ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

明日は8月15日~70年という時間~15/08/14

明日は8月15日。
「堪え難きを堪え、忍び難きを忍び…」。
70年前、正午から天皇陛下の“玉音”が流れた日だ。
ポツダム宣言を受諾したのは前日だし、戦艦・ミズーリで
降伏文書への調印式が行われたのは9月に入ってからだ。
d0164636_9271343.jpg








いずれにせよ、老人も若者も、日本人が忌まわしい戦争を
思い出す日として8月15日が国民の“祝日”となっている。
昭和20年代は“敗戦記念日”と言っていたように思う。
いつの間にか“終戦の日”になったが、そのことについて
明確な説明を聞いた記憶はない。

その日、私は疎開先の九州にいた。陛下の放送をナマでは
聞いていない。昭和天皇の独特なイントネーションを初めて
耳にしたのは1年後のこの日だったと思う。
そのときはすでに東京に戻っていた。終戦から1年が過ぎた
記念番組を箪笥の上のラジオで聞いたのだ。1年前までは
連日のように「大本営発表」を流していたラジオだ。

小学2年生になっていた。
戦争が終わってから1ヶ月足らずで 迎えに来た父とともに
東京の家に戻っていた。
福岡から列車に乗り、着いたのは東京駅しかないのだが、
まったく記憶がない。そこから家があった西荻窪まで省線
(現在のJR)で帰り、車窓から見たはずの焼け野原だった
街の風景についても何も覚えていない。
d0164636_9264842.jpg






さいわい、住む家はあったが、食べ物を手に入れることは
ままならず、母はリュックを背負って“買い出し”に出た。
食べ物を持っているのは農家だった。金で買うのは難しく
国民は家にある不要な品物を持参し、交換してもらった。
着物などが多く、一枚ずつ食べ物に代わっていくことを
“たけのこ生活”と称したものだ。

あれから70年が過ぎようとしている。
振り返ると“激動の時代”を生きてきた感覚がない。
“坊ちゃん刈り”だった少年は“スキンヘッド”に近い頭で
人生の最終盤を生きている。
この70年、俺は何をしてきただろう?と自問しながら。

d0164636_9273830.jpg





人気ブログランキングへ
⇑ 面白かったらクリックしてください。

登録したまま、長い間放ったらかしでした。
みなさんのご協力でランキングが上がっています。
引き続きよろしくお願いします。

by toruiwa2010 | 2015-08-14 09:32 | 岩佐徹的考察 | Comments(2)
Commented by at 2015-08-17 23:03 x
岩佐様、こんばんは。お母様の買い出しのお話は、改めてせつないですね・・。 以前のエントリーで、疎開を断念して都内に引き返され、夜道を歩かれていた岩佐様を御近所の方が泊めて下さったエピソードにも胸が締め付けられました・・。 これからも大切な事をこちらで語り継いで頂ければ幸いです。 安倍総理の談話は私も問題はないと思うんですが、今朝のTBSラジオでもかなり批判されていましたね。 リベラルな方々には安倍総理の政治姿勢や存在自体が許せない感じなのでしょうか・・。
Commented by toruiwa2010 at 2015-08-18 06:48
巽サン、おはようございます。

母については、今になって
私たちに注いでくれた愛情の
深さに気づかされて…
悔やむことが多くてつらいです。

安倍談話については、昨日のような
記事を書くことをためらわせる空気を
感じます。それはそれでよくないと
思っています。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。