ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

ママ・アナ3人&フジテレビ~動物がらみのツイートetc~15/06/30

女性アナたちのボクらの時代

日曜日の朝のフジテレビ「ボクらの時代」が好きです。
仲良しの3人が自由に雑談をする趣向ですが、ときどき意外な組み合わせがあったり、
キャラクターにない新しい一面がうかがえたりして楽しめます。
先日はフジテレビのママ・アナが揃いました。佐々木恭子、梅津弥英子、中村仁美です。
d0164636_9255217.jpg





私が現役だったころから、母局のアナウンス室には部活の延長のような空気が流れていて
過ごしやすく、他局の同業者からもよく羨ましがられました。結婚し、子供を育てながら
アナウンサーを続ける環境としてもかなり恵まれていると思います。この3人以外にも
出産を控えていたり、育児休暇中のアナもいるようです。居心地がいいのでしょうね。
…と思いたいです。
もっとも、実際に妻・母・アナウンサーの三役をこなすのは簡単ではないのだと思います。
3人が語る旦那、子供、仕事の話はなかなか興味深いものでした。

番組の最後の方で視聴率不振について話していました。
「内容というより、局のイメージとしてチャンネル合わせなくなっているのかな」と。
「積極的に嫌われている感じがある」というコメントもありました。

“K-popばかりやっている”と非難の声が上がり、台場でデモが行われ始めたころから、
「大丈夫か」という懸念があり、当ブログでもしばしば書いてきました。
OBが心配するほどですから、現役はもっとひしひしと感じるはずですが、その雰囲気は
なかなか伝わってきませんでした。女性アナたちが口にした“危機感”が社内の隅々まで
行き渡るようにならないとフジテレビの復活は難しいのだと思います。
d0164636_9262169.jpg






折も折、池上彰SPでまたしてもやってしまったようです。
韓国人高校生の発言にかぶせた字幕が事実と違っていた…という件です。
高校生は「(韓国には)文化がたくさんあるので外国からたくさん来ているようです」と
話しているのに「(日本は)嫌いですよ。だって韓国を苦しめたじゃないですか」という
字幕を入れたのです。番組HPに載せられた“お詫び”にはインタビューの別の部分で
彼女が「日本が嫌い」と言っていたと書かれていますが、言い訳にもなりません。

“意図的だ”、“間違ったじゃすまない”と言われても反論できないでしょう。
ほんの1例ですが、危機感が欠落していることが表れていると思います。
WOWOWに出向中や現役引退後、「フジから来ています」、「フジテレビにいました」と
言えることが誇りでした。今は首をすくめたくなる気分です。

以下、先週のツイートから。

フクロウとネコ 互いに一目ぼれ
生き物に乾杯!

d0164636_9264388.jpg







大阪・中崎町の喫茶店“フクロウコーヒー”の看板、フク社長・フクロウのフクちゃんに
新しい同居人が来ました。猫のマリモです。
この写真を見て胸がキュンとならない人とは付き合いたくありません。ハハハ。
d0164636_926558.jpg








ネットで見つけた。
newly born・・・
幼子たち 生き物たちに乾杯 2

d0164636_927694.jpg














ネットで見つけた。
しがみつく・・・
生き物たちに乾杯 3

d0164636_9271655.jpg













ネットで見つけた。
母と子・・・
生き物たちに乾杯4
膨大な写真がここに。 ⇓

http://t.co/V6wJKGNeeO
d0164636_9273042.jpg














世界で最も醜い犬のコンテスト出場犬。
たしかに。でも…。
どんな子だって飼い主にとっては…ねえ。
ほかの出場犬はこちらに。

http://cbsn.ws/1QWpNWU
d0164636_9274289.jpg






この写真を見て年配者は多くのことを想うだろう。
「???」という若い世代の人は何を想うのだろう?

d0164636_9275899.jpg










米軍の爆撃から逃げ惑う裸の少女…ベトナム戦争をとらえた写真の中で象徴的な一枚です。
世界中の人々の胸を揺さぶり、戦争終結を早めたと言う人さえいます。
いま、52歳になった彼女はカナダで健在とのことです。

黒人教会での銃乱射で死亡した牧師の
追悼式が行われオバマ大統領が
「アメージング・グレース」を歌った。
うまいとは言えないが、胸を打つ。
日本国首相の歌は小泉純一郎の
「ラブミーテンダー」しか聞いたことがない。

http://t.co/IGO3trJbkE
d0164636_928148.jpg










送信したあと、“変な総理”だった鳩山由紀夫が歌っていたことを思い出しました。
いずれにしても、歴史・文化・風土・社会の仕組みが違うので単純な比較はできませんが、
日本の政治家にくらべるとあちらの政治家はぐっと身近に感じますね。

NYの脱獄囚、二人目を確保。
一人目はカナダとの国境まで 15㌔の
ところで射殺されたが、二人目はさらに
北に進んでいた。
2発撃たれているが命に別条はない。
動画は一切なく、CNNとCBS、 NBCが
画像を入手。ABCだけない。

d0164636_9283521.jpg







速報を耳にしてHPを見に行ったとき、写真が出ていたのはCNNとCBSだけでした。
どっちが先だったのかは分かりません。ほどなく、NBCが続き、ABCも数時間後には
写真を手に入れたようです。
現場に報道陣がいたとも思えないのですが、いったい誰が撮ったのか?
それにしても、ABCは焦ったでしょうね。

社葬には3000人が集まった。
寡黙な駅長だったが、きっちりと
役目は果たした。
CNNも"日本一可愛い駅長、
猫のたまが亡くなった"と報じた。

d0164636_9285526.jpg















和歌山電鉄・貴志川線の貴志駅で長く“駅長”をつとめた猫のたまが亡くなりました。
“就任”当時からかなり話題になっていましたが、ストレスを感じる猫も多いので 初めは
冷ややかな目で見ていました。しかし、もともと猫好きですから、おとなしい印象だった
たまが黙々と役目を果たしているニュース映像を見るたびに目じりを下げていました。
ハハハ。
by toruiwa2010 | 2015-06-30 09:36 | 放送全般 | Comments(8)
Commented by ルブラン at 2015-06-30 15:02 x
岩佐さん お疲れ様です
今年ほどアナウンサーに関わる話題って多いですね
日テレみたいに裁判を起こしてもアナになりたい人もいればABC朝日放送のように研修中に退職する新人アナもいる
つくづくなんだそれと思いますね(笑)
Commented by toruiwa2010 at 2015-06-30 15:15
ルブランさん、こんにちは。

研修中に退職!! 知りませんでした。
ナンダソレ…ですね。ハハハ。
Commented by はまな at 2015-06-30 18:15 x
先々週(?)の『とんねるずのみなさんのおかげでした』で石橋貴明さんが同局関係者と「東京五輪までにフジテレビをもう一度盛り上げたい」と話し合ったと言ってました
最近のフジバラエティーでは自局の危機を煽るやり取り(めちゃイケ・アウト×デラックス・お笑い向上委員会・ホンマでっかTVなど)が目立つので、現場レベルでは危機意識を感じているんじゃないですか?
フジのバラエティーが好きなので頑張って欲しいです
Commented by toruiwa2010 at 2015-06-30 18:41
はまなサン、こんばんは。

さすがに今がどん底だと思っています。
ここでどれだけ踏ん張るか…ですね。
素材としてはいいのが揃ってるはずなので
親ばかの心境で信じたいと思っています。
Commented by 肥後男児 at 2015-06-30 22:16 x
今晩は。
先日のボクらの時代、観るつもりは無かったのに泊まったホテルの朝食会場のテレビで流れていたので、つい見入ってしまいました(汗)。
今年の27時間テレビ、フジテレビは台所事情が苦しいんですから、1990年の時のように局アナを総動員すれば良いのに、と素人発想で考えるんですよね。
Commented by toruiwa2010 at 2015-07-01 06:14
肥後男児サン、おはようございます。

台所事情が苦しい…とは聞いてません。
27時間つなぐアナはいませんね。
NHKを合わせ、全局を見渡しても
いませんね。
Commented by イレザー・シート at 2015-07-01 08:26 x
おはようございます。
たま駅長、正式には「たま和歌山電鉄社長代理 兼 ウルトラ駅長(貴志川線全駅の駅長)」、本当にお疲れ様でした。
私のような鉄道ファンを十分すぎるほど楽しませて頂きました。
あとは後任の「にたま君」に任せて、「ゆっくりと天国で過ごしてください」と伝えたいですね。
Commented by toruiwa2010 at 2015-07-01 08:40
イレザー・シートさん、おはようございます。

ニュース映像でしか見ていませんが、なにか
「いじらしい」と思う猫でしたね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。