、第一回大会前来日したT・ラソーダが
辞退する松井秀喜に対して見せた恫喝がまあこの大会の本質でしょう。
Commented by toruiwa2010 at 2015-04-04 15:00
バタフライさん、こんにちは。

良かったと思ってる…ように読めましたか。
前後を読めば、私がこういう書き方をしたときは、
いろいろ”ふくむところ”があるのだと思ってください。
ひねくれてますから。ハハハ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。