ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

カレーライス 大好き 自薦・厳選300? 15/10/10

3連休・・・らしいですね。
最近、カレンダーをちゃんと見ないもので。
カレーライスについて3連発です。
d0164636_8484049.jpg



♪♪あまーい、かれー
~国民食 ばんざい !~ ( 2010.09.10 初出 )


坂本真一さんは柳さんの紹介で1992年のUSオープンからWOWOWのテニス解説陣に
加わりました。まじめでおとなしい人ですが、ひょうきんな一面も持っています。
フラッシング・メドウズからマンハッタンのホテルに戻るとき、ドライバーによっては
キタノホテルの前を通るのですが、坂本さんはそこにさしかかると必ずと言っていいほど
「♪“北の”酒場通りには…」と大声で歌っていました。それも、必ずと言っていいほど、
そのフレーズだけ。ハハハ。
d0164636_8472663.jpg











このところ、我が家の晩御飯にカレーライスが登場することが多いのですが、そんなとき、
決まって、私の頭に浮かぶのは「♪♪あまーい かれー」のワンフレーズです。
こんなふざけた歌詞…てっきり、井上陽水の曲だと思っていました。
記憶違いで、小椋桂でした。ファンの方、失礼。
しかも、曲名も「甘いカレー」だと思い込んでいたのですから罪は深いです。ハハハ。

名曲「甘いオムレツ」の歌詞は以下の通りです。

「ため息なんて、おつきじゃないよ」
それがあなたの  口癖だった
泣き虫を 責められて
物置に 閉じ込められて
あなたを 恐れていた7歳

酒と祭りと 喧嘩大好き
絵に描いたような 江戸っ子だった
宵越しの金もたず
計画を 立てぬ買い物
あなたに はらはらした10歳

子供らが 喜ぶという 理由だけで
料理には やたら砂糖を 注ぎ込んでた
甘いカレー 甘いオムレツ

d0164636_8464794.jpg










…自分の人生とダブるわけでもないのに胸に響き、聴くたびにしんみりしてしまいます。
詞の良さも、私がこの曲を気に入っている理由です。なのに、歌詞の中で覚えているのは
“甘いカレー”の部分だけ、といういい加減さ。ハハハ。
逆に、カレーを見るたび、この曲のほんの一節がメロディとともに思い出される…つまり
それほど強いインパクトを私に与えたことを物語っているわけですが。

カレーは“国民食”と言われることがあるほど、日本人にとっては基本的な食べ物です。
全豪オープンの期間中、WOWOWのランチに最低でも4回は登場していました。
誰の口からも「また、カレーかよ」という声は出てきません。
間違いなく、最も評判がいいメニューだったと思います。

私も、カレー好きでは人に負けません。
昭和28年に父親が大阪に転勤になり、母親と二番目の兄も一緒に関西に移り住んだとき、
中学2年生だった私は長兄と東京に残り、それまで通っていた学校で3学期を終えてから
合流することになりました。
食事の付かない間借り生活でしたから、朝はトーストを牛乳で流し込み、昼は学校近くの
店でやはり、パンとコーヒー牛乳を買って食べるというきわめて“貧しい”食生活でした。
ハハハ。

そして、晩御飯は毎日、カレーだったのです。
授業のあと、時間をつぶし、西荻窪駅近くの大衆食堂で文字通り“毎日”、カレーでした。
注意深く見守ってくれる人が誰もいなかったからですが、そんな生活をおよそ100日も
続けていました。記憶が定かではありませんが、学校が午前中で終わる土曜日も休みの
日曜日も、歩いて15分足らずの食堂まで通っていたと思います。ほかに食事にありつく
方法はなかったのですから。
そんな、かたよった食生活が、高校に入って間もなく体をこわした遠い原因になったに
違いないと、ひそかに“確信”しています。ハハハ。
d0164636_8462331.jpg





ただし、カレーはその後もずっと大好きな食べ物でした。
去年、しばらく芦屋で“変則的な単身赴任生活”を送ることになったとき、妻に作り方を
教えてもらったのは“シェ・岩佐風スパゲッティ”とカレーでした。
話を聞いているだけだと、なんだ簡単じゃねえのと思えたのですが、実際に作るとなると
大変でした。当たり前ですが。

携帯で東京の妻に“リード”してもらいながら作ったことも今はいい思い出です。
苦戦していることをブログに書くと、優しい皆さんからいろいろ助言がありました。
その節は本当にありがとうございました。
d0164636_8453918.jpg









今の我が家は「横濱舶来亭」のカレーフレークを使っているそうです。
私の口にはとてもよく合います。岩佐家では歴代1位かもしれません。
ただし、決して“甘いカレー”ではなく“こだわりの中辛”です。ハハハ。

人気ブログランキングへ

⇑ 面白かったらクリックしてください。

by toruiwa2010 | 2015-10-10 08:51 | 自薦・厳選300? | Comments(6)
Commented by ヱビスの黒生 at 2015-10-10 10:35 x
岩佐さん、おはようございます。

カレーは「まず間違いのない」食べ物の一つですよね。
日本人でカレーが嫌いな人はいくらかはいるんでしょうが、自分の身の回りで嫌いな人は見かけたことがありません。

「横濱舶来亭」のカレーフレークはわが家でも使ってますが、これをベースに他のカレールウを2~3種類混ぜてます。混ぜるルウの組み合わせは毎回変えて違った味を楽しんでます。

Commented by toruiwa2010 at 2015-10-10 11:16
ヱビスの黒生さん、こんにちは。

私も「カレーが苦手」という人には
出会わなかった気がします。
先日の「探偵ナイトスクープ」で
砂糖を隠し味に使うとおいしくなる…
というのをやってましたね。
Commented by ヱビスの黒生 at 2015-10-10 12:49 x
岩佐さん、こんにちは。
連投失礼します。

砂糖を隠し味ですか。
某カレールウの「リンゴとハチミツ」は理にかなってるってことですかね。

Commented by toruiwa2010 at 2015-10-10 12:54
そのようです。
Commented by Haru at 2015-10-10 20:23 x
岩佐さん、こんばんは。

今朝このブログを拝見して、今晩の夕飯のメニューが決定しました。たっぷり作って面倒な連休中の食事作りを回避です。ありがとうございます。
さっそくオススメのカレールウを使ってみました。美味しいですね。ウチのベースのルウの定番に決定です。再びありがとうございます。
Commented by toruiwa2010 at 2015-10-10 20:51
Haruさん、こんばんは。

礼を言われるのは面映いですが、
人の話からヒントをもらう…ことは
よくありますね。

ルゥはミックスという手もありそうです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。