ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

田中の好投報われず~失投をとらえられた~15/05/16

d0164636_12255119.jpg


7回 94球(57ストライク) 9安打(1HR) 6三振・無四球 2失点 X(4勝2敗)
d0164636_12261096.jpg







終盤に打たれたホームランで復帰後初の黒星を喫しました。
1-1の7回、先頭打者に対して2シームとカーブでストライクが取れず、ストレート系を
待っているところに甘め・高めの2シームが行ってしまいました。失投でした。
同点の7回ですから、田中も当然ホームランを警戒していたはずですが、それにしては
コントロールをミスしましたね。

今日は全体に制球がよくなかったようです。
57―37というストライクとボールのレイシオが復帰後では最悪でした。
29人の打者に対して16人に初球がボールだったのも田中らしくありません。

イチローとの“対決”ですが、第1打席は1・2塁間のクリーンヒット。
2打席目はボールの上を叩いた当たり損ね(技ありではない)のセカンドゴロが内野安打。
3打席目:148キロのストレートでストライクを取ったあと、スプリッターを2球続けて
空振りとファウルで0-2とし、スプリッターに的を絞っていたらしいイチローの裏をかき、
今日のMAX152㌔で見逃しの三振に仕留めました。4打席目は平凡なショートゴロでした。
4打数2安打だけを見るとイチロー、内容を見ると田中がやや押していた感じでした。
…ていうか、私は そういうのはどうでもいい。ハハハ。

負けましたが、田中の責任ではありません。相手の守りが良かったし、2失点ですから。
3試合続けて7回を投げました。そして21イニング連続で無四球です。

次は、復帰後初めての中4日でタイガース戦に登板する予定です。

7回に牽制でアウトをとった場面…勝ちにはつながりませんでしたが、鮮やかでした。
ホームランで勝ち越しを許したあと、ヒットが出て無死1塁。
1-1からの3球目のとき、素早い牽制球を送りました。1塁キャンバスのセカンド寄り、
地上すれすれ、帰塁するランナーの手が伸びてくるところにぴしゃりと行きました。
d0164636_12245965.jpg








アウトに見えましたが、判定はセーフ。すぐ、タッチしたテシェイラがベンチにサインを
送りました。ビデオチェックしろと。よほど自信があったのです。
判定が覆りました。
d0164636_12244312.jpg







このとき、NHKのコメンタリーはテシェイラのジェスチャーを見ていなかったようで、
何も言いませんでした。
スタジアムにいたら見落とすこともあるでしょうが、画面だけを見ていてなぜ?。
こまかいことですが、優れた実況アナになるためには、そのこまかいところを見逃しちゃ
ダメなんです。ええ、偉そうに書いておきます。ハハハ。
by toruiwa2010 | 2015-06-16 12:28 | メジャー&野球全般 | Comments(2)
Commented by ラジオ少年1978 at 2015-06-17 04:23 x
こんばんは、

マー君、やはりなかなかの投手ですね。
修正や適応力がこれまでのMLBに挑んだ
日本人投手で最も高いと思います。

ところで湯浅さんは現在
誰が現役のメジャー最高の投手だとお考えですか。

私はフェリックス・ヘルナンデスだと考えています。
(今年のサイヤング賞も彼だと考えています)

球速が落ちてモデルチェンジしてもなかなか攻略
出来ないのはさすがだなと思うからです。
Commented by toruiwa2010 at 2015-06-17 06:44
ラジオ少年197サン、おはようございます。

田中は、昨日の投球が多分、最低のレベルだと思います。
150㌔超をあと10球ぐらい投げられれば文句なしです。
MLB最高…語る資格がありません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。