ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

ジュンコさんに遭遇した!~迷い猫・図書館戦争~ 15/10/30

「ご家名に傷をつけるようなことは、決して致しませんっ」

かしこまったMプロデューサーがそう言うなり額を畳にこすりつけた!
ななめ後ろに控えていた私も同じように頭を下げた。
相手がこちらを向くことはなかった。出番前の化粧をしているのだから無理もない。
背中しか印象が残っていないその相手は歌舞伎の大御所、尾上梅幸丈だった。
ワイド・ショー「3時のあなた」の新しい司会者に決まった女優・藤純子さんのご主人、
尾上菊之助の父君である。1974年2月ごろ、場所は大阪・松竹座の楽屋だった。
d0164636_8191584.jpg






ゴカメイニキズヲツケル…
これから数年、アシスタントとして“お仕え”する身の私がその言葉を聞いて思ったのは
「いやいやいや、どえらい世界なんだ…」だった。

・・・3年間、番組でコンビを組みましたが、ご本人(本名の寺島純子で出演)は、まったく
大スターぶったところがない気さくな女性で、いささか拍子抜けするぐらいでした。

先生と迷い猫 85

さっきまでのどを鳴らして眠っていたと思ったらトコトコと出かけて行く。
「あら、タマ子 ご出勤?車に気を付けてよ」客の髪をいじりながら美容室の女あるじが
かける声を背に、振り向きもせずに。

タマ子はその店の飼い猫ではなく、野良だった。“みー”、“そら”、“ちひろ”…場所や
出会う人によって呼び名が違った。
港にも猫がいっぱい。猫の多い町だった…
d0164636_8193845.png






元校長、イッセー尾形など、町の人々と猫のかかわりを描いた“まったり”した映画で、
楽しめました。尾形がユニークな“世界”を築いています。
私は大好きですが、このカテゴリの作品は向く人と向かない人がはっきり分かれますから、
強くは勧めません。それより…

ヒューマントラスト有楽町のカウンターでオンライン予約したチケットを発券していると
「前過ぎるわ。前過ぎる」とスタッフに話しかけている女性の声が聞こえました。
顔を見るまでもなく、声だけで“彼女”だと分かりました。藤純子、寺島純子、富司純子・・・
ではなく、私にとっては“ジュンコさん”です。

その場でチケットを買うときは座席表を見て自分で指定するシステムですから、彼女も
分かっていて選んだはずですが、いざ、行ってみたら“前過ぎた”のでしょう。
一緒に仕事をしていたころは、おつきの人がすべてやっていましたが、このときは周りに
誰もいませんでした。40年もたちました。単独で行動するようになっていて当然ですが。

彼女は変えてもらったチケットを手に劇場内に消えていきました。

トイレに寄ったあと入場しようとしたとき、中から出て来たジュンコさんと遭遇しました。
正面から目が合いましたが、彼女の記憶を掘り起こすことはなかったようです。
私もさりげなくすれ違って妻の隣に座りました。「前の席よ」と告げられました。
改めてジュンコさんが選んだのは私たちのすぐ前だったのです!

電話でもしていたのか、やがて戻って来た彼女が前の席に腰を下ろしました。
普通なら、声をかけるところでしょうが、黙っていました。
「ジュンコさん、しばらくです。『3時のあなた』でご一緒した岩佐です」と名乗れば、
間違いなく思い出すとは思いましたが、上映開始が迫っていたし、万一、思い出すのに
時間がかかったら、気まずい思いをさせることになると考えました。しかも、そのあとの
2時間をその位置関係で過ごすことになるのはどう考えても居心地が悪いだろう…とも。
ええ、ええ、みなさんがどう思ってるか知りませんが、私 これでも“気配り”ができるし、
“思慮深い”のです。ハハハ。

それにしても、なぜ、自分が出ていないこの映画を見に?

それはともかく、お元気そうで何よりです。
ますますのご活躍を祈ってますよ、ジュンコさん。

図書館戦争 The Last Mission 85

情報を持っていないので、設定がどうなっているのか知らないのですが、本を読む自由を
厳しく制限されていますから10年か20年先の話でしょう。
本を守る図書隊員と違反本の摘発に力を入れる検閲隊が武器を持って対決する…
d0164636_8181064.jpg





不得手なカテゴリなので前シリーズは見ていません。案外評判がいいのと、とりあえず
気に入っている岡田准一と大好きな榮倉奈々が出ているから、と思って腰を上げました。
最後まで面白く見られたのが意外です。まずいなあ、こういう映画も見始めたら、時間が
いくらあっても足りなくなるぞ、ハハハ。

近未来の話だろうに、スマホは現在のものとほとんど変わっていなかったり、あれだけ
重装備した“兵士”がはげしい打ち合いをしているのに“手榴弾”の登場が遅すぎたり、
突っ込みどころはいくらもありますが、ま、いいでしょう。

岡田と榮倉の関係性がいいです。77歳で胸が”キュンキュン”しました。ハハハ。

人気ブログランキングへ

⇑ 面白かったらクリックしてください。

by toruiwa2010 | 2015-10-30 09:04 | 映画が好き | Comments(4)
Commented by at 2015-10-31 09:08 x
岩佐さん、おはようございます。 私にとって、純子さんと岩佐さんは、まさにゴールデンコンビのイメージでした。(他は扇さんと逸見さん、森光子さんと野間さんらも)今回のニアミスは残念ですが、またお二人が、何処かでごゆっくりと昔話を語らえるような再会の状況があれば良いですね(*^_^*) 私事ですが、小生のお世話になっている方が純子さんの御友人で、本当に心の暖かい仕事熱心な方だと、いつも伺っております。では、季節の変わり目ですので、御身体を大切に。
Commented by toruiwa2010 at 2015-10-31 10:04
巽サン、こんにちは。

実を言うと、最後まで迷いました。
席が離れていて、上映開始まで
時間があったら、声をかけたかもしれません。
Commented by at 2015-10-31 10:51 x
お気持ち、お察し致します。中々、状況やタイミングがあり、難しいですよね・・。 「先生と迷い猫」を是非、拝見したいですが、小生の住む地方では予定がなく残念です。申し遅れましたが、奥様の御健康の回復を心よりお祈りしております。
Commented by toruiwa2010 at 2015-10-31 12:06
巽サン、恐縮です。
妻からは、今朝"全快"の報告が
ありました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。