ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

自薦・厳選300? Cogito,ergo sum 24  15/04/29

Cogito,ergo sum 24 2010年11月

たしかに、うまいっ!


「時速60マイルで走るとき、この車の中で聞こえる一番大きな音は、
車についている電子時計の音です」

車内の静かさを巧みに表現した名作として知られるロールスロイスの
キャッチ・コピーだそうだ。
このコピーを見たロールスロイスの技術者の一人がつぶやいたという。
「そうか、あの時計の音をなんとかしなくっちゃ」…
(天野祐吉:朝日朝刊のコラム「CM天気図」から)

虚をつかれた

作家・戸井十月がユーラシアをバイクで走破する番組を見た。
明るい日が差すコートダジュールやリビエラの海、最大の難関、
天山山脈越えや厳しい寒さのシベリヤ横断…
4ヶ月、30000キロに及ぶ壮大な旅の記録は見ごたえがあった。
d0164636_9134040.jpg





番組の本筋ではないシーンで思いがけなく胸をつかれた。
ソビエトの捕虜として強制労働を課せられ、異国の土に還った
日本兵たちの墓だ。
「僕の娘より年が下の人たちだものなあ」

さりげなくつぶやかれた一言は、声高に戦争反対を叫ばれるより
はるかに強く心に響いた。
(戸井は2013年7月に肺がんのため亡くなった)
d0164636_913971.jpg





ミヤコオチ?

傲慢に聞こえるかもしれないが、ネットの力、視聴率、営業成績、
どれをとってもテレビ東京は東京民放5局の最下位だ。
番組予算が少なくてギャラは安く、プライドもあって、“大物”は
なかなか出たがらないものだ。
先日、久米宏を見て感慨深いものがあった。

Nステ以後、ほとんどの番組が不発に終わり、ほかの4局からは
声がかからなくなっているのだろうか。
6番に下がっても現役にこだわる往年の4番打者と同じ心境か。

ただし、日曜日の19:54~21:48の枠で5.4%は素晴らしい!
内容も面白かった。
(テレ東のポジションは上がり、久米のそれは…?)
d0164636_912479.jpg





いいカンジに美しい

最終結果は、やくみつる、関根麻理、宇治原がトップだった。
海外短期留学をかけての問題は「ややもすると」の“やや”を
漢字で書け、というものだった。
3人とも不正解だったが、サンタマリアが「誰か分かる人?」と
問いかけると渡辺真理が首をかしげながらペンを動かす。

“動”…正解だった。

○木や○崎のように“これみよがし”、“でしゃばり”でない彼女の
知性派ぶりが心地いい。
思えば、彼女のあと雨宮塔子、進藤晶子と続いたTBS女性アナの
系譜がこのところ途切れているなあ。
(〇に入る字を思い出すのに3時間かかった)
d0164636_9121419.jpg





美人ならいいということか

TBS「99年の愛」はトヨタとパナソニックの2社提供だった。
おかげで滝川クリステルを“いやというほど”見ることになった。
ニベアの印象しかなかった吉瀬美智子も最近、CMの露出が多い。

たしかにきれいだから、思わず見てしまう。
しかし、彼女たちの“本業”での実績はどうなんだろう?
“動もすると”忘れてしまいがちだ。
(その後の二人の“活躍”は見事だね)
d0164636_9114993.jpg




ささやかに ととのました
 
政治の世界とかけまして
本の表紙とときます
その心は

表もあれば裏もあります。


フランス料理とかけまして
極秘情報をゲットしたとときます
その心は

ソースが大事。


ダイエット食品のCMとかけまして
イチローは大した選手じゃないと思うとときます
その心は

あくまで個人の感想です。


キューバの革命家とかけまして
ゴチバトルの最下位とときます
その心は

チェ・ジバラ


宇多田ひかるとかけまして
煮リンゴとときます
その心は

カワナイデ
(分かる人にしか分からないだろうが…)


うざい奴ら

医龍3:野口理事長(岸部一徳)
ナサケの女:「鉄子の部屋」のママ(武田鉄矢)
流れ星:梨紗の兄(稲垣吾朗)
セカンド・バージン:行の妻(深田恭子)

見ているドラマに必ず一人ずつ“うっとうしい”人物がいる。
「なぜ、そこで、そんな余計なことを言う(する)?」と思う。
いないほうがよほどすっきりするのは間違いないが、ドラマを
盛り上げ、面白くするためには、どこかで神経を逆なでする
男や女の存在が必要なんだろうな。
d0164636_9111039.jpg





負けるな!

熟年離婚の8割は妻が三下り半を突き付けるそうだ。
…天声人語が書いていたが、どこか“怯えた”書き方だった。
怯えるからつけ込まれるんだよ、ご同輩。

一人になるのを怖がることはないさ。
いまは手軽にお惣菜も買えるし、掃除も洗濯もやればできる。
住む所さえあれば一人でも十分生きていける世の中なんだ。
怖がったら相手の思うつぼにはまるだけ。
日中外交と同じこと!

ま、あくまで“第三者”としての話だが。


早めの贈り物

温家宝に会談して“もらった”菅直人…
ゆったりと構えた温家宝に対して、縮こまり、官僚が作った
メモに目を落として自信なさげに話すわが首相。

イラ菅、ダメ菅、あき菅…いろいろ言われているようだが、
早めのクリスマス・プレゼントとして、新たに、“メモ菅”の
称号を贈っておく。


時代が流れた…

1960年代の終わりだったと思う。
神楽坂あたりでアナウンス部の忘年会を終えたあと、がやがやと
駅に向かっていた。
坂の下から黒塗りの車がゆっくりと上がってきた。
狭い道ですれ違う時、したたかに酔った仲間がその車の屋根を
コブシや平手でたたきながらはやし立てていた。

少し走ったところで車が止まり数人の男がわらわらと走ってきた。
全員が黒服…。その筋の男たちだったのだ!

前方を歩いていたので詳しいことは知らないが、手持ちの金を渡し、
後日、“代表”二人が事務所にまとまった金を届けたと聞いた。
“事件”はアナウンス部内で処理され、闇に葬られた。
今なら大変だ。
(週刊誌に絶好のネタを提供し、数人が処分されたに違いない)


海老蔵の事件には驚く。

父親の時代の歌舞伎役者は、何があっても、顔に傷がつくような
殴り方をする連中と酒を飲むことはなかっただろうに。
d0164636_9102511.jpg






もうすぐ終わる

「…暗殺まで、あとひと月じゃったがや」
NHKはこのところ毎回最後のナレーションを龍馬暗殺までの
カウントダウンで締めくくっている。なんとか最終回で20%を
越えたいのだろう。

ナレーターは岩崎弥太郎役の香川照之だ。
着るものはかなりまともになったが、とうとう、最後まで、
歯は汚いまま、金の亡者のような言葉を吐き続けた。
熱演だが、三菱財閥を築いた男の“器量”はどこにもない。
創始者をコケにされた三菱グループは地団太踏んでいるだろう。

…「龍馬伝」が終わろうとしている。
d0164636_995396.jpg





“なんとか”ととのいました

なぞかけとかけまして
面積の計算とときます
その心は…

かけてときます


珍しい警察犬誕生とかけまして
元気のいい店員とときます
その心は…

チワワーっ


グループ写真の撮影とかけまして
洛東の史跡とときます
その心は…

シセンドウ


忘年会とかけまして
トルネード投法とときます
その心は…

ノモノモ


菅内閣とかけまして
尾瀬国立公園とときます
その心は…

どこまでもシツゲンが続きます。
(このころは面白いようにととのったのだが…)

*( )内は、2015年現在の感慨

お断り

最近 改行がうまく行かず、
カムフォタブルではありません。
いろいろ試しましたが、お手あげ…
スキンを変えることにしました。

慣れるまで 変で
しょうが、
ご容赦下さい。
by toruiwa2010 | 2015-04-29 09:26 | 自薦・厳選300? | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。