ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

自薦・厳選300?cogito,ergo sum 21 15/04/19

Cogito,ergo sum 21 2010年10月

馬鹿じゃないのか!


「龍馬伝」は第3部が終わり第4部に入っている。
長崎の芸者・お元を演じる蒼井優の出番は少しずつ減っていくだろう。
NHK出版が龍馬の妻・お龍役、真木よう子の写真集を出すという。
“「龍馬伝」でひときわ強い存在感を放つお龍役・真木よう子”…
新聞広告にそう書かれている。馬鹿じゃないのかNHKは。
このドラマで、放送開始から現在まで最高の存在感を見せたのは
蒼井優ではないか。お龍とお元の配役を逆にしてほしかったほどだ。
(ドラマ「Dr 倫太郎」の蒼井はお元を越えていないなあ)

d0164636_741711.jpg







お疲れさん

高島彩が「めざまし」を卒業して行った。
光り輝くキャスターだった。ごくろうさま。

d0164636_742881.jpg







テレ朝「やじプラ」も終了した。
後継番組が「やじうまテレビ!〜マルごと生活情報局〜」と聞けば、
中身はたいして変わらない予感も。
「やじプラ」には日替わりでコメンテーターが登場していたが、
月曜日の竹田圭吾・萩谷麻衣子のコンビが好きだった。
ほかに、バランス感覚がいい木曜日の伊藤洋一も。

d0164636_743975.jpg







泣かせるね

白鵬が4場所連続の全勝優勝を飾った。
朝青龍が去り、難敵がいないとは言っても“あっぱれ”だ。
さらに、優勝インタビューの言葉に胸を打たれた
「私は力強い人間ではありません。ただ、運があったと思います。
その運というのは努力した人間にしか来ないと思うので。
相撲だけじゃなく、いろんなことを勉強し、精進することで
神様が運を与えてくれるのだと思います」

d0164636_745648.jpg







名古屋場所の表彰式で土俵上に置かれているべき賜杯がないことに
涙した姿も印象深いものがあった。
外国人であるにもかかわらず、強い責任感で日本伝統のスポーツを
一人で支えるこの横綱に大きな拍手を送りたい。

見とれる

決して“変態”ではない。正統派の脚フェチだ。
きれいな脚には強く惹かれる。
最近のお気に入りはReebokのCMだ。
見とれてしまう。造化の神に感謝だ。

d0164636_75790.jpg







元NHK 職員!

渋谷東急の本店にJUNKジュンク堂が進出した。
文化村に映画を見に行ったとき、整理番号付きの切符を買ったあと
時間をつぶすのが苦にならなくなった。
新刊書のコーナーを通りかかったときびっくりした。
幅1メートルほどの棚、2列、上から下まで“池上彰の本”だけで
埋め尽くされていた。当代一の売れっ子“作家”だ。

テレビはもっとすごいことになっている。
1時間のレギュラー番組はもちろん、特番でも2時間は当たり前、
3時間もあるし、28日のフジテレビは何を思ったのか4時間半!
金回りも忙しさもNHK記者時代とは180度変わり、誰よりも
本人が一番びっくりしていることだろう。
(テレビは一時期”整理”したがほぼ復活してるね)

ポスター

ジュンク堂に行く途中、あるショップの横を通りがかったとき
ポスターが目に入った。「ああ、右は黒田知永子だ」と思った。
左の女性が誰なのか全く分からず、首をかしげて眺めていると、
女性店員が「なんでしょうか?」と“いい感じ”で聞いてくれた。
「左は誰ですかね?」と尋ねると「えっと、右と同じですよ…
萬田さんです」

d0164636_753817.jpg







虚をつかれた。あわててよく見ると、たしかに萬田久子だ。
「ああ、萬田さんだー」と間抜けな相槌を打ったが、右の女性を
黒田知永子と思ったことなど恥ずかしくて言えなかった。

「フォンテーヌ」のショップだと認識してればそんなに恥ずかしい
会話にはならなかったのだろうが。

誰だ、スルーしたのは?

シャーリーズ・セロンが出ているシリーズもグッジョブだ。
思わず、見とれてしまう。

d0164636_75563.jpg






これだけの美女が画面に映ったのに、ワールド・カップや
全米オープンの実況アナは“見事に”スルーしてくれたっけ。
「映画なんか見ない」って言うなら仕方ないけどね。

ユニクロはセロンに加えてオーランド・ブルームとも1年契約を
結んだらしい。
8月期決算で売上高、営業収益ともに過去最高だったらしいから
金があるんだ。世の中不景気だというのに。
もちろん、1年間、セロンが楽しめるなら、文句は言わないが。

d0164636_761234.jpg







by ドン小西

週刊朝日を読めば必ず違和感を抱くはず。
巻頭グラビアで芸能人、政治家、文化人、アスリート…要するに
旬なセレブリティが着ているもののセンスをチェックしている。

d0164636_762452.jpg













今週号ではベストジーニスト・倖田来未。
“腹見せだって、とっくに流行は終わっちゃったのに、この期に
及んで、見せる見せる”
“この日はがんばりすぎて、カッコいいのか、イタイのか、
ちょっと微妙。これって、ジーンズのせいなんだよ。
「ベストジーニスト」賞だか何だか知らんけど、太いわ、短いわ、
ボロボロだわ。“

…これだけクレームをつけておいて4DON(満点は5DON)だという。
タイトルの“イケてるファッションチェック”が笑える。
(…まだ続いていることに驚く)

とりあえず…ということ

ゆりかもめの中で耳にした会話。
隣に座った“業界人”らしき男女が話していた。
「…アツシとアムロはないと思いましたよ」
「え、なんで?」
「アムロちゃんには、もっとふさわしい人がいると思う。
ウエトとHIROはアリですね」
「うーん、そうか。でも、HIROって45歳だぜ」
「でも、若々しいじゃないですか」とHIROをかばった彼女が
最後にぼそっと言った。「とりあえず、エグザイルだし…」

…笑いをかみ殺すのに苦労した。
(で、とりあえず幸せなようでよかたよかった)

d0164636_77885.jpg







間もなく開業!

“トーキョー”と呼ばれている東京出身の新米社員(三浦春馬)は
赴任先の青森で緊張の色が隠せない。
青森出身の歌手・吉幾三が扮する駅長はそんなトーキョーを
温かい目で見守っている…

東京~新青森開業を控えた東北新幹線のキャンペーンCMが
物語仕立てになっていて興味をひかれる。
歌手としての吉も大好きだが、存在そのものが温かそうでいい。

d0164636_772988.jpg






JR東日本の車内放送はフジテレビの後輩“鉄ちゃん”アナが
ずいぶん長いことやっている。いい小遣いになっているはずだ。
開業は12月の予定だが「♪間もなく新青森に到着します」の
アナウンスは1年近く前に収録済みだと聞いた。
さすが新幹線、はやいわ。
(先日、金沢に行ったときも彼のアナウンスが流れていた)

昨日のオヤツ…
誘惑に勝てない。


d0164636_7201273.jpg
by toruiwa2010 | 2015-04-19 09:00 | 自薦・厳選300? | Comments(2)
Commented by KenKen at 2015-04-19 13:08 x
岩佐さんこんにちは。

蒼井優さん、僕も好きです。
飾り気のない雰囲気と演技力はいいものがありますね。
同じ芸者でも倫太郎の方は現代の芸者で闇を抱えてる役柄なのでああいう感じになってるのでは?

ユニクロは海外タレントを起用してた頃からスポーツ選手に舵を切って更にイメージが良くなった気がします。
世界ランク1位と4位のウェアというので、海外的に見ても凄く良いんじゃないかと。
Commented by toruiwa2010 at 2015-04-19 13:27
KenKenさん、こんにちは。

蒼井優の見方…その通りかも
しれませんね。

ユニクロは1位と4位ですか。
かつてのナイキは上位選手を
揃えていましたけどね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。