ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

GW中のツイートから ~発信したもの&RTしたもの1~15/05/07

連休が終わりました。ゆっくり休みましたか?逆に疲れた人もいたりして。ハハハ。
特に見たい映画もなかった私はほとんど家にいました。最近5年間でこの期間中に映画を
見たのは1回だけです。もともと、“ゴールデンウイーク”は映画など興行の世界から
生まれた言葉なのに、この時期のラインナップは若い人向けのものに偏っていて年寄りは
食指が動きません。

ブログを休む…と宣言していたこともあって、久しぶりにのんびり過ごしました。
気持ちに余裕があるせいか、日に何度もネットをふらふらしては、面白いと思ったネタを
紹介していました。楽しかったです。

写真が面白い

05/03

アメリカ合衆国の独立100周年を祝い
制作中の自由の女神。 場所はパリ!!

d0164636_859498.jpg






フランスからアメリカに贈られたものですが、台座部分も含めると高さ93メートルあり、
総重量は225トンだったそうです。完成後、214個に分解してフランス海軍の輸送船で
アメリカに運ばれました。

アポロ16号の宇宙飛行士、チャールズ・
デュークが 月面に残したという家族写真。
しっかり、カバーがかかってる。

d0164636_8592984.jpg








日本人の感覚では、絶対にできないでしょうね。え、私?そのあとの“炎上”を考えたら
とてもじゃないけど、無理、無理。ハハハ。

デュークは1972年に10人目、そして最年少の宇宙飛行士として月面を歩きました。
もともと、空軍のパイロットですが、宇宙で20時間15分の船外活動を経験しています。

1972年4月23日、月面に置かれたこの写真は43年後の今もそのままだそうです。
裏には家族全員のサインと“これは地球から来た宇宙飛行士デュークの家族です。
月に着陸したのは1972年4月です”というメッセージが書かれているそうです。


世紀の一戦+余聞

メイウエザーが勝った。
マニー・パッキャオ、相手の 巧みな
ディフェンスのスキをついて攻めたが
及ばなかった。
フロイド・メイウエザー…
無敗の王者らしいボクシングを見せた。
二人とも素晴らしかった。
何より、スピード感にやられた。


私の採点ではパッキャオが上回っていましたが、リングサイドから“プロの目”で見た
西岡の採点はメイウエザーでした。しかも、ジャッジの採点はもっと差がついていました。
シロウトの悲しさですね。ただし、立体感のないテレビ画面で“有効打”を見分けるのが
難しいことも事実です…と、実に苦しい言い訳。ハハハ。

いい試合でした。
あれを世紀の一戦と呼ぶかどうかは微妙ですが、 少なくとも、汚いパンチやクリンチは
なかったし、二人とも安全策ではなく、積極的なボクシングを見せました。
最終ラウンド、グラブを合わせるのではなく、軽いハグから始まったのが 素敵でした。

・余聞

世紀の一戦 の怪!?
赤コーナー(R)に座ったのは
明らかにパッキャオだったし
メイウエザーは青(B)だった。
しかし、スコアカードは3枚とも
赤コーナーの勝ちを示してる。
これは何だ?

d0164636_903389.jpg 
















  
イギリスにこんな写真を掲げた記事を見つけました。
この試合ではWBA&WBCの王者メイウエザーが青コーナーに入り、WBOチャンピオン
パッキャオが赤コーナーに座りました。理由はあるのでしょうが、はっきりしません。
“現実”がそうだったのですから、当然、スコアカードに書かれた(R)はパッキャオを、
(B)はメイウエザーを表しています。何かが間違っているのは事実ですね。

ジョー小泉さんに、なぜこんなことが起きるのかを聞いてみたいです。


深くね?

いい話:芸人・ブラザートムは ピアノの
調律師だったそうだ。
レイ・チャールズが来日したとき
そのピアノを調律した。
終わったとき「君の顔は絶対覚えておくよ」と。
盲目の歌手だったことを思うとこの話は深い。

d0164636_91192.jpg





芸能人の“転職”をテーマにしたNTVの番組で聞いた話です。
若いころ“はまった”歌手にまつわる話だったので「いいなあ」と思ったのです。
あ、トムじゃなくてレイ・チャールズのほうです。ハハハ。
付け加えることはありません。


リツイートした

05/05

生まれ変わったら権力批判に自己陶酔したい。


これは、フォローしている竹田圭吾氏のツイートです。
ジャーナリストですから基本的に“反権力”なんでしょうが、よくある“すべて反対”の
人ではないと理解しています。

戦争の反対は「戦争『は』起きていない状態」だし、
平和の反対は「平和『では』ない状態」であって、
戦争の反対は平和、ではないよね。

「自分の国に誇りを持てない者が、他国を
尊敬できるわけがない。
自分に誇りを持てない者が他人を尊敬できるわけがない」
こういう、もっともらしい嘘を言う人や理屈で
ものを考えない人に悪い人はいない。


最近のツイートにも見られるこういった冷静な“バランス感覚”が好きです。
RTしたツイートも、「何でも反対…という人が羨ましいよ」と言いたいのだと思います。

その竹田氏がRTしていたもののうち2件を私も“便乗RT”しました。
d0164636_922199.jpg










ローマ字入力で、私もeとaをよく打ち間違えます。なぜですかね?
d0164636_925395.jpg
















“終電”がどういうものかは知ってるっちゅうねん!

だいぶ前ですが、力士・千代の国が出ているiPhoneのCMで「両国、天気」と音声で
検索すると画面に天気が表示されるのを見て、試したことがあります。
千代の国と同じように「リョウゴク、テンキ」とiPhoneに向かって言いました。すると…

「両国の天気は分かりませんでした。お役に立てずすみませんでした」と。
しかも、しかもです。“両国”を“リョウコク”と発音してました。ハハハ
by toruiwa2010 | 2015-05-07 09:08 | 岩佐徹的考察 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。