ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

浅田真央 復帰戦優勝! ~ただし、不満は残った~ 15/11/09

d0164636_84483.jpg







浅田真央がスケート中国でリンクに戻って来ってきました。
ジャパン・オープンに出ているし、本人も「復帰戦という気持ちじゃない」と話していた
ようですが、 やっぱり“真剣勝負”の場は違うでしょう。気合の入り方も。

SPの6分間練習に備えて控室からリンクサイドに出てきたときの動きを見て驚きました。
周りにいる人たちの位置を確認しながら、両腕を回したり足を伸ばしたり、かなり身体を
動かしていました。以前はほかの選手の後方からリンクをのぞいていることが多かったと
思います。滑走順が1番だったにしても、すごく気持ちが前に出ている 気がしました。

一転して、演技スタートのポジションについたときには表情が柔らかいなと感じました。
やる気と自信を見せながら“いい顔”をしていました。
3回転半、3-3回転、3ルッツと次々に成功(一つは回転不足だった?)させて、波に乗ると、
あとは氷の上の時間を楽しんでいるようにさえ見えました。
テレ朝が流した試合前のインタビューにあった“若い人には出せないスケートの味”を
見せてくれた気がします。
d0164636_8442688.jpg






復帰第1戦で優勝! やっぱり、“あっぱれ”でしょう。
ただし、ほぼ完ぺきだったSPにくらべてFSは最悪だった。貯金で辛くも逃げきった…
のは事実です。ファンにとっては「だからどうした? 1年の休養を経て日本のエースが
戻って来た…しかもいきなり優勝した。それだけで十分さ」でしょうね。

しかし、浅田本人は 心身をリフレッシュし、“満を持して”カムバックしたのですから、
この結果を心から喜ぶわけにはいきません。満足できない、悔しいという気持ちでしょう。
「アクセル以外で失敗があって、まだまだだな…」とインタビューでも語っていましたが、
内心、言葉以上に悔しいはずです。世界のトップに立ったことがある浅田にしてみれば、
“きっちり”勝ちたかったのだと思います。このレベルの選手が“戦場”に戻った以上、
ブランクだとか顔触れがどうだとかは一切関係なく結果を出したかったはずです。

一人、異様に盛り上がる修造。
ついて行けず戸惑う荒川。
精いっぱい頑張ってるけど泣きたい心境の信成

土曜日の放送の冒頭でした。
グランプリの放映権を持つテレ朝にとって、浅田の復帰は天の恵み、ショートの完璧さが
スタッフを高揚させ、それがタレント司会者に乗り移った。しかし、専門家はそれほど
“手放し”にはなれない…空気に差が出た。そんなところでしょう。笑えました。
視聴率をとりたいのですから、“程度”はあるとしても盛り上げるのは構いません。しかし、
正確に事実を伝えないといけないと思います。浅田に関してはなにがなんでも褒める、
“ネガティブなこと”は言わない、触れないというのではねえ。

練習ですからどうでもいいですが、SP、FSとも6分間練習の最後に跳んだ3Aをスローで
見ると、まわり切って いないように見えました。 アナウンサーは「あざやか」と言い、
司会者はオフで「すごくきれい」と騒いでいるのが聞こえましたが。
断るまでもありませんが、難癖をつけているのではありません。事実を知りたいのです。
d0164636_8444628.jpg







SPについては専門家が口をそろえて「世界最高難度」のプログラムと言っていました。
“挑戦”でもあるのでしょうが、“自信の表れ”ととることもできますね。
少しずつ減点要素があったようですが、逆にシーズン後半への期待が高まります。

フリーはどうしちゃったんでしょうか?前日のSPがうまく行きすぎたのか。こわいですね。
3Aが決まって流れに乗るかと思いましたが、以後のジャンプは失敗の連続でした。
思い入れのある“蝶々夫人”を演ずることに気をとられ過ぎたのかもしれません。
結局、フリーだけで言えば、本郷理華、エレーナ・ラジオノワに後れを取りました。
トータル200点未満での優勝は今シーズンのGPでは初めてのはずです。

今さら言うのもなんですが、復帰していきなり完璧・・・は簡単じゃないってことですね。
私などにはそれが何かは分かりませんが、本人とコーチには課題が見えているのでしょう。
NHK杯までの3週間にきっと克服してくると思います。フリーが悪かったことで逆に、
完成型の“ニュー浅田真央”を見るのが楽しみになりました。
d0164636_843485.jpg






本郷理華が着実に成長しているのが分かりました。
本来大きな武器になるはずの長い手足を生かし切っていない点がいつも不満なんですが、
今回はかなりいい出来で2本そろえました。見事です。
わずかに減点材料はあったようですが、ジャンプはほとんどノーミスでした。SP,FSとも
冒頭の3-3を跳ぶときに自信がうかがます。頼もしいです。着氷後に“流れ”がでれば
もっと点がもらえる気がします。

相変わらず、リンクに立ったときの姿勢が気になります。“出来映え”の採点でマイナスに
作用していなければいいのですが。肩を引き、胸を張ってほしいです。振付けだけでなく、
その点でも鈴木明子の指導に期待します。

彼女の成長で、宮原知子、村上佳菜子とのNo2争いが激しくなるのはいいことですね。

今シーズンは男子・女子ともに面白そうです。

人気ブログランキングへ

⇑ 面白かったらクリックしてください。

by toruiwa2010 | 2015-11-09 08:47 | フィギュアスケート | Comments(7)
Commented by パープル at 2015-11-09 10:02 x
岩佐さんおはようございます
3Aの練習映像は見てないので何とも言えませんが

回転は90度以上180度未満足りない場合
回転不足になります

90度までの不足はOKです
180度以上になるとダウングレードになります

元選手ならスローでブレードだけに注目しなくとも
体の向きなど全体を見て回転不足かどうかは
大体分かるようです

回転不足をめぐって離氷と着氷の瞬間の
キャプチャーで喧々諤々の議論が行われているのを
見ますが一コマで大きく角度が変わってしまうのを
どこで切り取るか次第の所があるので
キャプチャーと分度器で不足だ、足りてるとやるのは
あまり生産的ではないように思います

>>“ネガティブなこと”は言わない、触れないというのではねえ。

浅田選手のSPの回転不足とLzジャンプのエラーは
無ければ80点近くいくと思うので減点としては小さくありません

詳しく説明が無ければ視聴者は点数低すぎないか?
と思ったのでは無いでしょうか
Commented by toruiwa2010 at 2015-11-09 12:42
パープルサン、ご教示、ありがとうございます。
この角度は、ジャンプに入った角度に対して…
ですよね。
厄介ですね。覚えたいとは思いません。
必要なことは解説者が教えてくれるはずなので。
ハハハ。
Commented by Vevey at 2015-11-09 22:54 x
本郷選手のフリー、良かったですね!思わず引き込まれました。
成長したし、華があるし。姿勢の悪さと身体の硬そうな感じが直れば〜もっと飛躍できます!どんな衣裳でも似合う恵まれた容姿にファンが増えそう。

村上はやればできるのに本番では失敗する所から抜け出せないので、毎回ガッカリ、宮原はどうしてもチマチマした世界から脱却できない、前回の永井選手とか本郷選手に期待しています。

浅田選手はアクセルは無駄な力が抜けて、無心に跳べている感じですね。休む勇気、戻る勇気、一回り大きくなった浅田真央に感心しました。
Commented by ちえこ at 2015-11-09 22:59 x
岩佐さんこんばんは。
本郷選手の手足の使い方や姿勢に関しては、私も岩佐さんと同じように感じていました。今シーズン、手足を生かした大きな演技が出来てきているのは鈴木明子さんの指導によるものだと思います。ですから肩から背筋の使い方も徐々に綺麗になっていくと期待したいです。
ところで織田さんはスポーツニュースで浅田選手の復帰に関して以前「完璧じゃなくてもいいじゃないですか!!完璧な復帰じゃなくてもいいじゃないですか!!」というような事を熱く語っていましたし、フリーの演技後も修造以上のべた褒めでした(苦笑)。なので放送の冒頭で泣きたくなっていたかどうかに関しては疑問です。
浅田選手への取り扱いに関しては、どこがネックになっているのかいつも考えてしまいます。
Commented by toruiwa2010 at 2015-11-10 08:06
Veveyサン、ちえこさん、おはようございます。
おっしゃること、いちいちごもっともです。

今シーズンも大きな大会のたびにごちゃごちゃ書きますが、
フィギュアに関してはまったくの素人の
戯言ですから、まともに取り合わなくていいです。
ハハハ。
Commented at 2015-11-10 22:58 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by toruiwa2010 at 2015-11-11 07:35
カギ付き・・・さん、
安心してください。書いてますよ。ハハハ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。