ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

浅田真央&エディJAPAN~週末のスポーツ~15/10/05

「お帰りです」

浅田真央 がリンクに戻って来た。
結果をネットで見てしまったし、放送も録画だったので緊張感がなくなってしまったが、
鮮やかな復活を見せた。数日前のニュースで練習風景の映像を見て想像できた。
3Aを実に楽に、しかも柔らかく跳んでいた。いくら練習でも…と思うほどだった。

プレッシャーが少ないチーム戦を復帰の舞台に選んだのも大成功だったね。
「なんてこと言うの。チーム戦も真剣勝負よ」としつこいマニアには怒られるだろう。
そりゃそうだけど、オリンピックでもない限り、負担は個人戦の比ではないはず。
“553日ぶり”の実戦だったが、彼女の気持ちが穏やかな状態にあることを写すように
実にゆったりと落ち着いた“おとな”の演技だった。
d0164636_9104412.jpg







私の目には トリプル・アクセルの着氷がわずかに乱れたように見えたが、ネットには
“成功”と出ていた。それならそれでいい。
しかし、フィニッシュの瞬間に合わせて「やはり、彼女に比肩する者なし」と言い放った
実況アナにはガックリした。“その通り!”と思う人もいるのだろうし、褒められただけで
喜ぶファンもいると思うが、そこまで言われるとかえってシラケてしまう。

そして、“141.70”にもビックリした。出すぎではないか? ご祝儀? まさかね。
浅田の自己ベストは“奇跡”と呼んでもいい2014ソチ五輪の142.71だ。どう考えても、
この日の演技があれに限りなく近かったとは思わない。“ケチ”をつけているのではなく
事実を言っている。
ジャッジがどういう構成だか知らないが、どこに行っても、どんなレベルの大会でも
こんなに点数が取れるとは思わない方がいい。喜ぶのはマニアとメディアだけだ。

思い入れが強いと聞く「蝶々夫人」が合っているのかどうか分からない。
楽曲のせいかパフォーマンス全体が重く感じられた。年齢的に、“軽やかに舞う”時代は
終わったのかもしれないが、フィギュアスケートでは会場の“空気”を味方にすることが
大事だと思う。その点でどうなんだろう。

着物を意識した衣装にも疑問がある。
“帯”はいいと思う。しかし、競技のコスチュームとしてはまったく問題がない胸元が
着物として見ると開きすぎていて気になるのだ。ま、私だけだろうけど。

なにはともあれ、浅田真央がカムバックを果たした。
日本の女子フィギュアにしっかりした芯ができた。本格的なコンペティションの場になる
11月のGP(中国杯)で世界のトップクラスと競うときにどんな演技を見せるか楽しみだ。

順調に伸びろ 宇野昌磨


シニアへの本格参戦が始まった宇野昌磨の演技が圧巻だった。
ジュニア時代を含めて間違いなくキャリア最高の出来だったのではないか。
身体が一回り大きくなった印象がある。それでいてスピードは キープしているし、
ジャンプにも切れがあった。 どこに出しても恥ずかしくない演技だった。
羽生結弦に集中しがちだが、今シーズンの男子の楽しみは宇野に決定だね。
順調に伸びて行けば、羽生を脅かす存在になるのも夢ではないと思う。
d0164636_9111338.jpg







サモアに快勝-ラグビー・ワールドカップ-

第3戦はJAPANが“らしさ”を十分に見せて2勝目を挙げた。
相手は並みはずれたパワーを誇るサモアだったが、スピードを生かした日本のラグビーが
圧倒した。開始まもなく、立川がタックルを受けて倒れる様子を見たとき、「骨格が違う。
まともにぶつかっていると“壊される”選手が出るんじゃないか」と思った。

80分を通して大きなケガ人が出なかったのはよかった。「どこにも負けない」と自慢する
豊富な練習量に支えられた体で素早く動いた。
早々と五郎丸のキックで先制した。精神的に落ち着いたと思う。スクラムを押し込んで
認定トライを得たのは24分だったが、フィジカルで圧倒するつもりだったはずのサモアは
序盤のうちに スピードに乗ったジャパンの動きの速さにとしつこさに混乱していた。
一時退場者が立て続けに出たのがその証だ。

前半終了間際にPHASE14のアタックを重ねて山田が右隅に飛び込んだトライはサモアに
大きな心理的ダメージを与えたと思う。
d0164636_9114379.jpg







終わって見れば、26-5。数年前には想像もできなかったサモアを相手の快勝だった。
数的優位の時間帯があり、チャンスもあっただけに4トライによるボーナスポイントを
とりたかったなあ。

後半24分に相手陣内深いところから逆転のトライを許した場面をのぞくと、危ない場面は
ほとんどなかった。ある意味、完璧な勝利だったと言っていい。
選手入場のとき、実況アナが「南アフリカに勝ったことが偶然ではなく必然であったと
世界に証明できるか」と言っていた。準備した原稿だった。まるで、この試合に負けたら
あれがまぐれということになると言わんばかりのニュアンスだった。納得しない。

たしかにスコットランドには完敗したかもしれない。しかし、この試合の結果に関係なく
南ア戦が“たまたま”でないことは、世界のラグビー関係者が認めていると思う。だから
あれほどの騒ぎになったのだ。

残りは1試合になった。
勝っても、ベスト8進出は難しい。
しかし、仮に1次リーグで敗退しても、エディJAPANには称賛を惜しまない。
何十年ぶりかで、これだけラグビーを楽しませてもらったのだもの。

人気ブログランキングへ

⇑ 面白かったらクリックしてください。

by toruiwa2010 | 2015-10-05 09:13 | フィギュアスケート | Comments(8)
Commented by 赤ぽん at 2015-10-05 20:02 x
岩佐さん、こんばんは。

もうすでに今回のジャパンとエディの功績はしっかり世界に認められていますね。
が、しかし、更にあのサモア相手に4トライ狙えとか!勝ち方にまで拘るとは!!

あの太い腕や足、そして胴体が全力でぶつかってくるのを、これまた全身で
受け止め跳ね返す行為を繰り返すラグビー…戦術云々の前に、根源的なこの競技の持つ
野性的、動物的感覚に素直に感動しています。それを今回のジャパンは技術で
跳ね返し、その勇姿をはっきり我々に見せてくれている。

大会の日程やグループ内のチーム数には大いに意義あり!ですが。

アメリカ戦もぜひ素晴らしい試合を!と願っています。
Commented by toruiwa2010 at 2015-10-05 22:01
赤ぽんサン、こんばんは。

…おっしゃる通りです。
Commented by ヱビスの黒生 at 2015-10-06 09:22 x
岩佐さん、おはようございます。

あさっての南アvsアメリカと土曜日のサモアvsスコットランドの結果によっては、最終戦の前にプールB敗退が決まってしまう可能性がありますが、決まってしまうまでは準々決勝を信じて待ちたいと思います。

そして、どういう結果であれ、最終戦のアメリカにはきっちりと勝ってほしいし、勝たなければならないと思います。今大会で生まれたラグビーへの関心を国内のトップリーグ等へつなげ、さらに4年後のワールドカップ日本大会へつなげるためにも。

ただ、メディアも大会直後は大騒ぎするかも知れませんけど、今季のラグビーシーズンが終わるまでその騒ぎを続けるのかどうなのか。シーズンが終わったら「五郎丸? 誰それ?」てな具合になってしまわなければいいですけど、その可能性もかなりありそうです。もちろん、メディアだけの責任ではなく、ラグビー協会の取り組み如何にかかわっていますが。

とにかく日本には最後の最後まで全力で戦ってほしいと思います。

Commented by toruiwa2010 at 2015-10-06 09:44
ヱビスの黒生さん、こんにちは。
おわったら「それまで~よ」ということは
これまでもあったこと。

4年後を考えたら、むしろ、今の選手が
何人残るか…の方が心配です。
Commented by ヤップンヤン at 2015-10-07 00:11 x
浅田真央、ソチのときもも書いた記憶があるのですが、彼女のイメージと選曲のミスマッチが続いている気がしてなりません。浅田真央が25歳の女性になったとはいえ、蝶々夫人は彼女が童顔ということもあり私には違和感があります。キム・ヨナとかカタリーナ・ビットのような感じの選手には似合うと思うのですが…。
勝つためにはチームとして一丸とならなければならないのですから、その辺で周りのスタッフやコーチはもう少し考えないといけないと考えてしまいます。
Commented by toruiwa2010 at 2015-10-07 10:29
ヤップンヤンさん、こんにちは。

チーム戦だからと言って内容を
変えることはできないでしょう。
浅田は、今シーズンのフリーは
「蝶々夫人」で行くと決めていますから。
Commented by きーちゅん at 2015-10-11 16:18 x
浅田真央の時のあの紅白のような実況はやめて欲しいですね!
点数はソチの時は回転不足があったのと、5コンポーネントが低かったため、ソチが低かったのだと思います。
衣装は私も?でした。なんかちょっと品が無いような。ネットでは絶賛でしたけど。
まあ地味なプログラムですけど、滑り込んでいったらもっと味が出てくるのではないでしょうか。
Commented by toruiwa2010 at 2015-10-11 17:36
きーちゅんサン、こんばんは。

衣装について、似たような感想を持つ人が
いたと分かってうれしいです。ハハハ。
品がないような…私でさえ迷った言い回し。
ハハハ。

点数の説明は承っておきますが、
私の中では、演技の内容と点数が
まったくかみ合いません。
シロウトだからでしょう。ハハハ。

あのプログラムは点が出にくい気がしますがね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。