ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

ツキ、あるのかないのか?~直った、戻った、なくした~15/09/10

ここ40年ほど、紙に何かを書くときの筆記用具はボールペン、それもダンヒルの
ボールペンと決めています。
d0164636_916417.jpg











1970年代の半ば、フジテレビで「3時のあなた」という番組のアシスタントをして
いました。メインの司会者は引退していた女優の富司純子( 藤純子 )さんでした。
映画・緋牡丹博徒シリーズのお竜として爆発的な人気を持っていた大女優です。

ある年の暮れ、“お世話になった”お礼だと、スタッフにプレゼントがありました。
箱を開けてみると見事なシルバーのボールペンでした。ダンヒルでした。
見るからに高級品でしたが、華美ではなく品がありました。なにより、永く使っても
インク玉ができないのが気に入りました。それ以来、何代にもわたってダンヒルを
使っています。

先月末、10年ほど前に購入して愛用していた何代目かのペンを机から落としました。
すぐに拾い上げて机に戻しましたが、いざ使おうとすると、芯がうまく出ません。
何度やってもダメでした。部品が一つどこかに飛んでしまったようです。家の中の
どこかにあるはずですが、どう探しても見つからず、修理に出すことにしました。
もう、たいしたものを書くわけではありませんし、安くて質のいいものがあることも
知っていますが、愛着があるのです。
d0164636_9163471.jpg





思い出したのは、テレビ東京「カンブリア宮殿」が銀座の有名な文具店・ITOYAを
取り上げたときにペン類の修理の名人として紹介しされていた社員のことです。
さっそく出かけました。
受付で“キョヒられ”ました。
ダンヒルとは取引きがないので…と。

通りをはさんだ向かい側にダンヒルのショップがあったので行ってみました。
“本家”ですから、さすがに受け付けてくれました。

10日後、ペンが戻ってきました。新しい部品が、欠けていたところに 元からそこに
いたような顔でおさまっていました。書き心地もまったく以前と同じです。
この日、映画を見に行く予定でした。往復と上映までの時間をつぶすために本を一冊
持っていくことにしていました。印をつけるボールペンと一緒に。
せっかく、ベストフレンドのペンが戻ってきたのだからそれを持っていこうかな…と
一瞬 思ったのですが、何かを書くわけじゃないからと、思いとどまりました。
同じダンヒルですが、“愛着度”の点では少し劣るペンを持参しました。
d0164636_9164834.jpg







渋谷で降りるとき、ペンを本に挟みました。鋭くはなくても先がとがっているものを
ポケットに入れるのは嫌だったからです。本体を中に入れ、表紙をふくむ数ページを
挟んだクリップの部分を外に出しました。背表紙とは反対側を持って歩くのですから
ペンを落とすことはありません。…ないはずでした。

しかし、乗り換えたJRで本を開いたとき、ペンはどこかに消えていました。
歩いている間に落としたのです。コンコースに落としたのだから音がしたはずですが、
まったく気づきませんでした。

真っ先に、よくぞ、“お気に入り”を持たなかったなあ、と思いました。
高い修理代を払って直したほど気に入っていた“アレ”を失くしていたら、今もなお
かなり激しく落ち込んでいるに違いありません。

帰りに渋谷駅(井の頭線)で尋ねてみましたが、「筆記具の落し物はありません」でした。
あきらめるしかありません。ついてないわ。

渋谷を出るときは土砂降りでした。予報では雨が降り出すのは夕方遅くのはずなのに。
いつもは少しでも怪しいと傘を持つのに その日は「そんな時間にはならないから」と
持たずに出たらこれです。とことん、ツキのない日だったのでしょう。
地元駅に降りたらビニール傘を買わなければ…と覚悟を決めました。

ところが、降りる駅に電車がが近づくにつれて明るくなってくるではありませんか。
結局、傘は買わないですみました。きわどいところでツキに救われたのです。

この日のツキについてのプラスマイナスは“ちゃら”?
いや、修理代はそれなりのブランドの新品が買えそうなほど高かったからなあ。
どっちにしても、このペンは、以後 絶対に持ち出さないぞと、心に誓いました。

人気ブログランキングへ

⇑ 面白かったらクリックしてください。

by toruiwa2010 | 2015-09-10 09:18 | 岩佐徹的考察 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。