ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

ああ ボルトったら、もう 自薦・厳選300?15/08/22

ボルトが失格!…~世陸が始まってある意味終わった~(2011.08.29 初出 )

世界陸上:さあ、男子100メートル決勝だ。
フライイングさえしなければボルトの金は
動かないと思うが。

d0164636_772139.jpg





昨日の午後8時46分にそうつぶやきました。
タイミングが「On your mark(位置について)」の直前でしたから、“あと出しだろう”と
言われそうですが、天地神明にかけて、“直前”でした。
そんなに自慢げに言うことでも、力むほどのことでもありませんが。ハハハ。

現在、誰が何と言おうと地上で最も速い男、ウサイン・ボルトが決勝のスタートに失敗、
フライイングで失格になりました。ええ、やっちまったのです。
とんでもなく早いタイミングでスターティング・ブロックを蹴飛ばして前に飛びだした
ボルトを見て茫然としました。盛り上がったスタジアムの空気が一気にしぼんで行くのが
手に取るように分かりましたね。
d0164636_784051.jpg






スタート前、練習仲間だという ジャマイカの後輩・ブレイクとじゃれ合っているところが
カメラにとらえられたりして、おどけるのは今に始まったことではありませんが、少し
リラックスしすぎじゃないかなあと感じました。でも、まさか…

スタートで大きく出遅れさえしないかぎり絶対勝てる、圧倒的な走力があるのですから、
あんなにあわてる必要はどこにもないはずなんですが、本人はそう思えないんでしょう。
もっと、自分を信じなさいと言ってやりたいですね。
なにしろ、レース運びとか駆け引きとかを超えた強さなんですから。

初日の予選のときにも、“一発失格”は「ボルトにだって起きる場合があるんだから」と
書きました。最近、カンは冴えてるんです。宝くじでも買うたろかしらん。ハハハ。
d0164636_79225.jpg





場内のざわめきがおさまらないまま行われたレースはブレイクの優勝に終わりました。
その走りは見事だったと思います。初めからボルトがいなければ、素晴らしいレースだと
言われたことでしょう。彼にとって大変気の毒なのは、誰の頭の中でも、この優勝には
“ボルト失格”のアスタリスク(*)がついてしまうことです。

そして、まだ大会は2日目が終わったばかりだというのに、世界陸上2011は“ウサイン・
ボルトが失格した大会”として記憶にとどまることが決まってしまいました。ちょうど、
2009ベルリンが“イシンバエワ 記録なしの大会”に終わったように。
“スポーツに筋書きなし”と言いますが、それにしてもドラマチックな瞬間でした。

早朝に女子マラソンがスタートするのをすっかり忘れてメジャー・リーグを見始めたため、
世界陸上の放送を見るのが遅れてしまいました。
当ブログの常連さんから、今回の織田裕二が「おとなしめ」だと聞き、大あわてでTBSに
チャンネルを合わせると、すでに30キロを過ぎていました。
おかげでオープニングトークを見そこないました。ハハハ。

土・日を見ましたが、確かに、過去にくらべると、織田裕二がトーンを下げてますね。
…というか、TBSの制作陣が少しやり方を変えようとしているかもしれません。
彼に自由に喋らせるのはこれまで通りですが、一方で 中井にも「遠慮しなくていいから
積極的に話をリードしてくれ」と注文をつけたのではないでしょうか。
織田は相変わらず自由に話しますが、あくまで中井のリードの中で…ということです。
d0164636_7101060.jpg






これまでは、悪気はなく無邪気なだけでしょうが、全体の主導権を取りたがっていました。
無理なんです。“時間が読めない”彼に進行役はできません。打ち合わせはしますから、
段取りは分かっていても、ライブでは何が起きるか分かりません。ハプニングがあっても
仕切れるのはアナウンサーか、頭の回転が速くアドリブがきくタレントたちしかいません。

前にもほめましたが、同じ仕事をしてきた経験から、中井にはほとほと感心します。
“進行”という本来の役割をこなしつつ、織田がやってしまうミスをフォローするために
神経を使わなくてはいけないのですから、大変な重圧があるはずです。ときには、織田の
話に“かぶせて”進行させています。「出しゃばり」と思うのは織田ファンだけでしょう。
プロから見ても腕はたしか、手際も鮮やかです。
バラエティ番組で、司会者の横にいて笑っている女性アナを馬鹿にする人も多いですが、
あれだってそんなに簡単な仕事じゃないんです。認めるべきものは認めなきゃ。ハハハ。

…この結果、これまでは織田が前面に出ていたのが、今回は中井が主導権を握っています。
この形だと、織田の“うっとうしさ”がそれほど気になりません。
はいはい。特に織田ファンじゃない視聴者にとって…という話です。ハハハ。

TBSのHPを見ると、キャスターの紹介ページはあっても、実況アナウンサーについては
今回も一言も触れられていません。猛烈に腹が立ちます。会社の財産じゃないですか。
欧米のように、スポーツの実況アナがスターになる必要はないにしても、もう少し違った
扱い方があるのではないでしょうか。バカじゃないのか、と思います。ハハハ。

その実況陣ですが、林・土井・初田・佐藤という布陣のようです。
これまではベテラン・林アナが中心でしたが、今回の彼はフィールド担当に回っています。
椎野アナがいないのも気がかりです。どうしたんでしょうか。
アナンサーの“格付け”から言えば、トラック種目を担当するアナが“エース”だろうと
思いますが、土井と初田アナになっています。途中で入れ替えがあるのかもしれませんが、
好みから言ってもこの布陣は“居心地”が悪いです。

エース格になっている土井アナのしゃべりが好きではありません。しゃべりすぎです。
それも、メリハリがないのでだらだらした感じに聞こえるのがレースを楽しむ気持ちに
水を差します。しゃべりの量が多くても中身があればいいのです。あるとは思いません。

女子1万メートル決勝の1周目で「ゆっくりと入ったのは勝負に徹するという気持ちの
表れですよね」と言いました。サッカーやボクシングのときも感じるのですが、この人は
自分の判断を解説者に押しつける傾向があります。“絶叫”が邪魔になるのは、普段から
実況に“おしつけがましい”ところがあるアナウンサーだと知るべきです。
達者なことは事実なので、“黙る勇気”にも気づいてほしいです。


人気ブログランキングへ

⇑ 面白かったらクリックしてください。

登録したまま、長い間放ったらかしでした。
みなさんのご協力でランキングが上がっています。
引き続きよろしくお願いします。

by toruiwa2010 | 2015-08-22 07:50 | 自薦・厳選300? | Comments(4)
Commented by ヱビスの黒生 at 2015-08-22 08:29 x
岩佐さん、おはようございます。

修造さんの暑さが一段落したと思ったら、今度は織田裕二ですか。暑い夏はまだまだ続きそうですね。

バレーボールはワールドカップが始まります。
こちらも暑そうですね。
Commented by toruiwa2010 at 2015-08-22 08:45
ヱビスの黒生さん、おはようございます。

気合が入って放送席に座るとどうしても
騒がしくなってしまうのです。ハハハ。
Commented by 梶田哲二 at 2015-08-22 11:08 x
岩佐さん、おはようございます。

織田裕二さんは、テニス好きです。WOWOWがまさかゲストに呼んだりしたらどうしよう?と世界陸上見るたびに不安になります(笑)


毎回毎回思うんですが、織田さんは普段からも陸上競技を見ているんでしょうか?司会を見てると、そん時だけ勉強してるとしか思えません。
Commented by toruiwa2010 at 2015-08-22 11:58
梶田哲二サン、こんにちは。

実際に足を運んでみるのは
このときだけかもしれませんが、
さすがにビデをは見ているでしょう。
TBSが資料として集めているはずの
GPなど・・・
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。