ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

田島貴男&徳永英明BEST!~2015うたの夏まつり~ 15/07/30

まだ出ていないが、昨日の「うたの夏まつり」の視聴率が気になる。
EXILEの「RISING SUN」に始まり、祭らしさもあったが、コラボが激減した。
暮の“歌謡祭”のイメージが強すぎるかもしれないが、“全盛期”は、ほとんどの楽曲が
実績を持ったアーチスト同士が持てる力をぶつけ合う真剣なコラボだった気がするが。
d0164636_8345826.jpg






始まってすぐに稲垣潤一と三浦大知の「夏のクラクション」があった。聴かせたと思う。
こういう“本気度”がにじむコラボが次々に聴けるものだと思ったが、あとが続かない。
ひそかに期待していた鈴木雅之が三代目JS Brothersと「夢で逢えたら」を歌ったが、
本来のうまさが出ていなかった。

終盤近くに徳永英明と田島貴男のコラボが登場したときは興奮した。デュエットの名手・
徳永が田島に惚れてオファーしたと聞いて悪いわけがないと思った。
1曲目の「接吻」は徳永の出来が悪くて肩透かしを食った。意気込みすぎたのかもしれない。
しかし、2曲目「壊れかけのRadio」で一気に挽回した。音楽を聴く耳に自信はないが、
私にはこの日のベストだと思えた。きっと、田島が好きなだけだ。ハハハ。
d0164636_8344169.jpg






先日、NHK-BSの「The Covers」を見たが、しびれた。
世良公則「あんたのバラード」、サザン「いとしのエリー」をカバーして見事だった。
最後に自分の曲を2曲歌っていたが、ギターの弾き語り「フリーライド」は圧巻だった。
独特の世界を持っている。MCのリリー・フランキーが言った通り、この人は天才だ。
言い方を変えれば強烈な酒だ。酔わせる。

稲垣・三浦で高まった期待が満たされるまで2時間半を要した。
コラボそのものが少ないのだから仕方がないか。
ソロとしての力も持ちながらほかの歌手と組んだときに“ケミストリー”を生み出す
玉置浩二、石井竜也、デーモン小暮、増田貴久…といったメンバーが出ていないのは、
もともとコラボの予定が少なかったからなのかもしれない。

実力派の歌手が持ち歌を歌うのもいい。しかし、テーストの違う歌手同士が気持ちを
通い合わせて歌うことで新しい魅力を付加された楽曲を聴くのは至福の時間なのだ。
プロデューサーが代わり、歌手たちにコラボを納得させるのが難しくなっているのかも
しれないが、楽しみを奪われた現状は残念だ。

コラボの減少と対照的にジャニーズ系が増えた。
全部で9組 登場した。紹介なしに目をつぶって聴くと彼らやももクロ、モー娘。を含む
AKB系の歌は区別ができない。賑やかにはなるし、それぞれにファンがついているから
喜んだ人も多いだろうが、“大人の鑑賞”に耐える歌手を一組でも増やしてほしいと思う。

昨日は、久しぶりで平井堅が出た。
こういう騒々しいところで歌わせるのは気の毒だが、本人は自分のペースでじっくりと
歌い上げていた。特に、終盤で歌った「君の鼓動は君にしか鳴らせない」はソロ曲の中で
この日のベストだった。自分の世界を持っていていつでもそれが出せる歌手は素晴らしい。
d0164636_834224.jpg






ほかに“ソロ”で光ったのは…

意外や意外 舞祭組の「やっちゃった」(中居正広作詞・作曲)
森高千里「17歳」 何と言っても“奇跡”と呼びたい美脚!
JUJU「PLAYBACK」
TOKIO「LOVE,HOLIDAY」
CHAY「あなたに恋をしてみました」
三代目JS Brothers「RYUSEI」
EXILE「24 karats」
V6「Wait for You」


もちろん、100%好みによるもの。気にしない、気にしない。ハハハ。
d0164636_8341085.jpg





全体の感想を言えば75点だ。コラボの少なさは納得できない。制作者の交代だけでなく
局としてのフジテレビの力が落ちてきていることも影響しているかもしれない。
飛ぶ鳥を落とすほど勢いがあったころと違い、いまは“長期低落傾向”の最中だ。
フジテレビの名前がものをいう場面は減っているはずだ。

先日の27時間テレビが10.4%だと聞いて、正直 胸をなでおろした。サブタイトルの
“めちゃ×2ピンチってるッ!”をみたとき、これは冗談じゃないなと思った。
今は若者から本気で嫌われている気がする。完全な逆風の中だから、一桁ではないかと
心配していた。

昨日の数字…気になるなあ。
by toruiwa2010 | 2015-07-30 08:50 | 番組 | Comments(3)
Commented by ミコノス at 2015-07-30 19:07 x
岩佐さんには、大変コメントしづらいのですが、コラボでも、アーティスト同士、アイドル同士で、まだ、分かれてくれればいいのですが、実力アーティストに、キャピキャピ(←死語ですね)アイドルとの共演は、正直見て辛いです。

他局ですが、小田和正さんの『クリスマスの約束』のように、アーティスト同士がリスペクトして出たいと思い、そのファンも喜ぶようなコラボ&演出がいいのではないでしょうか?

Commented by toruiwa2010 at 2015-07-30 20:06
ミコノスさん、こんばんは。

玉置浩二&香西かおりの「無言坂」
小柳ゆき&デーモン閣下「愛情」

少女グループはノーサンキュウで。
ハハハ。

すぐに思い出すこの2曲。
歌謡祭が生んだ名曲かと。
Commented by ミコノス at 2015-07-30 23:38 x
あっ、でも、今回は、私の好きなアーティストさんのバック、ムチムチのダンサーが付いてなくて(←前の演出)、良かったです!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。