ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

デーブ・スペクターは日本一?自薦・厳選300? 15/08/08

見上げた根性だぜ、デーブ( 2009.09.18 初出 )

相変わらず、よくテレビを見ています。
朝や昼のワイドショーのコメンテーターたちには“突込みどころ”が満載です。
「この間 言っていたことと違うじゃない?」、「局の意向に沿った発言だね」、
「君に“正義の味方”ヅラをされてもねえ」、「あんたがそういうことを言うな」…
そんな中で、一部の方の顰蹙を買うかもしれませんが、ずっと、デーブ・スペクターの
“かくれ”ファンでした。
“すべる”ことやスタジオ中を敵に回すことを覚悟した上で放つジョークがたまりません。
かわいいじゃないですか。ハハハ。
こまかいところで“いたずら”を仕掛けますから、気をつけないといけませんが。
d0164636_1413120.jpg



週刊文春で阿川佐和子と対談していますが、冒頭にこんなやりとりがありました。

阿川:それにしても日本語 上手ですよねえ。
デーブ:そうでもない。まだ訛ってるんで、こないだタクシー乗って
TBSと言ったら恵比寿に連れて行かれた。
阿川:あ、そういう話なら日本人でもいっぱいいる。タクシーで
「横浜の軽井沢」って言ったら長野の軽井沢に連れていかれたって人が
いたんだって。

…これ、阿川がデーブにひっかけられていますよね?
TBSを恵比寿と聞き間違えることは実際には起こりにくいです。ここでも“デーブ流”の
ダジャレをかましたのだと思います。“ネタ”でしょう。周りに芸人がいたら、間違いなく
「ありえへん!」と突っ込まれていたはずです。ハハハ。
“才女”・阿川が“まともに”受けこたえしているのがおかしくて笑ってしまいました。

水曜日の「とくダネ!」でシャチに追い回されるペンギンの話を紹介していました。
必死に逃げるペンギンは、そのシーンを撮影しているカメラマンのボートに飛び乗って
奇跡的に難を逃れたのです。やれやれと胸をなでおろすほほえましいエピソードです。
しかし、そのままで終わると“デーブ・スペクター”ではありません。ちゃんと期待に
答えてくれました。
「名曲がありましたよね。“ここにシャチあり”」。
べただけど、お見事!ハハハ。
d0164636_1414870.jpg






“超おいそが氏”の彼は「とくダネ!」のあと大阪に移動して2時からの「ミヤネ屋」に
出ていました。何が根拠なのか知りませんが、“日本一のコメンテーター”だと、宮根が
しきりに持ち上げていました。
短い時間が余ったときでも、デーブなら、達者な日本語で気が利いた一言を放り込んで
くれるし、その気になれば、司会者の“振り”次第で、真面目なコメントもできるだけに
“使い勝手”のきわめていいタレントでしょう。

「たかじんのそこまで言って委員会」で、“9.11はCIAの陰謀”説が出たとき、異常なほど
ムキになっているのを見かけたときはびっくりしましたが、ふだんは、きわめて穏やかで
何を言われても笑って聞き流しているのは、人間ができているからでしょう。

発言内容もダジャレやふざけたものばかりではありません。彼なりのエスプリが含まれて
いるものもあり、テーマ次第で、そのときだけ(ハハハ)外国人になって きちんとした
提言をすることもできます。ピントがはずれているように聞こえる発言もあるものの、
私には“あえて”はずしているのだと思え、“かっこよさ”さえ感じます。
依頼があれば、小さなコメントでも決して断らないことや、何を言っても“憎めない”
ところが、長続きし、重宝がられる理由でしょうか。

週刊文春の対談の最後はこうなっていました。

阿川:今後の夢は何ですか?
デーブ:別にないですよ。自分が出ている番組の視聴率だけ欲しい。
僕、「自分が死んだらテレビで何分やってくれるかなあ」って、
そればっかり気になってるの。三十分以上かどうか。

…見上げたプロ根性じゃありませんか。ハハハ。
by toruiwa2010 | 2015-08-08 14:02 | 自薦・厳選300? | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。