ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

暑い夏が終わったぜ 自薦・厳選300?15/08/23

競技、実況 そして司会~2011世界陸上終わる~ ( 2011.09.05 初出 )

ボルトの100メートル決勝でのフライング失格は衝撃でした。
この大会を記憶するとき、誰の頭にもこのことが深く刻まれたはずです。
圧巻の走り、あわよくば、世界新記録で全体の視聴率を底上げしたいと目論んでいたに
違いないTBSは完全にあてがはずれました。気の毒に。
デイリー・プログラムの表紙に写真が使われると勝てないというジンクスが伝えられて
いましたが、私たちもグランド・スラムなど、ビッグ・イベントで何度も経験しました。
番組でオープニング・タイトルを作るとき、有力選手の映像を使いますが、優勝候補の
筆頭が、直前で棄権したりしたときのスタッフの落胆ぶりは直視できません。
そういえば、今大会のイシンバエワは寝ているところしか見ていません。ハハハ。
d0164636_838574.jpg





ボルトが気を取り直し、200で圧巻の走りを見せてくれて本当によかったですね。
素晴らしいアスリートはほかにも大勢いますが、2010年を挟んだここ数年の世界陸上や
オリンピックは彼が本来の姿でないと華やかさを欠くことになります。1980~90年代の
カール・ルイスがそうだったように。

こまかい情報を持っていないので、イシンバエワに何があったのかは知りません。
陸上競技は投てき種目や棒高跳びなどを除くと、自分の肉体だけで勝負する、きわめて
原始的な競技です。それだけに、長い期間活躍するためには、けがや病気を避けなければ
なりません。ボルトがルイスやブブカの域に達するには厳しい節制が求められます。
それから、スタートの練習もしなきゃね。ハハハ。
d0164636_8384486.jpg






“まぶしすぎる”美貌にビックリしたロシアのクリシナ(幅跳び)だけでなく、いかにも
体脂肪の少なそうなプロポーションでトラックを走り、フィールドに躍る女子選手たちの
アスリートらしい美しさに目を奪われました。
男子の方も、鍛えられた筋肉が作るフォルムが素晴らしいと思いました。特に、ボルトの
ダイナミックなランニング・フォームにはほれぼれします。

ボルトの失格と並んで強く印象に残るのはハンマー投げで優勝した室伏です。
6投すべてが今シーズンの自己ベストを上回る堂々たる金メダルでした。
胸を打たれたのは祝福する競技仲間の態度です。
“リスペクト”が見えました。競技者として人間として、室伏がどう見られているかが
よく分かる光景でした。
d0164636_8382756.jpg





TBSの実況陣…かつては、他局の同業者も一目置く先輩が大勢いたのですが、正直言って、
今の状況は伝統が泣きます。
本来ならば、実績もキャリアも十分の林正浩アナが連日全体を見渡しつつ、トラックを
担当しなくてはいけないのですが、今回の布陣はそうではありませんでした。
ボクシングやサッカーを実況する土井アナがエース、初田アナが準エース、その“下”に
林(最終日はメイン)、椎野両ベテランと佐藤、伊藤両アナ…という扱いに見えました。

制作陣がどう評価するのか分かりませんが、私にはこれでよかったとは思いません。
生理的に土井アナのしゃべりが苦手なのが大きな理由でしょうか。
サッカーやボクシングのように常に動きがある種目はなんとか我慢できるものの、陸上は
フリー・トークの時間帯もあるだけに メリハリのない、それでいて饒舌な“しゃべり”は
聞いていてつらいものがあります。

初田アナはもう中堅ですが、実況の安定感は“微妙”です。
男子200メートル決勝では、スタートからフィニッシュまでボルト以外のことをほとんど
しゃべっていません。
「アメリカは一人しか残っていない。メダルが取れなかったら大変なこと」と、解説者が
スタート前に話していたのに、2着に入ったディックスの名前は出たのか出なかったのか
分からないほどだったし、唯一の“白人”、ルメートルも190メートルぐらいまで呼んで
もらえませんでした。土井“先輩”よりは聞きやすいのですが、まだ早い気がします。

ひどかったのは、担当アナの名前は分かりませんが、女子1500メートル決勝でした。
初めから少々あやしかったのですが、終盤、選手の転倒があったことで動揺したようです。
第4コーナーを回っても7人が集団のまま 残り100メートルの勝負になったこのレースは
後方から猛烈に追い上げたアメリカのシンプソンが大逆転で優勝をさらいました。
d0164636_838354.jpg





3-4コーナーの中間あたりでエチオピアの選手の名前が出てきませんでした。解説の増田が
助けてくれましたが、このとき自分の資料に目を落とした可能性があります。レースに
戻ったときには、もう、スペインのロドリゲスの名前しか出てきませんでした。
増田が「アメリカが来てます」と口をはさむと「ユスニーが来ている!」と叫びました。
別のアメリカ選手の名前です。

シンプソンがゴールしたときの実況は「1着フィニッシュ、金メダル!」でした。
そこで、チャンネルを変えた人はユスニーが優勝したと思ったでしょう。

ウィナーの名前がアナウンサーから告げられたのはゴールから18秒後のことです。 
スタートからゴールまで、シンプソンの名前は一度も出ていませんでした。
直線に入ったあたりから頭の中が真っ白になって行く様子が手に取るように分かりました。
経験を踏まえて書くなら、相当なトラウマになると思います。

ほかにも、いろいろあります。
福島が走った女子100準決勝のあと、彼女について「40~50Mまでは世界に通用する…」と
解説の朝原に振ったアナウンサーは「30Mまではね」とやんわり否定されていました。

女子200メートル準決勝を担当したアナ。
「(フェリックスとキャンベルが)並んでる。並んでる」と実況していました。
…実際はコーナーを出る前からキャンベルが先行していました。
「並んでる」と言ったときには明らかにキャンベルが前に出ていました。
200に限らず、カーブを走る種目を担当するのなら、ワールド・クラスのレース(VTR)を
飽きるほど見て、距離感を掴んでおかなければダメでしょう。担当させた制作者の判断も
甘いと言わざるを得ません。

女子ハンマー投げ予選の林アナ:いきなり飛び出した張文秀(中国)の大投てきに、思わず
「大きい、大きい…入ったあ!」と実況してしまいました。気持ちはわかります。
やっちゃいましたねえ。ほかの言葉が見つかる前に野球アナが何百回となく口にしている
ホームランのときのフレーズが勝手に飛び出してしまったのでしょう。最後は、自分でも
苦笑している雰囲気が感じ取れました。
d0164636_8373815.jpg






女子やり投げ決勝は抜かれたらすぐ抜き返す、すごい試合になりました。
ただし、声をからした実況は果たして視聴者の興奮とシンクロしているのか、と思います。
そして、頼むから感動を横取りしないでほしい、と思います。白けるだけです。

最後の男子4x100リレーが終わったあとの放送席にもクレームをつけたいです。
第4レーン アメリカの第3走者の胸に第3レーン イギリスのアンカーの右腕が当たって
アメリカ選手がバランスを崩して転倒し、さらに、第5レーン トリニダード・トバゴも
巻き込んだ事実に全く触れませんでした。
彼らが、画面に出るビデオに目もくれずにやっていたのは“日本チームも頑張った”的な
大会回顧でした。
d0164636_8371871.jpg









放送の最終場面でしたから、やるべきことがたくさんあったことは分かります。しかし、
レースの結果は動かないにしても、何が起こったかについての説明を無視したのは大きな
ミステークだったと思うのは私だけでしょうか。

司会席は開幕から閉幕まで“おとなしめ”でしたね。
“織田アレルギー”の私もこれなら我慢できます。いなくなれば、最高ですが。ハハハ。
なぜか。ファンならカッコイイと思うのでしょうし、スターとはそういうものでしょうが、
自分の一挙一動を日本中が注目している、と言わんばかりの言動がいちいちうざいんです。
…ああ、やめとこうと思っていたのに言っちゃいました。
d0164636_837160.jpg






・フェリックスのリアクション・タイムがボルトと全く同じだと告げたときのドヤ顔…
それほどのものじゃないだろうにと思います。ハハハ。
・「フン、フン、フン。サニヤもいますね」と男子200決勝(?)を見守っている女子選手の
グループを見て「俺には分かるよ」というセリフ…脚本家を呼んで来い!
・「(フェリックスは)明日の4K(100x4リレー)にも出ると、お父さんが言ってましたよ」と
得意気に報告していました。君が聞いて、君に答えたわけじゃないだろうに!

…まあ、アレルギーとはそういうものですから。ハハハ。
世界陸上のロゴみたいなものだった織田裕二のハイテンションが影をひそめました。
TBS内で「…ていうことは、いなくてもいいんじゃねえの」とはならないのか。
どう少なく見積もっても、億を超えるに違いないギャラだって浮くんだぜ。1億あれば、
アナウンサーの数も増やせるし、技術さんだって投入したい機材があると思うけどなあ。
ここは考えどころじゃないのか、TBS。ハハハ。

世界陸上が終わりました。
ボルトをアンカーとするジャマイカが今大会唯一の世界記録を樹立して…。
いつもの男子4x400リレーではなく4x100リレーを最終種目にした理由は知りませんが、
世界陸連の関係者もTBSも…織田君も大喜びでしょう。
問題はいろいろあったけど、よかったね!と言っておきます。ハハハ。

人気ブログランキングへ

⇑ 面白かったらクリックしてください。

登録したまま、長い間放ったらかしでした。
みなさんのご協力でランキングが上がっています。
引き続きよろしくお願いします。

by toruiwa2010 | 2015-08-23 09:24 | 自薦・厳選300? | Comments(1)
Commented by 梶田哲二 at 2015-08-23 23:17 x
岩佐さん、こんばんは。


昨日に引き続き織田裕二ネタですが、TBSは世界陸上の毎分視聴率はスタジオ!?に戻った時、どれくらい下がってるんでしょうか?(笑)一般市民の私が気にするのは、おかしいと思いますが。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。