ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

NHK GJ!&どうしたフジテレビ?~東北の地震を伝えた各局~15/05/14

昨日午前6時13分、岩手県で震度5強の地震がありました。
その時間はいつも「めざまし」を見ているため、スタッフの狼狽や未熟さを“つぶさに”
見ることになってしまいました。
ツイッターでN〇〇でもミスがあったとの情報をもらったので、他局はどうだったのかと
タイムシフトを使ってチェックしてみました。

各局が抱える“事情”やこの地震をどの程度伝えようと考えたか、ふだん、どんな準備を
しているか…などが見えてなかなか面白かったです。
あっ、“N〇〇”をてっきりNTVだと思ってしまったこと、お詫びしておきます。ハハハ。

以下、報告します。

NHK

NHK朝7時のニュースが始まった。
冒頭、メイン・キャスターの阿部アナがやや大きめの地震があったことを伝えたあと、
「気仙沼市から中継でお伝えします」と呼びかけ、記者が30秒ほどのリポート。
終わるとすぐに「続いて仙台市から中継です」と阿部アナが呼びかけた。

映像は切り替わるが、リポートは始まらない。
マイクから離れたところで「まもなく来ますよ」というスタッフの声が二度 聞こえる。
(放送では“不要音”と言う)
「仙台駅から中継どうぞ」と改めて阿部アナが促す。
最初の呼びかけから16秒後、女性アナ(記者?)が話し始める。
「仙台駅です。東北新幹線の改札前です。東北新幹線は青森方面に向かう…」で切れた。
「いま、音声が途切れました」と、阿部アナが引き取る。

珍しく、NHKの中継が混乱した場面だ。
しかし、発生直後の対応は“さすが”と言わざるを得ない。

朝5時のニュースがオンエア中だった。
6時13分20秒に「緊急地震速報」が画面下に出た。“強い揺れに警戒”の字幕。
(「緊急地震速報」が出たのはNHKだけだった。一時、全局が流していたが)
d0164636_942536.jpg





スタジオに常備されている(はずの)警戒を呼びかけるコメントを堀越アナが顔出しで読む。
6時15分には発生時の盛岡の情報カメラの映像。
「カメラが長い時間にわたって揺れているのが分かります」など。原稿があったと思う。
d0164636_9423580.jpg





画面が釜石の映像に切り替わってもアナウンスによどみはない。
台風が過ぎたあとだから、雨量が多かったところは土砂崩れにも注意をと呼びかける。
19分、仙台放送局の話が出るが映像はない。盛岡は映像があった。
仙台は期間曲としてのメンツがつぶれた形だ。あまり揺れなかったから?震度4だろう?
そんなわけはないと思うよ。ハハハ。

5時のニュースはほぼ満点の出来だった。
しかし、6時30分で番組が切り替わると男女のアナウンサーが所定の位置に立つところや
“逃げ遅れた”女性ADが画面に写ってしまう。NHK的にはかなりの不手際だ。
「6時半になりました。引き続き…」と話しながらイヤホンの具合をなおす阿部アナ。
準備が十分に整わないまま、放送時間になってしまったのだと分かる。
  
女川原発の現在の映像や花巻空港、仙台駅などの発生時の映像が出るが、ほぼ完ぺきに
阿部アナがフォローしていく。原稿もあるし、ディレクターからアナに“ダイレクト”で
情報が伝わっているように見える。これならば、情報がないアナが“手探り”で100%の
アドリブを強いられることはない。

37分、石巻市役所総務課の職員と手際のいい電話インタビュー。字幕も準備できていた。

「発生時はどこに?」
「今はどこに?」
「どんな揺れだったか?」
「自宅から市役所までの間の街の様子?」
「被害の情報は?」

質問が整理されていた。きっとマニュアルがあるのだ。
スタジオにつなぐ前にスタッフが電話の相手に質問内容を伝えている可能性すら感じた。

最後の「土砂災害が起きやすい場所はあるか?」は言葉が少し乱れていた。
これだけはディレクターから質問するようにとの指示があったかもしれない。
しかし、全体としてきわめてスムーズなやり取りだった。民放も参考にすべきだと思う。


日本テレビ

5時17分30秒、桝太一キャスターの顔出しコメントと字幕スーパー。
(CM中だったからか、ここまで速報の字幕もなかった)
d0164636_9411080.jpg





6時30分 大船渡市の映像。コメントなし。
49分 発生当時の盛岡市の映像 原稿あり。
7時 再び盛岡市内の映像に続いて宮城テレビ内の映像が流れる。
「スタジオの上部、照明がタテに揺れているのが分かります」など原稿があるのが分かる。
差し込む映像が少なく、その分、“混乱”はなかった。


TBS

6時15分、大相撲のニュース映像に字幕で速報。
映像終わりでアナが顔出しで伝える。
d0164636_9403571.jpg





17分、音声で情報を伝える中、黒ベースの画面に切り替わり、画面に“宮城・気仙沼市
JNN三陸支局”などの白い文字。スイッチングのミスか、映像が間に合わなかったか。
急いで画面が切り替わり、港の風景が映る。
藤森アナがすぐに「気仙沼の様子が映し出されています」とアドリブでフォロー。
彼の耳にサブから情報が入っているかもしれない。いずれにしても、NHKにくらべると、
アナが基本情報の原稿に画面を見てのアドリブを加えてつなぐ部分が多い。
しばらくスポーツ情報など(字幕あり)を伝えたあと、6時30分からニュースを1分間。
46分過ぎから、7時からもそれぞれ1分間ほど伝えたが、現地とのやり取りはなかった。


テレビ朝日

6時15分、プロ野球の映像が流れる中、字幕で速報が出る。映像終わりでスタジオから
坪井キャスターが顔出しで伝える。指示が飛び交うテレ朝の報道センターの映像が流れる。
d0164636_9395667.jpg




28分顔出しで1分ほど。
それ以後、6時58分までは予定通りの項目を消化し、地震の情報は途中で1回1分ほど。
ここから顔出しと現地の映像を交えて情報を伝えたあとネット局につなぐまで、発生から
アドリブはほとんどなかった。


テレビ東京

6時15分、VTR中だったが字幕で速報。
その後、まったく触れることなく、31分過ぎになって30秒ほどごく基本の情報を伝えた。
d0164636_9393364.jpg




7時半からの番組でも、冒頭30秒ほど伝えただけだった。
詳しくは分からないが、子供向けの番組もあって字幕を出すのも控えている感じだった。


フジテレビ

6時15分、CM中だったが字幕で速報。
16分、CM明けで三宅・加藤両キャスターがアナウンス。事実関係を原稿で伝えたほか、
余震への警戒やしばらくエレベーターを使わないようになど。マニュアル通りか。
d0164636_9385455.jpg




24分三宅キャスターがアドリブ込みで伝える。
25分、映像が情報カメラに切り替わる。「こちらが盛岡市内の映像…ということです」。
両キャスターが「小刻みに揺れている」などアドリブで説明する。

6時30分、「八戸の様子が入ってきました」。
「これはどうやら港を写している映像です。八戸市の港を写している映像ですが、これは
現在の状況ですかね? 現在の状況ですね」と確認しながら三宅アナが話を進める。
31分、「それでは、地震発生時の岩手県宮古市の様子、映像が入ってまいりました」と
言うが、映像は切り替わらない。「…出ますでしょうか?」とつなぐが、出ない。
数秒後、「いま、まだ映像は入ってきていないようですね」。

32分、「それでは仙台の映像が入ってきました。ご覧いただきましょう」。
ここからは完全にアドリブだった。スポーツ実況で鍛えた三宅アナだが、「ようです」が
多くならざるを得ない。

最悪だったのは7時すぎの現地とのやり取りだ。
岩手めんこいテレビとつながった。「報道センターにいた伊藤さんとつながっています。
伊藤さん?」と呼びかけるが、返事はない。「ああ、つながってないんですね」。
約2分後「めんこいテレビのスタッフとつながっているようです。伊藤さんですか?」。
…やはり、返事はない。

加藤アナが「伊藤さん?」三宅アナが「え~、聞こえますでしょうか?」と呼びかける。
「もしもし」とようやく反応があった。
「おはようございます。岩手めんこいテレビの伊藤さんでよろしいですか?」。
「違います。こちらは花巻市役所です」
「大変失礼しました。花巻市役所の田中さんでよろしいですか?」。
「私は永田と申します」。
d0164636_9381816.jpg




似たような経験があるから、三宅アナの脇の下や背中を汗が流れるのが想像できた。
「ったくもう。頼むよ、スタッフ!」。ハハハ。

ダイレクトで三宅・加藤両アナの耳に指示や情報が流せるシステムになっていないようだ。
「次は、〇〇〇の映像が入る」、「伊藤アナ、まだスタンバイしてない」、「電話の相手は
花巻市役所の〇〇〇さん」…など、スムーズなコンタクトがとれない。
今の時代に、そういうシステムになっていないことにむしろ驚く。

NHKはもちろん、他の民放にくらべても、全体にアドリブの量が多かった。

…見比べると、NHKの伝え方が圧倒的によかったと言わざるを得ません。
よく準備されていることが分かり、放送にも大きな破たんはありませんでした。
民放はフジテレビ以外、あまり時間を割きませんでした。
“震度5”だったからでしょうか?

東海地区で大きな地震が起きそうだと言われ、箱根もどうなるか分からない状況の中で
噴火や6以上の地震で被害が出たときなど、今の態勢・体制で十分に対応できるのか…
心配しなければいけない実態をさらけ出した気がします。

お知らせ:コメント投稿

昨日の午後から、コメントの投稿が
元の形に戻りました。
右下の「Comments」をクリックすると
その下に書き込み用の空欄が出てきます。
お時間があったらどうぞ。

これでも投稿が増えないようなら・・・
そういうことですか。分かったよ。ハハハ。

by toruiwa2010 | 2015-05-14 09:47 | 放送全般 | Comments(6)
Commented by ルブラン at 2015-05-14 10:44 x
岩佐さん お疲れ様です
民放ではそれぞれのエリアでしか緊急地震速報流しませんよね
困るんです 東北で出たら必ず関東でも揺れるのですから
それと民放は自動的に流れる初期アナウンスがかぶってしまうことがあります
だから地震が起きるとNHKをつけるというのはわかりますね
Commented by toruiwa2010 at 2015-05-14 10:59
ルブランさん、こんにちは。

実を言うと、私も3.11のときなど
NHK8、母局2ぐらいの割合で見ます。
事実関係をきちんと知りたいときは
そうなりますね。まずいんですが。
ハハハ。
Commented by ひろ☆はっぴ at 2015-05-14 12:23 x
この調子では民放は頼りにならないから、NHKの態勢を強化すべく受信料を…なんて都合のいい材料として使われそうですね。4年前のことを過ぎたこととして捉えているかのようなスタッフのドタバタぶりです。フジテレビファンの一人として心苦しいですね。

iPhoneで投稿する私には、コメント欄を表示するのボタンが一つ増えただけで、特に変わりはないですよ。
Commented by toruiwa2010 at 2015-05-14 13:20
ひろ☆はっぴサン、こんにちは。

受信料にまで影響するとは思いませんが、
今の状況では、何かが起きたときに
「戦え」ませんね。

そうですか。投稿環境、変わりませんか。
PCでは明らかに改善したと思うのですがね。
少なくとも「心理的」には投稿しやすくなったと。。
Commented by マルチナファン at 2015-05-14 20:03 x
ロの目から見た分析、おもしろかったです。局の実力もさることながら、スタッフが混乱する中、どこまでアナウンサーがアドリブで乗り越え切ることができるかも見たい気がします。(本当の大災害が起きたら、そんなことは言っていられないんでしょうが。)
Commented by toruiwa2010 at 2015-05-14 20:08
マルチナファンさん、こんばんは。

現役を退いて10年ですから、いろいろ
変わっていることはあるでしょうが、
基本的な部分は同じはずですから
想像できるのです。
大きな災害が起きると、表面に出ている
アナウンサーばかりが批判の対象に
なりますが、実は、スタッフのいい悪いが
ハッキリ出るのだと思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。