ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

全米オープン近づく 自薦・厳選300? 15/08/29

92 US Open…そして、9月2日 ( 2010.09.02 初出 )

9月2日…
1992年を思いだします。この年の3日目は現地の9月2日でした。
ナイト・セッションに登場したのは人気者、ジミー・コナーズです。特に、前の年には
39歳で準決勝まで勝ち進んでいるだけにスタンドは試合の間中湧いていました。
はるかに格下のブラジルの選手を簡単に下したとき、コート上に大きなバースデー・
ケーキが運び込まれました。そう、この日は彼の誕生日だったのです。
d0164636_753243.jpg








“♪♪ Happy birthday dear Jimmy”…総立ちの観客による大合唱が終わり、ローソクの
炎を吹き消したコナーズはマイクを手にこう話しかけました。
「僕の40回目の誕生日に来てくれてありがとう、みんなの応援で勝つことができたよ。
じゃあ、次は金曜日の夜に会おう!」

確かに、日程は1日おきにプレーするわけですから、次は5日目の金曜日でしょうが、
勝手にナイト・セッションに自分のスケジュールを組んでしまう図々しさ。ハハハ。
でも、憎めない、見ていて楽しい男でした。相手にする選手は大変ですがね。

ちなみに、全米の放送席は高所恐怖症の人には“あり得ない”高さにありました。
51歳の柳さん…お若いです。53歳の私も同じように若く、なぜか五木ひろしのような
マイクの持ち方。ハハハ。
d0164636_7532650.jpg








WOWOWはこの年初めて全米の中継をしたのですが、ほかにもいろいろ思い出があります。

実況人生で最も長い試合を経験したのもこの大会でした。
男子準決勝、ステファン・エドバーグvsマイケル・チャンです。
実に5時間26分かかりました!
「彼とやるときはボールが2度弾むまで安心できないんだ」と試合のあと、エドバーグは
ため息をつきました。チャン特有のねばり強いテニスにホトホト参ったのでしょう。

隣のブースはTBSでした。平井健一・多田護アナのコンビでしたが、収録だったために
ずっと実況していたわけではありません。食事はもちろん、水を飲むこともなく、ずっと、
しゃべりっぱなしの私たちを覗き込んで、ひょうきん者の平井さんがサンドウィッチを
“見せびらかし”ながら食べていたことを思い出します。ハハハ。

エドバーグはこの大会4回戦から準決勝までの3試合、すべて、第5セット・ブレーク,
Soremoミニブレーク・ダウンからの逆転勝ち、苦労の末の決勝進出でした。
d0164636_754287.jpg








4R Edberg d.Krajicek 64 67 63 36 64
QF Edberg d.Lendl 63 63 36 57 76
SF Edberg d.Chang 67 75 76 57 64


決勝ではサンプラスを下して2連覇を果たしています。

Edberg d.Sampras 36 64 76 62

だいぶ時間がたってからですが、サンプラスは「もし、負けてよかったと思える試合が
あるとすればあれだろうね」と話しています。
負けることの悔しさを初めて知り、以後、グランド・スラムに臨む心構えがすっかり
変わったのだそうです。

第2セット以降は見ていませんが、ガバシビリを下して勝ち進んだようですね。
1-2セットがTB、エラーの多さなど気になるところもないではありませんが、
1回戦ですからこんなものでしょう。

昨日のナダルの試合について、こう書きましたが、実際はどうだったのでしょうかね。

今朝の朝日はこう記述しています。

苦手のハードコートとはいえ、ここまで苦しむとは想像できなかっただろう。
「現役最強」と称されるナダルにとって、初の全米優勝を目指した初戦。
対戦相手は、世界ランキング93位だった。しかし、捨て身で向ってくる格下に、
次々と効果的なショットを打ち込まれた。超人的なフットワークで球を拾って
持ちこたえたが、第1,2セットはタイブレークまでもつれ込み、第3セットは
3ゲームを奪われた。(以下 略)


グランド・スラムの1回戦はどんな選手も難しいと多くの選手が言う。
ガバシビリは去年、世界ランク50番台まで上がった実績がある選手だ。
男子の場合、100位以内だったら、トップ・ランクの選手に勝っても
おかしくないと言われるほど、力の差はきわめて微妙だ。
最後の“3ゲームを奪われた”は不可解としか言いようがない。
サービスゲームは交互に行うことを忘れているのではないか。

…記事を読んだ私の感想です。
データを見ると、与えたブレーク・ポイントは一つだけ、最速210キロをマークした
サーブに関する数字はすべて平均以上だし、ネットにも出ています。2回戦以降に向けて、
悪い材料は何一つないと思います。

まあ、2回戦を見ればわかりますがね。ハハハ。

*えへん。ナダルはこの年(2010年) 、全米で初優勝し、
Career Grand Slam(生涯グランドスラム)を達成しました。

リンゴ?

マンションの一角で発見。
妻に言われなければ分からなかったでしょうが、
椿の実…なんです!

d0164636_755592.jpg






人気ブログランキングへ

⇑ 面白かったらクリックしてください。
by toruiwa2010 | 2015-08-29 08:25 | 自薦・厳選300? | Comments(2)
Commented by 花みさき at 2015-08-29 12:22 x
岩佐さん、こんにちは。
コナーズは、ブシャールのコーチになるみたいですね。
2010年は、ナダルにとっては忘れられない年でしたね。
初来日して、私にとっても忘れられない年になりました。
Commented by toruiwa2010 at 2015-08-29 13:14
花みさきサン、こんにちは。

コナーズはモチベーションを上げさせるのは
うまいようですから楽しみですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。