ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

興奮した開票速報~惜しいなあ、橋下徹の退場~15/05/26

どこかで神経が何本か切れたか、機能しなくなったのかもしれないが、テレビを見ていて
激しく興奮することなど滅多にない。しかし、17日の夜は違った。
大阪都構想についての住民投票の結果が大接戦だったからだ。
d0164636_9433236.jpg






NHK(特番)とフジテレビ(Mrサンデー)を並べて見ていた。
最初に画面に出たのは「賛成12,500反対12,500」(21:49 NHK:開票2%)という
まったく五分を伝えるスーパーだった。

11分後、10時ちょうどにNHKの数字が変わった。
開票4% 賛成28,146 反対32,711。つまり、“反対優勢”を伝えていた。
同時刻にフジテレビが放送を始めた。ただし、開票を速報する実体は100%関西テレビだ。
大阪維新の会の会見場など数か所からの中継のあと10時1分に最初の数字を出したとき、
賛成31万8146—反対30万9211票だった!!こちらは賛成が反対を抑えていた。
それにしても、数字の大きさが違いすぎる。
d0164636_9381520.jpg






えっ?と思って画面をよく見ると“開票率44%午後9.56現在関西テレビ独自集計”と
目を細めないと読めないような小さな文字で書いてある。選管発表以外の方法があるんだ。
関テレの放送ではその後もどんどん数字が大きくなり、7分後には69%に届いていた。

10時10分近くになってNHKの数字がどんどん変わるようになった。
情報伝達のシステムが完成したのだろうか。7%、10%、19,24・・・2分弱で51%になった!
10%を超えたところからはおおむね賛成が反対を上回っていた。
ただし、画面に出ている数字は開票率も票数も関西テレビの方が大きい。だから、どう・・・
という話ではないことは書くまでもない。

10時26分、それまで賛成優位で推移していた関西テレビの集計の流れが変わった。
“賛成62万5328 反対62万5683”…わずか355差で反対票が賛成票を上回った!
開票率89%、合計124万票のうちの355票ということだ。誤差の範囲だよね。
この時点で、NHKはまだ7000票の差で“賛成>反対”だった(開票67%)。
開票率が違うし、集計のシステムも違うようだから比較はできないが、ふと、「関テレさん、
功を焦って、集計や伝達のミスはないんだろうな」と心配した。ハハハ。
d0164636_9383926.jpg





10時半過ぎにNHKが「反対が多数確実」を伝え、関テレもほぼ1分遅れて“否決”の
テロップを画面いっぱいに出した。

“都構想、是か非か”という大きなテーマの住民投票でここまでの接戦になるとは!
血圧が上がっているのが分かるほど興奮した。実際はそれほどでもなかったが。ハハハ。

僅差だったにしても、大阪市民は“チェンジ”を拒んだわけだ。
高齢者の票が最後の明暗を分けたと言われている。自分も後期高齢者だから分かるのだが、
十分に理解できない変革の方向に進むことを恐れたのだろう。
“敗戦の将”・橋下徹が言った「(敗因は)自分への批判と説明しきれなかった力不足」は
的を射ているのだと思う。
高齢者のせいで負けた…と言うアホがいるらしいが、反対はあくまで市民の総意だ。
d0164636_939884.jpg






橋本の会見にはいろいろな意見が出ているらしい。
“残念”や“口惜しい”が一切ないさばさばした会見だった。
その“潔さ”が人によって好印象だったり悪印象だったりするようだ。難しいね。
あまりあっさりしているのでもともとそれほどこだわってなかったんじゃないの?と
熱意を疑う人もいるらしいから。
コク(告)られた。振った。「分かった」とあっさり引き下がられた…そんな感じ。違うか?
ハハハ。

私も、たまっていたものを一気に吐き出す会見になるかと思って(期待して)いただけに
意外な感じ、肩透かしを食った気分だったが、発言の一つ一つは橋下らしいと思った。

大阪市民のみなさん、重要な意思表示をしていただきまして
ありがとうございます。大変重く受け止めます。僕が提案した
大阪都構想、みなさまに受け入れられなかったということで、
やっぱり間違ってたということになるのでしょうね。


・・・冒頭の発言から非常に整理されていた。頭の良さがよく分かる。
質疑応答に入ってからも、答えに迷うシーンはほとんど見られなかった。

・政治家引退は変わらない。悔いはない。幸せな7年半だった。
・政治だから負けは負け。「たたき潰す」と言って潰された。
・これだけのたいそうなケンカを仕掛け、負けたのに命取られない。
 民主主義はすばらしい政治体制。
・僕みたいな政治家は、ワンポイントリリーフ。
 課題が出てきたらそれを解決する。
・こんな最高の終わり方はない。10対90ならシュンとするが。
・8年前は僕みたいな政治家が必要だったのかもしれないが、
 今は嫌われない政治家が政治をやるべきだと思う。


“橋下退場”を歓迎する人も多いと思う。
知事・市長在任中は言いたい放題、やりたい放題だったから多くの敵を作ったに違いない。
品のない言葉、表現を意図的に用いて相手を攻撃するスタイルだからなあ。手をたたいて
喜ぶ人がいる一方、歯をむいて憎む人もいて当然だ。
d0164636_9392922.jpg






しかし、スピーチのうまさは圧倒的だった。天性のものだと思う。
公の場であれほどきっぱり言い切ったのだから、政界引退が覆ることはないのだろう。
“行列”時代から見ていて面白いと思っていたが、まさか政治家としてあそこまで手腕を
見せるとは思いもしなかった。リーダーシップがあり、発想、発信力も豊かだ。なにより、
この男、何かやってくれそうだ・・・と思わせる。今の政界にこういう人物は見当たらない。
“このまま”はいかにも惜しい。“民間からの入閣”に期待するしかないか。

橋下徹については当ブログで多くのことを書いた。
名前が々よしみで”トオルちゃん”と呼ばせてもらうことも多い。
どれほど惚れこんでいたかは最初の記事に現れている。
「さ、問題はこれからや~橋下徹 市長選に圧勝 ! ~」 http://bit.ly/vuQX6U

そして、週刊朝日が佐野眞一の記事を載せ、醜態をさらしたときは、かなり激しく書いた。
参照:2012年11月から12月の古い記事

お知らせ:コメント投稿

コメントの投稿が元の形に戻っています。
右下の「Comments」をクリックすると
その下に書き込み用の空欄が出てきます。
お時間があったらどうぞ。

これでも投稿が増えないようなら・・・
そういうことですか。分かったよ。ハハハ。

by toruiwa2010 | 2015-05-26 09:46 | 岩佐徹的考察 | Comments(6)
Commented by 老・ましゃこ at 2015-05-26 18:28 x
会見する橋本さんの表情は
攻撃的なものが抜け落ちたようで
穏やかだなと感じました。
次はどのような場所で活躍されるのか
とても気になる方ですね。
Commented by toruiwa2010 at 2015-05-26 20:03
老・ましゃこサン、こんばんは。

弁護士でおさまる男ではない
気がしますけどね。
Commented by kitamachi55 at 2015-05-26 20:13
活動的な馬鹿より恐ろしいものはない。
Commented by toruiwa2010 at 2015-05-26 20:24
放置。
Commented by イレザー・シート at 2015-05-27 06:29 x
おはようございます。
都構想は否決されましたが、大阪市を変えたいという市民が半数弱いることが示されました。
反対派の自民党も対案を出していましたので、なにがしかの変化を市民に示さないといけなくなりました。
橋本さんは都構想が破れて一両のの損、反対派は現状維持が良かったのに何か行動しなればいけなくなり一両の損、市民も改革できずに一両の損で三方一両の損。
しかし自民党の対案が上手くいって三方一両の損ならぬ三方一両の得になるか?。
新しい大岡裁き、いや大阪裁きができるか、これからの大阪市・大阪府を見守っていきたいです。
Commented by toruiwa2010 at 2015-05-27 07:32
イレザー・シートさん、おはようございます。

新たな大阪裁き・・・いいと思います。
詳しいことを知らないし、この件は大阪市民が
決めることだと、基本的には思いつつ、二重行政を
やめようという発想は間違っていないと思っていた
だけに、否決されたのは残念でした。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。