ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

イチャモンつけるのは簡単だ~それにくらべ謝り方は難しいね~15/07/06

初めに。
安倍晋三には何のしがらみもない。
世間で言われているほどダメなやつとは思っていないが、
積極的に肩を持ったり、応援したりするつもりもない。

・・・で、作家・百田尚樹氏や自民党の若手議員の発言が世間を騒がせている。

「…安倍総理宛に沖縄県議会から抗議決議が来ている。
報道機関だけでなく読者である沖縄県民をもするものだ。
発言の撤回と県民への謝罪を指示するか?」


3日に開かれた 安全保障保法案を審議する衆議院の特別委員会で民主党・長妻代表代行が
総理大臣に鋭く迫った。これに対し、安倍総理はこう答えた。

「国民に対して申し訳ない気持ちだし、自民党が
長年行ってきた沖縄振興、基地負担軽減への努力を
水泡に帰すもので大変残念」と述べたあと、
「沖縄の皆様の気持ちを傷つけるとすれば申し訳ない」


長妻議員の質問と安倍総理の答弁の前半部分は大意だが、最後の1行は発言のままだ。

この日、NHKは夜7時のニュースでこのやり取りを伝える際、画面に「報道機関批判問題 
“沖縄 傷つけるとすれば申し訳ない”」というタイトルを出していた。

さて、この報道を見て、プロフィルに“戦史/現代紛争史研究家”を名乗る山崎某氏が
翌日、ツイッターで噛みついていた。

NHKはご丁寧に、首相が行った「とすれば謝罪」を
ニュースで取り上げる際、わざわざ「とすれば」まで
テロップに含めて画面に乗せている。完全に「首相の
意向を代弁する専属広報機関」になっているが、
運営費は一般視聴者の払う受信料で賄われている。

d0164636_8535232.jpg







読んだとき、タイトルと発言の中身が合致していないのだと思ったが、チェックした結果、
事実関係は冒頭に書いた通りだった。つまり、NHKの伝え方におかしな点はなかった。
山崎氏のツイートを少し過去にさかのぼって読むと、“徹底”してNHKが嫌いらしい。
それはいい。誰だって嫌いなものはあるし、私もNHKが嫌いだから分かる部分もある。

しかし、この件は明らかに行き過ぎがあるよね。
テロップ(項目の見出し)の中の何を以てNHKを“首相の意向を代弁する専属広報機関”と
断じるのかが分からない。

ちなみに、当日夕方の各局のニュースを見ると、この項目につけた見出しはこうだ。
d0164636_8541784.jpg







全ての局が“陳謝”、“謝罪”の文字を使い、首相の言葉を字幕に出していたが、フジだけ
音声がなかった。
NHKの見出しを見ると、山崎氏が“ご丁寧に”、“わざわざ”と嫌味タップリに前置きした
「沖縄 傷つけるとすれば申し訳ない」があるから、視聴者は安倍総理がどう謝ったかが
分かるわけだ。実際は(沖縄の)“皆様の気持ち”だから、100% 正確とは言えないものの、
事実と突き合せれば少なくとも安倍総理に“寄り添った”報道とは言えない。更に言えば、
“とすれば”をつけることが発言者をかばうことになるとは思わない。しかも発言通りだ。
むしろ、“陳謝”、“謝罪”だけよりくわしい事実が伝わっていると思う。

「謝罪するのが遅い」とか「本心から謝ってないだろう」とか不満に思う気持ちはこの際
関係ない。それはそれで、別の議論だ。
山崎氏のツイートは“坊主憎けりゃ…”のたぐい、言いがかりと言われても仕方がない。
NHK批判は安倍総理にからめないで正面からやればいい。

今日のタイトルは11か月前の
苦い経験を踏まえている。ハハハ。

by toruiwa2010 | 2015-07-06 08:55 | 岩佐徹的考察 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。