ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

デング熱を心配する前に… 自薦・厳選300? 15/06/21

かほどうるさき…~世の中で嫌いな音は?~(2009.08.25 初出)

世の中に 
   かほどうるさきものはなし 
      ぶんぶといいて夜もねられず


江戸時代の狂歌です。
“世の中で、蚊ぐらいうるさいものはない。ブンブンという音で寝られない”が表向きの
意味になりますが、狂歌ですから、当然、“裏”があります。
つまり、“世の中でこれほどうるさいものはない。口を開けば「文武」ばかりを言う”と、
松平定信の政策を批判したものとされています。うまいものです。
d0164636_7263944.jpg







私は現代に生きていますから、裏の意味はどうでもいいので(ハハハ)、ストレートに、
表の意味でこの一首を受け止めます。
実際、世の中で嫌いな音は?と聞かれたら、たぶん、誰もが真っ先に挙げると思われる
「黒板を爪で引っかく音」と並んで「耳元で聞こえる蚊の羽音」と答えるでしょう。
夏の夜、闇の中で顔の周辺から「ブーン」という音を聞くと“パニック”になります。
腕を除く全身をタオルケットで包み、息を潜めて顔に止まるのを待ちます。

止まっても、まだ動きません。一拍おいて、“ここだと思われる”ところに手のひらを
叩きつけるのです。一拍おくのは“奴”が針を刺すまで待つためです。ハハハ。
2,3回トライして仕留められなければ、電気をつけて“捜索”することになります。
目を凝らし、壁の白い部分で、小さな黒い“点”を見つけるのはかなり難しい作業です。
どうしても見つからないときは、タオルケットを抱えてリビングに行き、ソファで寝ます。
もちろん、キンチョールをたっぷりと噴霧してから。ハハハ。

“蚊の羽音が嫌い”というのは、正確ではないかも知れません。
蚊に刺されることによって生じる“かゆみ”が、私の場合、2週間も3週間も続きます。
“羽音”は“かゆみ”に直結し、それが耐えがたいのです。
しかも、どういうものか、同じ部屋に妻と2人でいても、刺されるのは常に私なんです!
汗のかき方やにおい、血の濃さ…何が理由なのか分かりませんが。
d0164636_727417.jpg






そんな私の強い味方はアメリカでもらったTemovate(テモバーテ?)という軟膏です。
“すぐれもの”です。1日数回、2,3日塗ると、かゆみは最小限に抑えられます。
「それなら、いいじゃないか?」と言われそうですが、これが相当“悩ましい”のです。
この軟膏を手に入れたのが1992年だというところが…。ハハハ。

全米オープン・テニス中継のために滞在したニューヨークのホテルか試合会場か、場所は
ハッキリしませんが、ダニに食われました。上半身を何箇所も…。
一番タチが悪かったのは、ワイシャツの襟でも隠れない首筋に、三つ並んだ“痕跡”です。
まるで、オリオン座のようでした。ハハハ。

あまりにもかゆみがひどかったので、スタッフに頼んで専門医に診てもらいました。
予約を取って、マンハッタンのクリニックに行くと、パンツ一枚の上に手術着のような
ものを着せられ、全身を慎重に診てくれました。
診察を終えたドクターは処方箋を書いたあと、「会場周辺に棲んでいる動物についている
ダニが“ライム病”(Lyme disease)の菌を持っている可能性がある。こちらでも検査を
するが、結果が出るまでに時間がかかる。日本に帰ったら、しかるべき病院で継続して
診てもらうようにしなさい」と、厳かに告げました。
d0164636_7252023.jpg





帰国後の検査で “異常”は見つからず、ほっとしましたが、なによりも、処方された
軟膏の効き目のすごかったこと! 腫れもかゆみも劇的に消えていきました。
このTemovateは、以後、虫刺されに弱い私の強力な味方になったのです。
しかし、数年が経過すると、そのまま使い続けていいのかどうかが気になり始めました。
「処方箋で手に入れたのだから無理だろうな」と思いつつ、マンハッタンのドラッグ・
ストアで現物を見せて「ほしい」と言いましたが、予想通り「処方箋がなければ…」と
断られてしまいました。「似たようなものはないか?」と尋ね、勧められたものを買って
帰りましたが、Temovateとでは、効き目がまるで違います。

…結局、アメリカでも日本でも、この軟膏以上の薬には出会うことはなく、ずるずると、
今日まで来てしまいました。
風邪薬、痛み止め、下痢や嘔吐の薬…アメリカの薬品は効き目が強烈です。本当は その分、
副作用も警戒しなければいけないのですが、“背に腹はかえられない”のです。
17年たった今も使っています。死ぬまで“大丈夫な”量が残っていますから安心です。
医者や薬剤師には叱られそうですが。ハハハ。

2015年現在でも使っています。効き目も変わりません。
買ってから23年、どれだけお世話になったことか。
有難う、Temovate !!

by toruiwa2010 | 2015-06-21 08:55 | 自薦・厳選300? | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。