ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

「花咲舞…」の独壇場!~7月期ドラマ:総括~15/09/25

7月期ドラマがほぼ終了しました。
おそらく、誰もが予想したと思いますが、「花咲舞が黙っていない」の独走でした。
ざっと振り返り、恒例なので私なりの点数をつけておきます。
(視聴率は月曜日放送分まで)
d0164636_9124068.jpg











80 恋仲 フジテレビ

互いに気持ちを打ち明けないまま離れ離れになった高校の同級生、葵(福士蒼汰)とあかり
(本田翼)が7年後に再会します。しかし、このとき、あかりには恋人がいました。二人の
共通の親友だった蒼井翔太(野村周平)です。

最近珍しい純愛ものだし、若い人には人気のある俳優をそろえたのに月9開始以来最低の
数字でスタートしました。始まる前からネットでは本田にいろいろ言われていました。
はじめ、私には“ダメ”だと思えませんでしたが、最後まで見た感想は…たしかに演技が
一本調子で微妙、です。福士も似たようなものなので全体として物語が薄っぺらになって
しまった印象があります。

それでも、中間展望に“何回目かに2ケタを記録するのではないか”と書いたとおり、
第3話で二ケタに乗せ、平均でも10%台をキープしました。
ただし、わけのわからない最終回の思わせぶりな“生放送”は何?

“10%越えなかったら、10月期からドラマの展望をやめます。きりっ”とも書きましたが、
やめないですむことになりました。ハハハ。
d0164636_913233.jpg






75 ホテルコンシェルジュ TBS

我慢できたのは3話まででした。
認知症が始まっているおばあちゃんを想う孫娘の熱意にほだされ、宿泊中の歌舞伎俳優が
ホテルのホールで一幕演じる…という回でした。目くじら立てても仕方がありませんが、
脚本に無理がありすぎじゃないでしょうか。
2ケタには届きませんでしたが、見なくなったあともっと下がるだろうと思っていただけに
“健闘”の部類でしょう。
d0164636_9135923.jpg






85 花咲舞が黙ってない 日テレ

見たあとの“爽快感”は相変わらずでしたし、“ダントツ”と予想した通りになりましたが、
数字は思ったほど出ませんでした。これはという強敵が見当たらなかったのでもう少し
稼ぐと思っていたのに意外です。視聴習慣そのものが変わりつつあるのとテレビドラマ
全体が“低調”という見方もできますね。

前シリーズより数字が下がったのはなんとなく分かる気がします。
私は同じように楽しみましたが、早くも飽きてしまった視聴者がいるのでしょう。
東京第一銀行の支店で問題が発生、本店から臨店班の相馬(上川隆也)と花咲(杏)が乗り込み、
ドタバタの末、最後は花咲の「お言葉を返すようですが」で始まる“啖呵”で一件落着・・・
という流れが完全にパターン化しています。“次回”があるなら考えどころですね。
d0164636_9142850.jpg






75 リスクの神様 フジテレビ

「花咲…」の真裏でも、少しは抵抗すると期待しましたが、惨敗を喫しました。
1話こそ“半分”でしたが、視聴率はどんどん下がり、途中からは1/3を確保するのも
やっとという体たらくでした。
内容的にそこまでひどいドラマだったとは思わず、私は最後まで見ました。楽しめました。

NHKが作った「ハゲタカ」のような作品になることを期待しましたが、重厚感に欠けて
残念な結果に終わりました。
d0164636_9293752.jpg






80 エイジハラスメント テレ朝

大きな商社の新人総務部員・吉井英美里(武井咲)がさまざまな“ハラスメント”に負けず、
恋愛にも仕事にも頑張る…という話です。かなり“無理”がありましたが、最後まで
楽しみました。そんなに悪いとも思いませんでしたが、一度も二ケタに届かないまま
終わりました。
最近の武井の出演作の中ではいい方だと思います。
・・・ただし、ノースリーブを着たとき、稲森いずみより二の腕がむにゅむにゅしてちゃ
ダメだと思うなあ。ハハハ。
d0164636_9164597.jpg






70 ナポレオンの村 TBS

1回目こそいい数字でしたが、たぶん 前期「天皇の料理番」の置き土産だったのでしょう。
2回目は5.3%も下がりました。この枠のドラマにしては珍しいことです。
不振の理由は設定にあると思います。私は2回でギブアップしました。
意地でも、“平均で二ケタ”をとりたかったでしょうが、最終回が振るわず、叶いませんでした。。
d0164636_9172098.jpg






70 日テレ 「デスノート」乱高下

第1話の中でトップの16.9%をたたき出していたのにびっくり、追いかけて見ましたが、
苦手なカテゴリなので2話以降はギブアップしました。
第2話で大きく落ち込み、3話、5話で一桁になったとき、「そうだよなあ」と。
しかし、6話以後、持ち直して二ケタをキープして全体の2位に食い込んだのは見事でした。
d0164636_9175390.jpg






80 死の臓器WOWOW

臓器移植をテーマにした医療サスペンス。
良かったと思います。5話でしたが、質としては今期のドラマの中で一番でした。
武田鉄矢の演技力が光りました。小泉孝太郎、豊原功補、小西真奈美も頑張りました。
d0164636_9181520.jpg






ちなみに、続けて同じ枠で放送された「石の繭(まゆ)」は感心しませんでした。
しかし、20日に始まった「しんがり」はいいと思います。
第1話(全6話)が終わったばかりですが、「64(ロクヨン)」の1回目を見たときの感じに
近い興奮を覚えました。山一證券の最期を看取った社員たちの苦闘を描く社会派ドラマに
主演の江口洋介が全力投球で立ち向かっています。
d0164636_9183047.jpg






人気ブログランキングへ

⇑ 面白かったらクリックしてください。

by toruiwa2010 | 2015-09-25 09:30 | ドラマ | Comments(2)
Commented by もくでら at 2015-09-25 21:58 x
こんばんは
私も「しんがり」いいなぁ
と思って観ていました。
22日。23日とCSIを観続けてしまいました。
とうとうファイナルシーズンです。
まだまだ面白いのに
終わってしまいます。
やはり、アメリカはドラマ作りに厳しいのでしょうか・・・
Commented by toruiwa2010 at 2015-09-25 22:01
もくでらサン、こんばんは。

CSI・・・見てなくて。
海外シリーズまで手が回りません。

「しんがり」は7話まであるので
楽しめそうです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。