ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

“若き血”が燃えた6連戦 自薦・厳選300?15/05/30

神宮球場で東京六大学野球の最終節が始まります。
ほかの4校には申し訳ないことですが、毎年、春と秋の最終節は1試合のみです。
慶應義塾大学と早稲田大学がプレーします。ふたたび、ほかの4校には申し訳ないことに、
たとえ、5位と6位の対戦になってもこのカードが一番盛り上がります。ハハハ。

新入生は、春(5月末か6月第1週)のこのカードに向けていくつかの応援歌を覚えます。
慶應では、それが終わって初めて“塾生”になるのだと先輩に言われます。

“慶早戦”と言うように (2007.06.01 初出)

ハハハ。笑ってやってください。これでも当時はかっこいいと思っていたんですから。
帽子は先輩から譲り受けたものです。新しいものは“ダサい”とされ、何代にもわたって、
わけの分からない油が塗られてきた帽子はつばの部分を持たないとべたべたしたものです。
ハハハ。
d0164636_84525.jpg










今では、学生帽をかぶっている学生はほとんどいないでしょうが、私が学生のころだって
よほどのときでないとかぶりませんでしたよ。
そんな“特別の機会”のひとつが春と夏の慶早戦です。
そうです。慶応では早慶戦と言わず、こう呼んでいました。
変換ができないので書くときは面倒ですがね。ハハハ。

一緒に写っているのはKOBS…慶應義塾大学放送研究会の仲間です。
最前列に3、4年生が並んで、後列の左から二人目が1年生の私です。
1959年6月の神宮球場の3塁側内野スタンドですね。
映っている先輩たちの中には、のちにNHKのアナウンサーになった先輩が二人、某電鉄、
某デパート、某ビールの役員になった人が一人ずついます。気恥ずかしい言い方ですが、
さすがは”陸の王者”・慶應・・・その中でも特に“成功者”が多い代だったようです。

慶早戦の思い出は半世紀近く経過した今も鮮やかによみがえります。
とくに、この世代のOB・OGに忘れられないのは1960年秋の6連戦です。
通常の対戦で慶応が勝ち点を挙げれば(2勝すれば)慶応の優勝が決まり、早稲田が
勝ち点を挙げれば優勝決定戦になる状況でした。

第1戦は慶応が勝ち、久々の優勝に王手をかけました。
しかし、第2-3戦は早稲田が勝って決定戦へ。しかも、決定戦は第1—2戦ともに引分け、
ついに前代未聞の6連戦になってしまいました!
学生もOBも1戦ごとにボルテージが上がっていき、決着がつかないまま試合が終わると、
学生たちはスタンドをあとにするとそのまま翌日のために入場券売り場の前に並ぶという
“お祭り騒ぎ”です。興奮状態でした。

毎日、5万5,000人がスタンドを埋め尽くしました。
早稲田に優勝をさらわれたのは残念ですが、貴重な青春の思い出を得ることが出来ました。

ほかの4校に本当に申し訳なかったのは、第2戦以後毎日、試合もないのに神宮まで来て
来季させられていました。優勝が決まればシーズンは終了し、直ちに閉会式が行われます。
試合の終盤になると、ユニフォームに着替えた彼らは、狭い通路でひしめき合いながら
羨ましそうな顔を見せていました。ハハハ。

明日からの慶早戦は“ハンカチ王子”人気にあおられて、前売り券が完売らしいですね。
神宮周辺に並べられたブルーシートを見て、私も48年前を思い出しました

今年はこんなポスターが作られているようですね。
いいセンスだわ。ハハハ。

d0164636_841388.jpg


















おまけ:低い雲

昨日の東京は午後になって雨が降りました。
雲が低いのか、いつもはくっきり見える
ごみ処理場の煙突がかすんでいました。

d0164636_9192277.jpg









お知らせ:コメント投稿

コメントの投稿が元の形に戻っています。
右下の「Comments」をクリックすると
その下に書き込み用の空欄が出てきます。
お時間があったらどうぞ。

おかげさまでコメントが少し増えました。
満足じゃ。ハハハ。

by toruiwa2010 | 2015-05-30 08:58 | 自薦・厳選300? | Comments(2)
Commented by ヤップンヤン at 2015-05-30 21:37 x
岩佐さんが早稲田愛の強いM倉アナと大学野球やラグビーなどの話をしたとき、どんな感じだったのかちょっと関心があります・・・笑。
Commented by toruiwa2010 at 2015-05-30 22:04
ヤップンヤンさん、こんばんは。

ああいう生臭坊主を相手にする
つもりはありません。ハハハ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。