ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

朝日・相撲記者が炎上!!~まさか、彼だったなんて…~15/07/10

この2年間、けがに泣き続けた。
2年前には左肩の動きをつかさどる腱板(ケンバン)を断裂。
「俺たちの根性とプライドを見せてやろうじゃないか」と
背中を押してくれた師匠の声を励みに、はい上がってきた。
だが、もう一度、三役を狙える地位まで戻った矢先の大けがで、
土俵人生を断ち切られた。
 
引退会見の少し前、豊真将は私の手を握り、「あの記事を読みまして……」。
豊真将が負傷した翌日、こんな記事を書いた。
《全力士の手本と評される所作の美しさ。
 分け隔てない優しさ。
 古武士のようなド根性。
 豊真将の復活を願っている》

「根性を……絶対に……僕は……」。
 言葉が続かず、豊真将の目からぼろりぼろりと涙がこぼれた。
 豊真将の土俵が、好きだった。

d0164636_7253121.jpg






いい記事だと思う。相撲ファンのハートをつかむのがうまい記者だ。
センチメンタルなタッチで書かれた記事は好きじゃないのだが、彼が書く相撲記事には
引きずり込まれることが多かった。三賞の選考委員にもなっているほどだから経歴にも
問題はないのだろう。いつも、ため込んだネタをうまく使っている空気があった。
言葉の行き違いからブロックされてしまったが、今でも私は彼のツイッターを読んでいる。
相撲についての、担当記者ならではの裏話や“うんちく”が好きだから。

今月になってから一度もつぶやいていないので病気でもしたのかと思っていた。
…そうではなかった。
「朝日新聞のN記者があちこちでトラブルを起こしていたみたいですね」
きのう、ブログの方に書き込まれたこのコメントを読んで愕然とした。
名指された記者とは少々因縁があったからだ。
d0164636_7244128.jpg







“新幹線で女性乗客を侮辱 朝日炎上記者 有名女優も被害に”

朝刊に載った週刊文春の広告の中にそういう見出しがあったのを思い出した。

そう言えば、6月28日のツイッターに“のぞみ”の車内で泣いている女性の乗客について
何度かつぶやいていたこと、のちに(翌日)“おわび”とともに削除していたこと…なども
矢継ぎ早に記憶が甦って来た。
d0164636_726285.jpg





一連のツイートは2件しか読まなかったが、さらに続いていたらしい。
悪いことに、その中に 顔が映っていない問題の女性の写真を添付したものがあった。
詳しい経緯は分からないが、ツイート以上にこれが炎上の起爆剤になったようだ。
ネットでは“盗撮だ”と非難されている。ほかにもいくつかの例があって、反論は難しい。

週刊文春の見出しにある“有名女優”の件はN記者が週刊朝日に出向中、表紙に起用した
某女優の印象が悪かったらしく、記事のある段を横に読むと彼女の“悪口”になるように
書かれているのだそうな。

週刊文春によれば、朝日新聞広報部は上記の事実について次のように回答している。

ツイートについて
「弊社編集部門のソーシャルメディア・ガイドラインを逸脱しており
問題が多い内容だと判断しました。このため、記者に指示し、
ツイッター上でおわびをさせたうえで、ツイートを削除させました。
(中略)事態を重く受け止めており、心よりおわびいたします」

週刊朝日の記事について
「当該記者によるご指摘のような行為があったことがわかりました。
許されない行為であり(中略)厳正に対処いたします」。

やれやれ。
ツイートを停止しているのはいいとして、昨日の名古屋場所を前にした展望記事の中にも
名前がなかった。腕のある記者だが、しばらくは署名記事を書くのは難しいかもしれない。
会社がどう判断するかによるものの、下手をすれば、ほかの部署への異動や出向なども
充分に考えられる。つまり、朝日新聞・スポーツ面から彼の記事が消える可能性がある。
ファンの多い記者だから、悲しむ読者も大勢いるだろう。惜しい!

私をブロックしたあと、フォロワーさんとのやり取りの中で“超スローボール事件”を
引き合いに出して“炎上”を笑っていた。笑ったのなら、他山の石にしてほしかったなあ。
私の場合は一市民だから多くの人に迷惑が及ぶわけではないが、彼は現役の記者だから
問題が簡単に収まるとは思えない。

つくづく、SNSは怖いなあ。
by toruiwa2010 | 2015-07-10 08:55 | 大相撲 | Comments(4)
Commented by at 2015-07-11 18:51 x
それが普通の事と思ってる時点でおかしくないですか?
その記者がやっている事は社会的な倫理面で正しい事なのでしょうか?
さすがにいや、無いと思いますよ?仮にあれが社会倫理的に問題の無い行為であるなら、記者の権利って一般の人よりきっとすごく高いんでしょうね
Commented by toruiwa2010 at 2015-07-11 19:41
えサン、こんばんは。

どこをどう読むと
私が「普通のことだ」「社会倫理的に
問題ない」と書いているように
受け止めるのですかね。
コメントを読んで、呆然としました。
Commented by mms at 2015-07-14 04:53 x
最後の一文が気になったので。

SNSはあくまで道具であり、どう使うか次第ではないでしょうか。
常識を持って使えば便利である事に変わりはありませんから。
私としてはこの人、ひいてはマスコミの常識や良識の無さの方が怖いです。
Commented by toruiwa2010 at 2015-07-14 06:58
mmsサン、おはようございます。

前半は、その通りだと思います。
私としては・・・この投稿の最後の
一文が気になります。
「十把一からげ」は危険です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。