ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

映画:日本のいちばん長い日~終戦に導いた人々~15/08/11

日本のいちばん長い日 90

1945年4月、鈴木貫太郎は重臣会議で首相に推された。
天皇陛下の大命に「77歳の老人で耳も遠い」と固辞したが認められず、鈴木は難局の
かじ取りを引き受けざるを得なかった。

組閣に取り掛かった鈴木が最初に手をつけたのは陸軍大臣だった。
「海軍出身者が総理になれば陸軍はそっぽを向くことになる」と脅した東条英機をはじめ
陸軍は厄介な存在だった。
鈴木自ら陸軍省に行き、人柄が信頼できると見込んでいた阿南惟幾(あなみこれちか)大将の
起用を認めさせた。陸軍は「あくまで戦争を完遂すること。陸主海従(りくしゅかいじゅう=
陸軍が主体で海軍がこれに従うという考え方)で行くこと」など三条件を鈴木に飲ませた。

敗色が濃厚な中、鈴木内閣は嵐の海に船出した…
d0164636_913177.jpg



陸軍を中心にする“徹底抗戦”派と負けは決まった、できるだけ早く終結へ向かうべしと
考える人たちの間で終戦までの数ヶ月はまさに激動の日々だったはずです。
映画は、あくまで“本土決戦”を主張する軍人や土壇場で“決起”や“クーデター”を
企てる若手将校たちがいる中で、皇室を守ること(国体護持)を条件に、これ以上の犠牲を
出さないうちに終戦に持ち込もうと奮闘した人々を描いています。

私の中では「海街diary」と並ぶ、今年の邦画のトップ2です。
注文は数えきれないほどありますが、すばらしい作品でした。
第二次世界大戦を忌まわしいものとして描いた作品はたくさんありますが、そんな戦争を
終わりに導いたのはどんな人たちだったかを描いたものは少ないです。

少しきれいに作られすぎているかもしれませんが、意図的なものではないと信じます。
少なくとも、ここに描かれた人たちの懸命の努力が”徹底抗戦”に持ち込んでいたら
失われたかもしれない何百万人もの命を救ったのは事実です。
もっと多くのメディアがその検証をして国民に知らせるべきだと思います。
この映画は若い人にも見てほしい一作です。
d0164636_905629.jpg




鈴木首相役の山崎努と阿南大将に扮した役所広司の演技に打たれました。
役所は賞レースで必ず名前が挙がって来るでしょう。この人は何を演じても見事です。
“はずれ”がないことに驚きます。この映画に惹きこまれた理由の大半は役所の存在に
あるかもしれません。
逆に、若手将校の中心的人物だった畑中少佐役の松坂桃李、天皇陛下役の本木雅弘は
残念ながらミスキャストだった気がします。人間の奥行きが感じられませんでした。
d0164636_903379.jpg





戦争を終結に導く“ご聖断”が下された御前会議は皇居内の地下会議室で開かれました。
評論家・立花隆が文芸春秋の最新号でこう書いています。

日本という国家はあそこで完全に生まれ変わったのである。
天皇制も生まれ変わったのである。明治憲法国家はある意味
あそこで滅び、昭和憲法国家への移行があの御前会議の
ご聖断とともにはじまっている。現代日本の出発点はすべて
あの御前会議での天皇のご決断とともにある。


立花はさらに、この会議室(吹上御文庫付属室)と玉音放送を収録した宮内省政務室とを
一体型のミュージアムとして完全公開すべきだし、全体を世界遺産に申請すべきだと
書いています。

きっと難しい作業になるでしょうが、賛同します。
d0164636_8594993.jpg




ミッション・インポッシブル 85

まあまあ、面白かったです。
ドバイが主な舞台になった前作の方が少し上でしたが。
そして、本人がスタントなしで演じたと盛んに言われて
いますが、どう考えても離陸する大型輸送機にしがみつく
シーンは“おかしい”です。あり得ません。ハハハ。

もう一つ。
トム・クルーズの相手役に不満があります。
冒頭で数分だけ出たレコード店員の方がよっぽど新鮮で
魅力的でした。好み…。ハハハ。


人気ブログランキングへ
⇑ 面白かったらクリックしてください。
by toruiwa2010 | 2015-08-11 09:03 | 映画が好き | Comments(6)
Commented by もくでら at 2015-08-11 11:06 x
毎日のようにブログを読んでいますが、
コメントは久しぶりです。
「ミッションインポッシブル」
観てみようかな・・・と思っていました。
参考にします。

ところで、仕事が休みで昨日からwowowを午前中観見ることができ、
テニスのグランドスラム「名勝負」を観ることができました。
今日はチャン対エドバーグ
5時間を越す試合だったんですね。
うちは、そのころまだWOWOWに加入していませんでした。
初めて観ました。
岩佐さんの実況がまたいい!!
明日のアガシ対フェデラーも観ようかな・・・と
思っています。
Commented by toruiwa2010 at 2015-08-11 11:15
もくでらサン、こんにちは。

最近はWOWOWから何の連絡もないので
それは知りませんでした。
チャンxエドバーグ・・・懐かしいです。
全豪から始めたテニスの実況が少しずつ
様になりかけたときに5時間超の試合、
充分に楽しみました。
隣りのTBSのブースは休み休みでしたが、
坂本さんと私は席を離れることが
出来ませんでした。

アガシxフェデラーは私の最後の実況ですね。
Commented by KenKen at 2015-08-11 23:09 x
岩佐さん、こんばんは。

私も『日本のいちばん長い日』観に行って来ました。

戦後70年が過ぎ、当時を知る方々が少なくなり語られることが無くなってきている今、観るべき映画ですね。

学校では教えない、知りえないであろう、終戦までの裏側を知ることが出来ました。

良かったです。


岩佐さんの好みでは無かったようですが、本木天皇。私は、なかなか佇まいが良かったと思うのですが…
Commented by toruiwa2010 at 2015-08-12 06:50
KenKenさん、おはようございます。

あのテーマだとどうしても美化されてしまいますが、
抑制がきいていました。
ほかの登場人物はほとんど人柄を知りませんが、
昭和天皇については深く敬愛していたので本木は
違うと思いました。感じ方は人それぞれですから。
Commented by みに at 2015-08-13 09:56 x
おはようございます。
ミッション:インポッシブル の店員、確かに印象的でした。あっさり消されてしまい残念です。トム・クルーズもさすがに年取ったかな‥‥
日本のいちばん長い日、ぜひ見たいと思います。
Commented by toruiwa2010 at 2015-08-13 10:25
みにサン、こんにちは。

「日本の…」
私は「そんなにきれいごとではなかったと
思うけどなあ」と意識的に少し覚めた目で
見ましたが、それでも感動しました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。