ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

“狙い”があっての会見さ 自薦・厳選300? 15/07/20

記者会見で大騒ぎ~そりゃ、狙いはあるさ~’( 2009.09.19 初出 )

酒井法子の一連の“騒動”は第一報からの“展開”がなかなかドラマチックだっただけに、
ふだんはあまりテレビを見ない私も(ウソつけ)相当見ましたね。…というか、テレビを
つければやっているのですから、見ないわけにもいかない状況でした。しかも、やれば
高視聴率が出るのですから、局としては“何はさておき、のりピー”になるのは仕方が
ないのでしょう。悪循環…。ハハハ。

一昨日、保釈後に開かれた記者会見については世間の意見が分かれているようです。
スポーツ紙を取っていないので、どんな論調なのか分かりませんが、すくなくとも、
テレビはどちらかというと“批判的”なスタンスに見えます。
特に、昨日の「ミヤネ屋」に出た石川某という芸能リポーターは激怒していました。
裁判を控えている本人が一問一答に応じられないのなら、弁護士が “子供といつ、どこで
会うのか”などの情報を提供すべきだ、やらないのは無責任だと顔を高潮させていました。
アメリカなら「It’s none of your business=関係ないよ、ほっとけ」と言われたでしょう。

“質疑応答なし”は始まる前に告げられていたのですから、どうしても認められないなら、
抗議の意味で退席すればいいじゃないですか。意味も状況もまったく違いますが佐藤栄作
退陣会見のときに新聞記者が取った態度は立派でした。芸能リポーターに同じプライドを
求めるのはナンセンスですが。ハハハ。
d0164636_6483783.jpg





ホリエモンのころから、本来、義務がない警察署前での“謝罪”が定例化してきました。
社会を騒がせた(実は、勝手に騒いだ?)のだから当然、とマスコミも世間もそれで溜飲を
下げるのだろうか、と疑問に思います。

セレブや人気者など社会的な成功者が罪を犯したとき、相手の立場が弱まったところに
つけこんで“袋叩き”にする傾向は外国でも見られるでしょうが、日本はどこか異常です。
“一億総正義漢”と化すさまは、結構、怖いものがあります。

メークアップについても、いろいろ言われています。化粧して当然でしょうに。
しないことが反省の証明になるのかなあ。
タトゥーを消したことの意味は何か?って、消さなきゃ「なに考えてんだ」と批判するに
決まっているのに、白々しい。ハハハ。

記者会見には裏があるように見える、という意見もありますね。そりゃ、あるでしょう。
狙いが“芸能界復帰”なのかどうかは知りませんが、酒井サイドが最初に考えたのは、
やらなければ、いつまでも追跡取材が終わらないということだったはずです。
公の場で“改悛”の態度を見せることが裁判にもいい効果があると考えたかもしれません。

涙も計算づくだった可能性はあります。所属していたプロダクションやレコード会社の
関係者が挨拶をしているとき、「そろそろ、涙だぞ」と思った瞬間にあふれてきました。
演技としても、タイミングが絶妙でした。
ただし、私は“意地悪”でそう思ったのではなく、話されている中身を聞くにつけても
自分がやったことの大きさを実感するだろうなと思ったからです。念のため。ハハハ。

どんな記者会見にだって“狙い”や“裏”はあるに決まっています。
私の後輩・逸見政孝のがん告白会見について、ある編集者が“会見が終わったとき、彼は
「これ行くよね?」って言いました”と話しているのを数年前にスポーツ紙で読みました。
つまり、高い視聴率が出る、という意味です。真偽のほどは分かりません。
しかし、“ありうる”話ではあると思います。
d0164636_6485469.jpg





大阪で生まれ育った逸見は、アナウンサーになるために、アクセント辞典を丸暗記して
標準語をマスターするほどの努力家でした。
同時に“有名になりたい”、“目立ちたい”、“金を稼ぎたい”という思いも強い男でした。
あのとき、彼はすでに死を覚悟していたと思います。
だからこそ、最後の“ステージ”で何かを残したいと考えてあの会見を開いたのです。
それほど、根っからの“テレビ屋”でした。目的は立派に果たして旅立っていきました。

この件については、ひとつの見方として書いています。何の“悪意”もありません。
それでも、「意地が悪い」とお考えなら、それはご自由に、というしかありません。

ついでですが、あの会見以後、がんを公表する有名人が多くなりました。
完治してから、あるいは、手術を終えたあと“告白”するのはいいのですが、手術の前に
「これから、手術を受ける」、「そのためにしばらく番組を休む」と“宣言”することに
どんな意味があるのでしょう。
“啓蒙”とか同じ病気を持つ人たちに向けた“エール”とか、言い分はあるのでしょうが、
あまり好きじゃありません。趣味の問題ですから、反論されても気持ちは変わりません。
ハハハ。

酒井法子の件に戻ります。私は彼女を擁護する立場にはなく、その気もありません。
しかし、彼女を裁くのは新聞でもテレビでもなく、司法だと肝に銘じるべきですよね。
by toruiwa2010 | 2015-07-20 08:44 | 自薦・厳選300? | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。