ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

ピエール瀧に惹きこまれた~ドラマ「64 ロクヨン」終わる~ 15.05/21

舞台はD県警察本部。
昭和64年に管内で少女誘拐事件が発生し、身代金が奪われた上、
少女の死という悲劇的な結末を迎えた。14年がすぎ、部内では
“ロクヨン(64)”と呼ばれている事件の時効まであと1年。
未解決の“無念”はいまも組織の中に残っている。

物語の主人公はこのとき刑事として捜査に当たり、今は広報官を
つとめる三上(ピエール瀧)だ。
上司からはメディアを制御することを求められ、仕事仲間だった
現場のデカたちからはうとまれ、“窓口”として接する記者たちは
何かを隠していると疑いの目を向けてくる。板ばさみの日々だ。
加えて、自分が醜いと思い込む“醜形恐怖”に悩む娘・あゆみが
2ヶ月前に家を出たまま行方知れずになっている…
d0164636_775520.jpg






全5回のNHKドラマ「64 ロクヨン」が終わりました。
ドラマを覆っていた緊迫感に最後まで惹きつけられました。
最近ではきわめて珍しい 終わるのが惜しいと思ったドラマはです。
そして、少女誘拐殺人事件という暗いテーマを扱っていると知りつつ、
原作・横山秀夫とピエール瀧&木村佳乃出演だけで食指が動き、期待が
少しも裏切られなかったのも大変珍しいことです。

第4話で新聞記者が警察を“リンチ”する場面が長すぎた。
最終回で男が手にしたメモの文字のアップが短くて読み取れなかった。
・・・など、クレームがまったくないわけではありませんが、全体として
今期のNo1と言っていいでしょう。もしかすると今年のNo1になるかも。
d0164636_772647.jpg






良質な作品に仕上がった最大の功労者はその緊迫感をリアルなものにした
ピエールの存在でしょう。
「ロクヨン」を見る前、彼について知っていたことは“電気グルーヴ”の
一員として音楽活動をしていること、俳優として多くの映画・ドラマに
出ていること、ラジオで達者なしゃべりを聴かせること…ぐらいでした。

ただし、彼の出演作品のリストを見ても「ああ、たしかに出ていたね」と
認識できるのは大河ドラマ「軍師 官兵衛」ぐらいです。
数々の賞に輝いた映画「凶悪」を見なかったことが悔やまれます。
代わりに、ラジオの「たまむすび」(木曜日)を欠かさずに聴いていますが、
埋め合わせにはなりません。ハハハ。

間違いなく、独特の風貌が大きな武器になっています。
独特ゆえに役柄が限られてしまうことはこの際我慢しなければいけません。
ドラマの“アクセント”として起用したがる演出家は多いと思います。

永山絢斗(地元紙の記者)と山本美月(広報部の婦警)が光っていました。
木村佳乃(三上の妻)、段田康則(被害少女の父)、吉田栄作(三上の同期)、
新井浩文(広報部の係長)、柴田恭兵(刑事時代の先輩)…書ききれないほど
多くの俳優が素晴らしい演技も印象に残ります。

来年、佐藤浩市の主演で劇場映画が公開されるそうです。どんな作品に
なるのか今から楽しみです。特にエンディング近くのシーンです。
ドラマの終わりで公衆電話ボックスの中が大写しになりました。少し前に
そこから段田が扮する被害少女の父・雨宮が電話をかけ続けるシーンが
ありました。脅迫電話で犯人の声を知っている雨宮はもう一度聞けば必ず
分かると信じていました。

警察の捜査に飽き足りない彼は、古い電話帳を頼りにこの公衆電話から
プッシュボタンを押し続けます。アップになったプッシュボタンは数字が
すり減っていました。時間の経過と雨宮の執念を無言で教えています。
強いインパクトがありました。映画がここをどう処理するか?
d0164636_765694.jpg






4.1-2.9-5.3-3.5-3.6%

視聴率です。
NHKの土曜ドラマと言えば「ハゲタカ」や「外事警察」などのヒットを
飛ばした枠ですが、この数字には驚きます。
もったいない…とだけ書いておきましょう。ハハハ。

いま、原作を読んでいます。
上巻の半ばを過ぎたところですが、横山秀夫の文体の強さに惹かれます。
読むほどに三上の心のヒダがよく分かります。
ドラマが原作にかなり忠実に作られていたことも。

「64 ロクヨン」が終わりました。ロクヨン・ロス状態です。ハハハ。

お知らせ:コメント投稿

コメントの投稿が元の形に戻っています。
右下の「Comments」をクリックすると
その下に書き込み用の空欄が出てきます。
お時間があったらどうぞ。

これでも投稿が増えないようなら・・・
そういうことですか。分かったよ。ハハハ。

by toruiwa2010 | 2015-05-21 08:52 | ドラマ | Comments(9)
Commented by モクレン at 2015-05-21 09:50 x
『64ロクヨン』見ました。
ピエール瀧のイメージがかわりました。
最後の電話、・・・だったらいいですね。
Commented by じゅんじ at 2015-05-21 12:07 x
岩佐さん、こんにちは。

私はついこないだ2日に分けて一気に見ました、と言うか見てしまいました
おっしゃる通りのドラマだったと思います

NHKやWOWOWの4.5話で終わるドラマは
ちょっとした映画より見応えがありますね
Commented by toruiwa2010 at 2015-05-21 13:00
じゅんじサン、こんにちは。

NHKやWOWOW・・・じゃなくて
WOWOWやNHKです。ハハハ。
いいドラマをやってくれます。
Commented by 老・ましゃこ at 2015-05-21 13:36 x
TVのドラマ放送を見ていませんでした。
佐藤浩市さん主演という映画も魅力的ですね!
記事を読んで私も原作を読みたくなりました♪
Commented by toruiwa2010 at 2015-05-21 14:58
老・ましゃこサン、こんにちは。

小説も面白いです。
この作家は文章がうまいです。
Commented by 肥後男児 at 2015-05-23 06:45 x
おはようございます。
今更ながら、64を初回から視聴しております。
Commented by toruiwa2010 at 2015-05-23 07:04
肥後男児サン、おはようございます。

私は小説を読んでいます。
いずれ書くつもりですが、素晴らしいです。
Commented by ハッピーカムカム at 2015-05-23 10:15 x
内容に完全に同意します。私も毎回、ひきこまれました。
その低視聴率には驚きです。
こういった、やや重いけど良質なドラマを
「頑張って」見ようとする人が少なくなってしまっている
ということでしょうか?
それとも単なる宣伝不足なのでしょうか?
Commented by toruiwa2010 at 2015-05-23 13:36
ハッピーカムカムさん、こんにちは。

「がんばって」まで見ることはないかと。
ハハハ。

見ない人には「もったいないことしてるねえ」と
言ってあげたいですけどね。ハハハ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。