ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

イチロー:是々非々 5 自薦・厳選300? 15/09/23

地元紙にも厳しい記事が…
~イチロー叩きが始まっている?~ ( 2012.06.25 初出 )

06/20のツイート

スポニチアネックスに”イチロー 不調で強制休養
「必要とされてなんぼ」“の見出し。アホ抜かせ。
オケージョナル・レストであって、強制休養なんて
ものではないのだ。確かに、これまで少なかったが、
それは、イチローが嫌っていて監督が押し切られて
いただけだ。

休養明け直後の試合で5打数4安打をマークし、一気にメジャー通算2500安打を
達成したあともイチローはよく打っています。休養後の4試合は19-10です。
昨日の試合ではフォアボールを選んでいました。

06/24のツイート

「事件」だ。イチローがフォアボールを選んだ。
敬遠ではないフォアボールはトップに戻ってから初めて、
3番時代の5月7日以来41試合ぶりだ。
見事な記録だが、誰も言わない。
2盗に成功し、続いて狙った3盗は失敗した。
ノーアウトで!
それについても誰も言わない。

d0164636_7132969.jpg






5-1とリードした7回表の攻撃でした。常に距離を置いて見ているからでしょうか、
私の目には「勝手に野球をやっている」と映りました。私だけならいいです。
首脳陣にも「走ってほしいときに走らず、走らなくていいときに走る」と見えたら
ますます、ヤバイことになるんじゃないでしょうか。
ファンならいいことだけを言っていればいいと思います。
メディアや評論家は本当の姿を伝え、言うべきことを言わなければいけません。
私は、メディアでも評論家でもないので好きなことを好きなように書いていますが。
ハハハ。

アメリカのスポーツ・メディアは厳しいです。特に高給取りには。まして、最近の
経済誌「フォーブス」によれば世界39位だと分かったイチローには…。
ウエッジ監督からオケージョナル・レストを与えられた翌日、19日付のシアトルの
地元紙、2紙にそろって似た論調の記事が出ました。
“事情通”に聞くと、レベルの高い記者ではないようですが、気になります。
d0164636_7135010.jpg

イチローをどうする?(Seattle Post)

マリナーズは将来を目指して試合をしている。次に優勝を争うチームになったとき、
しかるべき役割を担ってくれると思える若手を見つけようとしている。30歳以下で
穴を埋められそうな選手が何人かいるのだから、球団はシーズン最後の3ヶ月間、
イチローをどう起用するかを決めるべきだ。
7月のどこかで、残りの2ヶ月間、彼にどれぐらいプレーさせるか決めなければ
ならないだろう。

イチローは“10&5”の権利を持っているから同意なしにトレードはできない。
同意があっても“オーナー”がウンと言わなければGMは実行に移せないと思うが。
関係者と話し合いを始めるのがいいのではないか。
マリナーズでパートタイマーになることを避け、シーズンの終わりを優勝争いする
チームでプレーしたいと彼が言えば、それは誰にとってもいい結論だろう。
もはや、イチローは“everyday player”(常時出場する選手)ではない。少なくとも
マリナーズでは。

カープのケガで時間的余裕はできたから、球団は今すぐ、あるいは今月中に決断を
下さなくてもいい。ただし、トレードのデッドラインがあるし、カープが戻ったとき、
外野手/DHの数が過剰になるから、それほどの時間はない。イチローがトレードを
受け入れるかどうかの感触を今探っておく必要がある。もし、Noなら、輝かしい
実績を持つ彼の終わりにふさわしいプランを考えなければいけない。

10&5
現在のチームに5年以上在籍し、メジャーで10年以上の
経験を持つ選手は同意なしでトレードできない

d0164636_7144599.jpg


再建中のチームの中でイチローも同等に扱われるべきときが来た(Seattle Times)

イチローが先発を外れた日、代わってライトに入ったキャスパー・ウエルズは
ランナーを1塁において2ベースヒットを放ち打点を挙げた。前任者が久しく
やれなかったことだ。
1試合では何も言えない。ただし、球団はウエルズに何ができるかを証明させる
チャンスをもう少し与えるべきだろう。イチローを週に2試合休ませてライトに
ウエルズを起用する手もある。

ウエッジ監督であれ誰であれ、野球にかかわっている者なら、シーズンを通して
得点圏打率が2割8分2厘の選手をトップに据えることが勝ち星を増やすとは
考えないものだ。勝ちたいのなら、今すぐにイチローの打順を7番以下に下げ、
毎日プレーさせることをやめるべきだ。
レギュラーのライトを見つけなければいけないが、もうイチローが該当しないのは
明らかではないか。
パワーもなく、この1年半の出塁率が3割前後のイチローの契約を延長するのなら、
この再建の本質とは何なのか?
d0164636_715423.jpg





イチローは今夜にも2500安打を打つだろう。メジャーでの出発が遅かったことを
考えればすごいことだが、誰もその話はしないだろう。マリナーズに責任がある。
勝つためのあらゆる努力をしているし、選手の育成だってやっているとかたくなに
言い張るからだ。

目の前で起きていることに目をつぶって同じことをしていたら、ひどいことになる。
イチローをほかの選手と同じように扱うようにしようじゃないか。

…かなり手厳しいです。2人の記者はイチローの実績を認めた上で書いていますが、
厳しいと思える部分だけを抜き書きしていることと、私の英語力をお忘れなく。

明らかなことが2点あります。

イチローの衰えは隠しようがないこと。
マリナーズはすでに将来に向けて再建を始めていること。

ひたすら彼を応援するファンたちは、ネガティブな話はそれこそ目・耳をふさいで
やり過ごすのでしょう。しかし、どんな選手にも“終わり”のときは来るのです。
メディアが伝えることだけを信じていると、やがて否応なしに訪れる“現実”に
戸惑うことになります。心の準備はしておいた方が…。ハハハ。

休養直後の試合で4安打し、2500安打も達成したあと、アメリカ人記者の問いに
こう答えています。
「僕に対しては批判もあったが、おかげで僕のハートは燃えさかり、今の僕がある」。
彼が言う批判とは、最近の不振に関するものだけではないのだそうです。

“ほかの選手のように批判を聞かないという方法もあるじゃないか”と聞かれると、
「それが僕のやり方だ」と答え、「野球がエンタテインメントだという人もいるが、
ならば僕は一段上のレベルにしたいんだ。単なるエンタテインメント以上のものが
あると思ってるし」と話しています。

野球に対するアプローチや考え方が伝わります。
一流のアスリートたちには共通していることですが、クールに見えるイチローにも
“意地”に支えられている部分があるようです。
しばらくは意地と年齢からくる衰えとの“せめぎ合い”が続くのでしょう。
マリナーズの球団事情も絡んで、オールスター前後には結論が出そうな気がします。

私の“結論”は彼が10年連続200安打を達成した2010年オフから不変です。
悪いことは言わない。最下位が常連のチームで“パートタイマー”になる屈辱を
味わう前に、優勝争いができるチームに移ってプレーすることを勧めます。
来シーズンなどと言わず、今シーズン途中からでもいいから。

人気ブログランキングへ

⇑ 面白かったらクリックしてください。

by toruiwa2010 | 2015-09-23 08:57 | 自薦・厳選300? | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。