ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

おめでとう、JAPAN!! ~南アに劇的勝利~15/09/20

d0164636_893819.jpg









誰にも書けないシナリオでJAPANが世界3位を破った!
サッカーでブラジル、スペイン、アルゼンチン、ドイツ・・・に
勝つようなもんだろう。快挙と言っていい。
おめでとう、エディJAPAN!!


ラグビーの実況は経験したことがないし、仕事を目的として取材をしたこともないが、
昔から好きな競技で秩父宮ラグビー場や国立競技場にしばしば出かけた。
楕円球をめぐって15人ずつの大男たちがぶつかり合うのを見るのは楽しいものだ。
日本でもトップクラスの試合はスター選手がいて、見せ場も多く、見ごたえがあるが、
世界のレベルとくらべれば、体格で劣る日本はかなり見劣りがする。来日した強豪や
ワールドカップ本大会での記録的大敗の数字を見れば明らかだ。

・・・“明らか”だったのは少し前までの話だった。
残念だけど、1勝できるかどうかじゃないのか? ほんの1ヶ月ほど前までそう思っていた。
9日の記事「ラグビーのワールドカップ~生島氏との会食~」に書いた通り、若い友人が
まとめた新刊本“コーチングとは「信じること」”を読んで、少し気が変わっていた。
JAPANのヘッドコーチ(HC)であるエディー・ジョーンズの考え方や、チームがこの4年間、
どんな準備をしてきたかを知ったからだ。

それでもまだ、午前0時45分のキックオフを待っているときは「南アフリカは世界3位だ、
勝てるわけないさ」と思っていた。

前後半80分、JAPANは“美しい”ラグビーで南アを苦しめた。焦らせた。そして倒した。
“コーチングとは…”の中に「ワールドカップでは日本のスタイル、ジャパン・ウェイを
世界に示して驚かせなければいけません」というジョーンズの言葉が紹介されているが、
試合開始の瞬間からJapanのラグビーは まさに世界をあっと言わせたのではないか?

体格的に劣るスクラムでも押し負けず、素早い球出しから短く速いパスを的確につなぎ、
キックを交えて敵陣内に攻め込んでいく様子にワクワクした。
「結構やるじゃないか」が「少し、慌てさせてやれ」になり、終盤が近づくころには
「もしかして…?」に変わっていた。

南アの得点シーンを見ると、その攻撃の迫力はさすがだった。途中、逆転された場面では、
力vs力になると厳しい、体力を消耗するにつれてひどく やられそうだなと思った。
しかし、JAPANの選手たちは終始落ち着いていたし、私などには分からない理由で自信を
持っているように見えた。

何度かリードされたが、大きな差にはならない。
地力の差や圧倒的な体力でそのうちに…と思っていたに違いない南アだったが、途中から
その余裕はどこかに飛んでいた。少なくとも、この試合に関しては、グラウンドにいる
両国のフィフティーンは五分の闘いをしていた。

29-29で残り時間10分というしびれるような展開が続く中、心配されたJAPANの体力は
最後まで落ちなかった。HCは「そういう準備をしていたのさ」と言うだろうね。

このあと、南アが日本陣深いところで得たペナルティでキックを選んだのは意外だった。
世界のラグビーではそれが常識なのかもしれないが、私は その時点でトライを奪われたら
追いつく力は残っていないと見ていたので「助かった。PGならチャンスはある」と思った。

逆にJAPANは、残り時間がほとんどなくなる中で、同じように選択を迫られたときに
同点とするキックではなく、スクラムを選んだ。逆転狙いだ。
結果として、美しいとさえ見えた19回の連続攻撃のあと、魂のこもったアタックで
感動的な大逆転のトライを生んだ。
この自信に驚くし、ためらわずにスクラムを選択した彼らの判断を称えたい。

そして、最後の10分のデータを見て驚く。
通算の数字とくらべると、勝敗を分けた10分間、JAPANがこれほど世界の第3位を
圧倒していたんだと分かる。

試合全体のテリトリー(地域支配率):南アフリカ 58-42% 日本
終盤10分:                      〃   4-96%  〃

試合全体のボール支配率:            〃   55-45% 〃
終盤10分:                      〃    9-91% 〃


世界のラグビーに衝撃が走ったと思う。
しかし、大会は始まったばかりだ。選手たちはすでに次の試合への準備に入っている。
現金なファンで申し訳ないが、スコットランド戦(23日夜)が待ち遠しい。

人気ブログランキングへ

⇑ 面白かったらクリックしてください。

by toruiwa2010 | 2015-09-20 08:10 | スポーツ全般 | Comments(12)
Commented by モリパー at 2015-09-20 08:30 x
おはようございます。
凄いものを観られた興奮で寝付けませんでした。
史上最大の番狂わせじゃないでしょうか?
番狂わせが起きにくいラグビーという競技で、w杯最高勝率の南アフリカと最低勝率の日本。しかも劇的な勝ち方。涙が止まりませんでした。最後のトライの後、NHKの豊原アナは暫く無言にしていましたが、映像だけにしたことで快挙を雄弁に物語っていたように思います。そしてその後の一声が涙ぐんでました。最近ラグビーのネガティブニュースが多かったので嬉しさ倍増です。勇気と努力を観ました。
Commented by マオパパ at 2015-09-20 09:16 x
岩佐さん、おはようございます。最高の朝です。もちろん眠いですが。私はJスポーツで観戦していましたが、後半は泣きながらの観戦でした。こんなことってあるんですね。まさしくジャイアントキリングてす。まだ興奮しています。この調子でスコットランドも撃破しましょう。甘くないのは承知してますが、今日くらいは良いですよね。
Commented by toruiwa2010 at 2015-09-20 09:27
モリパーさん、こんにちは。

興奮しましたね。
凄い試合をしたものです。
外国に大敗したころから強くなる過程を
見守ってきた人たちの喜びはきっと
私などの比ではないと思います。
Commented by toruiwa2010 at 2015-09-20 09:28
マオパパさん、こんにちは。

JAPANのメンバーの喜びは
ファンのそれに比べると
はるかに控えめだったような…
Commented by デルボンバー at 2015-09-20 12:27 x
掛け値なしのアップセットでしたね。試合後の選手達の反応は頼もしく思いました。このくらいでお腹いっぱいになっていたら、グループリーグ突破は望めないでしょうから。
Commented by toruiwa2010 at 2015-09-20 13:16
デルボンバーさん、こんにちは。

球技の国際試合でこれほど痛快な試合は
最近、ほとんどありませんね。
Commented by Haru at 2015-09-20 16:48 x
岩佐さん、こんにちは。

生中継は最初のペナルティゴールで興奮して、力尽きて寝てしまいました。まさかこんな結果が待ってるとは!
再放送でも大興奮です。
これだからスポーツは面白いんですよね。
おすすめの生島さんの本、とても読みたくなりました。
Commented by toruiwa2010 at 2015-09-20 18:00
Haruさん、こんばんは。

なんど見ても最後の10分は凄い。
Commented by at 2015-09-21 00:49 x
岩佐さん、こんばんは。

久々に痛快な逆転劇、下克上、ジャイキリ…もう何とでも呼べ、叫べの1日でしたw
ラストプレイの選択がキックではなくスクラム!勝ちにきたか?!あの南アに!
その瞬間鳥肌が立ちそして歓喜!とっておきのワインを思わず開けましたw

まだ第1戦が終わっただけですが、会場やYOUTUBEに上がっている“ジャパンコール”に
判官びいきだとしても、一緒に喜びたい気持ちになった1日でした。
まさに歴史を作った日でしたね。


Commented by toruiwa2010 at 2015-09-21 08:17
赤サン、おはようございます。

すべてが最後の10分に凝縮されていた
気がします。素晴らしい勝利でした。
Commented by ヱビスの黒生 at 2015-09-23 11:10 x
岩佐さん、おはようございます。

いよいよ今夜スコットランドと対戦ですね。
全力を出し切って勝ってほしいと思います。
Commented by toruiwa2010 at 2015-09-23 13:06
ヱビスの黒生サン、こんにちは。

世界3位の南アにあれだけの勝ち方をして
世界中をあっと言わせたあとですからね。
でも、中3日だし、厳しそうですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。