ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

尿酸値・残尿感~宮沢りえと小室哲哉~15/08/18

今日の記事は少々”びろう”な話になりかねないが、
持てる”知性”でそれを阻止したいと思いつつ・・・。


尿酸値

フジテレビ日曜日深夜の「ヨルタモリ」が好調だ。
超長寿だった「笑っていいとも」を終えたタモリが
しばし休養ののちに始めたトーク番組だ。
彼のことだから“満を持して”という空気はまったく
感じられない。どこまでも軽いノリで作られている。
“遊んでいる”と言ってもいい。視聴率も好調だね。

日曜日の夜だけ開く湯島界隈のバーのカウンターには
小粋な着物姿のママ・宮沢りえを慕う常連客が集まり
とりとめない会話を楽しむ。
評判を聞きつけたセレブも顔を見せて賑やかさを増す。
客は大人が多いから、話のテーマはしばしばきわどい
方向に流れて行く。酒場の常識だ。
d0164636_941361.jpg





先日、ふらりと現れたのはイラストレーターで俳優の
リリー・フランキー…見るからにスケベな奴だ。
そこに、この店の“牢名主”的な存在、東北・岩手で
ジャズ喫茶を経営する吉原(タモリ)が現れた。

話の中で吉原の口から“尿酸値”という言葉が出た。
途端に、りえママが身をよじって恥ずかしがり始めた。
前々回ぐらいに“勢い”で10回ぐらい言ってしまった
ことを思い出したのだ。
リリーが「ママの尿酸値なら飲んでみたいな」などと
与太を飛ばすものだからママの顔がさあっと紅潮する。
尿酸値は単なる数字だから“飲む”ものじゃないのだが、
関係ない。ママが恥じらう様子、まことに色っぽい。
ハハハ。

残尿感

翌週の日曜日朝のフジテレビ「ボクらの時代」。
この日の“ボクら”は秋元康(作詞家・プロデューサー)、
小室哲哉(ミュージシャン)、浦沢直樹(漫画家)だった。

秋元が最近 自分の話に“説教感”が混じりがちなことが
気になっていると話し、「何かあるか?」と小室に振った。
「砂時計の砂が落ちていくのを見ていると…」と小室が
話し始め、“人生の残り時間”的なことを漢字三文字に
置き換えたいのだが“〇〇感”がなかなか見つからない。
d0164636_943496.jpg




切羽詰まった小室が「“残尿感”じゃないし」と言えば
「ちょっと残ってるからね。残尿感だ、それは」」と浦澤。
「すごい。小室哲哉から残尿感という言葉が出るとは」と
秋元がまぜっかえした。
若い人には伝わらないかもしれないが、実にオカシイ。

図らずも 有名芸能人から出た“尿”という音。
知らなかったが、“尸”…部首としては“しかばね”と
言うらしい。“やまいだれ”(疒)も相当ひどいと思うけど、
シカバネとはかなり衝撃的だね。
字を説明するときは“シカバネにミズ”と言うんだ。
残酷な字だなあ。

そう言えば、絶対になりたくない病気は尿路結石だ。
想像しただけでも身の毛がよだつ。ああ、いやだ。
「脳腫瘍か大腸がんと換えてやってもいい」と神さまが
言ってくれたら、ソッコウで…換えないか。

人気ブログランキングへ
⇑ 面白かったらクリックしてください。

登録したまま、長い間放ったらかしでした。
みなさんのご協力でランキングが上がっています。
引き続きよろしくお願いします。

by toruiwa2010 | 2015-08-18 09:06 | 放送全般 | Comments(4)
Commented by イレザー・シート at 2015-08-18 09:47 x
おはようございます。
尿酸値、今のところ大丈夫。
残尿感、ヒシヒシと感じる、年を取ったなと残念感。
そして尿路結石の文字を見て「あれ?」。
尿管結石の間違い?、こんな時は即調べる。
そうか尿路結石は全体で、尿管結石は一部分かと納得。
ありがとうございました。
Commented by toruiwa2010 at 2015-08-18 09:55
イレザー・シートさん、こんにちは。

尿路結石…適当に書いてしまったので
ちょっと慌てました。
間違ってなくてよかった。ハハハ。
Commented by shin555 at 2015-08-18 11:59 x
尿路結石、経験者です(>_<)
幸い破砕がうまくいったので多少軽減されたのですが・・・以下省略
二度とごめんですが、例示の選択肢もまた辛いところですね~

しかし、この話二つとも笑えますね(^-^)
Commented by toruiwa2010 at 2015-08-18 17:31
shin555さん、こんばんは。

経験者でしたか。
クセになるとも。
…と、脅してみる。ハハハ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。