ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

新番組・新キャスター~苦労は覚悟しないとね~15/04/06

4月は年度が変わり、各局で新しい番組がスタートする季節です。帯番組は、3月30日が
月曜日だったために、この日から新しい番組を始めています。
全番組の三分の一以上を改編した“勇気ある”、あるいは“せっぱつまった”フジテレビは
午後と夕方の情報・ニュース番組を一新しました。
「スーパーニュース」の安藤優子が午後の「グッディ」に移ったことを“一新”と呼ぶか
どうかは微妙ですが。ハハハ。

一週間 観察させてもらった感想を簡単に。
初めに書いておきますが、すべての新番組と新キャスターについて、視聴率的には当分
苦労することは覚悟しなければいけないと思います。

TBS「ビビット」


局がそう言っているわけではありませんが、“視聴率不振ゆえ”に前番組が終了しました。
契約上の問題もあるのでしょう、国分太一は残り、吉田明世アナも…。
これでは変わった感じがしないから?真矢みきを連れてきました。意表を突かれました。
d0164636_763914.jpg
女優ですから表情を作るのはお手の物です。“緊張”をうまく隠しています。形の上では
“サブ”に回った国分も彼女の柔らかさを引き出そうとしています。なかなかうまいです。
彼が薬丸の後任に決まったとき、「いい人選だ」と思い、組ませる相手が枡田絵理奈アナに
なったと聞いてますます期待しました。しかし、岡江・薬丸コンビで作っていた独特の
ムードから、「とくダネ」、「スッキリ」、「モーニング・バード」と同じテーストへの変身に
失敗しまた。国分はトークもうまい、見た目もいいと思いましたが、小倉智昭・加藤浩次・
羽鳥慎一というプロ中のプロが相手だということを忘れてました。ハハハ。

メインMCに女優・真矢みき…達者な部分も見えますが、かえって“危ない”なあ。
“ホット”なネタも扱うだけに、専門家じゃないだけに、そして、なによりもライブだけに
言葉のチョイスを間違えないか、かなり心配です。強気な女性だと思うのですが、逆に
心が折れるのも早そうな気がします。

吉田アナはもちろん、二人のアナもなかなかいいと思います。
千原ジュニアとヒロミの話を広げたり混ぜっ返したりする力は“さすが”だと認めますが、
ほかの“曜日パートナー”を選んだ基準がよく分かりません。ばらばら。ハハハ。

フジテレビ「グッディ」

とにかく、大物が移動してきたわけですから、同じ枠の「ミヤネ屋」は身構えたでしょう。
一週間を見て、あまり心配しなくて大丈夫…と思ったかもしれませんが。ハハハ。

安藤優子には、彼女の“アイデンティティ”と言ってもいい「スーパーニュース」を降り、
強力な相手がいる時間帯に乗り込んだ勇気を称えたいと思います。へたをすれば、彼女の
輝かしいキャリアの最後がボロボロになる可能性があるのですから。
勝算はあったのでしょうが、番組からは漂ってきません。
d0164636_761448.jpg
まず、俳優・高橋克実を組ませた理由がよく見えません。MCを二人起用するときには
Aの何かとBの何かの“化学反応”を期待しているはずですが、今のところ、無反応。
初日、高橋を前に出して安藤が少し下がっているように見えたとき、ビックリしました。
彼女は他人のことより、どうすれば自分が生きるかを優先的に考えるべきだと思います。
高橋の生かし方を考えるのはスタッフの仕事です。

クイズ番組「トリビアの泉」でも高橋は八嶋智人を立てていました。“どうしても自分が
目立ちたい”というタイプのようには見えません。安藤がひっぱり高橋がついて行く…で
いいと思います。視聴者も“控え目な”安藤など見たくないでしょう。ハハハ。

初日、エンディングで高橋がもたついたら、2日目から安藤が締めていました。仕切りは
慣れた人がやるのが一番です。

この番組も芸人をコメンテーターに起用しています。
マキタスポーツ、高橋茂雄(サバンナ)、カンニング竹山、川島明(麒麟)、土田晃之…
とりあえず、ブッキングできる人を使っているという印象がぬぐえませんな。ハハハ。

TBS「ゴゴスマ」(名古屋CBC制作)

名古屋では2時間枠で放送しているものの前半だけ東京にネットする…まったく意味が
分からない編成だし、これでは“やる気がない”と言われても仕方がないでしょう。
おそらく、トップ同士は“全面協力”と言っているでしょうが、現場レベルで100%の
協力は得られないと思った方がいいと思います。
d0164636_752511.jpg
東京発の番組で、半分は全国向け、残りの半分は首都圏向けに作るのはそんなに難しい
ことではないでしょうが、半分は全国、残りは名古屋…は相当やっかいです。
東海地区で頑張っていた制作陣が気の毒だし、なにより、MCをつとめる局アナたちが
こんな目に合っているのを見ると義憤を感じます。キー局の勝手な都合ですからね。
特に、メインの石井亮次アナには好感度があるだけに可哀相です。

フジテレビ「みんなのニュース」

安藤優子のイメージが強い枠を局アナの伊藤利尋が引き継ぎました。
私が一番注目しているのはこの番組です。
まず、面識はないものの、局の後輩ですし、ずっと応援してきたので伊藤アナの動向は
いつも気になるのです。そして、模様替えした数々の番組の中で変化の形が最もはっきり
している“改編”だからです。

安藤 → 伊藤…安藤が降りる、後任に局アナを起用する、どちらもこれまでのフジからは
想像しにくいことでした。前者は本人の、後者は局幹部の決断ですが、せっかく両者が
思い切ったのですから、OBとしてはぜひ成功してほしいと思っています。
d0164636_743945.jpg
生野・椿原という二人の女性アナは残りました。
おそらく 気のせいだろうと思いますが、初日から表情が柔らかくなっているように見えて
驚くと同時に笑ってしまいました。女性キャスターとしての確固たる地位を築いた安藤と
大先輩とは言え、はるかに気楽に接することができる伊藤とでは、スタジオに入るときの
気分に大きな差があって当然でしょう。

1年後輩の椿原が先にこの時間のニュースに起用されました。落ち着いています。
声のトーンがニュースを読むのにちょうどいいですね。
生野はバラエティの色にかなり染まってからニュースに移ってきました。「正直さんぽ」の
ファンとしてはもったいないと思いますが、聞くところでは本人の意向らしく、“それなら
ガンバレ“…としか言いようがありません。
声のトーンが高いことが気になります。地声ですからアドリブのときは仕方がないとして
原稿を読む場合は意識してトーンを下げることを考えてほしいです。一段でいいのです。

さて、伊藤アナです。
ニュースや情報を理解し、整理・分析して伝える能力はかなりのレベルだと思っています。
その能力は入社以来の彼のホーム・グラウンドともいうべき「めざまし」の時間帯では
存分に発揮されていましたが、ほかの番組では制作陣が生かしきれませんでした。
有能なプロデューサーと巡り合っていればとっくの昔に世間が認めるアナになっていたと
惜しまれます。

自称“応援団長”なので、見方が偏っている可能性はあります。
しかし、「伊藤がいい」、「伊藤、がんばれ!」、「伊藤、どうした?」と書くたびに、必ず
賛同のコメントがあります。隠れ“伊藤ファン”は多いはずです。華やかな脚光を浴びて
いないのに「好きなアナウンサー」アンケートで上位にランクインするのがその証です。

番組のペースはすでにつかんでいるようです。スタジオの中の空気はいいと思います。
彼の持ち味の一つ、独特の“笑い”のセンスが生きています。
しかし、数字はよくないようですね。彼の良さが浸透していくのには時間がかかります。
コーナーの整理やコメンタリーの見直しなど、少しずつ手を加えながら、本人も制作陣も
“我慢”が求められるでしょう。

NHK「ニュースウォッチ9」

国際部長の肩書を持つ河野憲治と中堅女性アナの鈴木奈穂子のコンビに代わりました。
金曜日になっても河野の硬さがとれていません。その硬さは鈴木にも伝染しています。
硬くなる、あがる…というのは個人差があります。私は、スポーツ実況なら、どんなに
ビッグイベントでも、緊張はするもののあがることはなかったのですが、人を前にすると
かなりあがりました。披露宴やパーティーでスピーチをするときは足が震えたものです。
ハハハ。
d0164636_74446.jpg
前任キャスターの大越健介がNHKという“枠の中”でかなりいい仕事をしましたから、
河野にはそのプレッシャーがあるでしょう。大越は初めから自分の味を出していた記憶が
ありますが、河野は原稿を読む場面がほとんどなく、簡単なコメントしかしていません。
原則的に項目のプレゼンは鈴木やリポート役のアナウンサーに任せているようです。
1週目を見た限りでは“鈴木がメイン”という印象が強いですね。本来の姿になるのは
河野キャスターの“立ち直り”にかかっていると思います。


NHKつながりで、桑子真帆アナについて一言だけ。個人的に応援しているので。ハハハ。
大河ドラマをBSプレミアムで見る(日曜日6時)ためにチャンネルを変えるので、毎週、
子供向けの「ワラッチャオ」(広島制作?)に出ている彼女を見ていたのです。
番組のせいでしょうが、NHKの女性アナには珍しい“柔らかさ”があります。初めて
見たときから、この人はNHKにとって貴重な存在になって行くと思いました。
d0164636_734813.jpg
今月から東京に来て夕方7時のニュースと8時45分の首都圏ニュースを担当しています。
読みもしっかりしています。このまま、順調に経験を重ねてほしいと思います。

NW9のフィールド・キャスターの一人、田中アナと同期(2010年入局)だそうです。
5年目かあ。NHKの女性アナは、だいたいこの年代で東京に戻って来るんですね。

敬称略
by toruiwa2010 | 2015-04-06 09:03 | 番組 | Comments(11)
Commented by ひろ☆はっぴ at 2015-04-06 11:56 x
伊藤アナ本人の頑張りもさることながら、フジテレビが彼をじっくり見守っていられるかどうかが問われるのではないでしょうか。視聴率次第なんでしょうけど。関テレで彼の姿を見られるのは実質30分程度です。放送中に大事件や大事故が起きることを望むわけにもいきませんし…。

NHKの桑子アナはブラタモリの新しいパートナーでもあるわけですね。いよいよ今週から新シリーズが始まります。
Commented by toruiwa2010 at 2015-04-06 13:04
ひろ☆はっぴサン、こんにちは。

フジテレビが彼をじっくり見守っていられるか
どうかが問われる…

本人も制作陣も我慢が求められると書いたのは
その意味でしたが、通じませんでしたか。
それは失礼しました。

ブラタモリはあまり好きじゃないので
あえて書きませんでした。ハハハ。
Commented by 肥後男児 at 2015-04-07 04:44 x
「みんなのニュース」って番組タイトルのダサさ(失礼)にビックリし、これなら「スーパータイム」が開始当初系列局が独自のタイトルに変えていたように、(私の地元ではTKUニュース・アイでした)フジテレビがタイトルを任意に変えていいよといってくれればいいんですが。タイトルを嫌がってる系列局あると思います。
生野アナがスーパーニュースから続投で報道を受け持つなら、同期の大島由香里アナはバラエティーで芸人相手に突っ込む姿を見たいのですが、彼女はずっと報道一筋ですね。ワイドナショーに出てほしい。
Commented by toruiwa2010 at 2015-04-07 05:03
肥後男児サン、おはようございます。
早いですね?

大島由香里…うーん、たしかに忘れられた
存在になってますね。使う側からすると
彼女で勝負する…という気にならないのかも。
Commented by Vevey at 2015-04-08 11:08 x
岩佐さん、こんにちは。

みんなのニュース、伊藤アナ一押しの私は勿論見ています。生野、椿原アナのリラックスぶり、明らかにアットホームな雰囲気が漂っていますね。
伊藤アナの瞬時の言葉のチョイスに舌を巻きます。めざまし時代の高島アナもそうでしたが、過不足無い最適な言葉を選んだ瞬間に口から出せるのは、才能としか思えませんね。

グッディ、安藤さんと克美さん、いい感じと思います。今までのあの枠で撃沈した番組とはちょっと違うかな〜あれぐらいの大人の楽しい世間話、聞きたいです。
Commented by toruiwa2010 at 2015-04-08 18:28
Veveyさん、こんばんは。

みんなのニュース…何とか成功して欲しいです。
彼を生かすことだけを考えればいいのだから
簡単なんですけどね。邪魔をする要素を排除する、
負担を減らす…
応援、よろしくお願いします。
いま、東北の旅から帰宅しました。
Commented by at 2015-04-08 19:02 x
岩佐様、こんばんは。

岩佐様始め、こちらにお越しの皆様方が伊藤アナを応援されている様子が微笑ましく、私も応援したい気持ちになりました(笑)
視聴率等、大変なプレッシャーだと思いますが、御健闘をお祈りすると共に視聴を心掛けます。

ところで、かつて夕方の顔だった今井彬アナはお元気なのでしょうか?
そちらは大変な寒波のようですので、暖かくしてお過ごし下さい。

余談ですが「天皇の料理番」堺さんの1980年版が大好きでしたので、今回のリメイク版は気になっております。
Commented by toruiwa2010 at 2015-04-08 19:23
巽さん、こんばんは。

女性アナについては若干その傾向が
ありますが、男性アナについては
母局だから、後輩だから・・・ということは
一切ありません。
公平に見て、彼は評価されていいアナだと
思うから応援しているのです。

今井さんは9年前に命終されました。
うまいアナでした。
Commented by at 2015-04-08 20:20 x
岩佐様、ありがとうございます。

今井様もファンでしたので、近況が気になっていたのですが、
ネット上での情報が少なく、存じ上げず本当に残念です・・・。
改めて、ご冥福をお祈り致します。

本当に落ち着いて、安定感があり、選挙特番でも御活躍なさっていましたよね。
今井様・山川千秋様・逸見様らのファンでしたし、当時、大切な全国ニュースを18時から報道して下さる(確か他局は18時30分から全国版が多かった記憶)フジテレビさんの存在は欠かせませんでした。

伊藤様には、先輩方に負けないような素晴らしい御活躍と信頼感を築いて下さる事を応援しております。

















































































今井様、山川千秋様、逸見様らのファンでしたし、大切な全国ニュースを18時から報道して下さる(確か他局は18時30分から)フジテレビさんが欠かせませんでした。

今井様、山川千秋様、逸見様らのファンでしたので、夕方のニュースはフジテレビ
Commented by toruiwa2010 at 2015-04-08 20:46
今井、山川亮先輩、逸見…
おやまあ、みんな故人ですね。
彼らには何かがあるのでしょう。
共通しているのは向上心の強さです。
Commented by at 2015-04-08 20:56 x
送信の際、文章入力・改行を誤ったようで、お見苦しく大変失礼致しました。

やはり、優秀な方々には共通する物があるのだと納得です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。