ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

NHKの予報士が泣いた~放送史に残るMアナの涙~15/12/07

「こんばんは。山形県の気象情報です」とあいさつし、概況を伝えたあと、彼女は言った。
「現在の“鶴岡市”の様子を見てみましょう」。
…しかし、画面が切り替わるとそこに写ったのは“新庄市”の夜景だった。
d0164636_934345.jpg






12月1日18時10分から放送されたNHK「ニュースやまがた6時」の天気コーナーで
起きた“ハプニング”のきっかけだ。
「冷たい北西の風が…」と原稿を読んだところでフロアにいたスタッフから「新庄だ」と
教えられたのか(youtubeでは確認できなかった)、「現在の新庄の様子です」と言い直した。
その対応は落ち着いていた。

しかし、冒頭で“出遅れた”ために、少しずつ画面とコメントがずれていく。
まだ声は“普通”に近かった。しかし、新庄市の画面に合わせた原稿を読み終わったとき、
もう画面はこの日の最高・最低気温の図に変わっていた。原稿から目を上げ、そのことに
気づいた彼女はあわてたのだと思う。

読み終えて顔を上げる。一拍あって画面が最高・最低気温図に変わる…
それが彼女の頭の中にあるタイミングだったはずだが、それが狂った。
「遅れてしまったわ」と思って焦りが生まれた。

「では、今日の現在の気温を振り返ります」と言った。原稿に書かれていたのか とっさの
アドリブだったかは分からない。どちらにしても、“現在の気温”を“振り返る”では、
日本語として意味が通じない。動揺の表れか。
最低気温についての原稿はなんとか読めたが、最高気温に移ったころには声が震え始め、
やがて、泣いているのがはっきり分かるようになった。

「雲の動きを衛星画像で振り返ります」と言って、指し棒で画面を指そうとしたときには
無情にも翌日の気圧配置図に切り替わっていた。
あわてて「明日朝8時の予想天気図」と原稿を読んだが、画面はすでに市内のライブ映像…。

収拾がつかないまま、コーナーは終わり、ニュースを担当するアナウンサーが引き取った。
d0164636_8545638.jpg





いろいろなことを考える。

「鶴岡…」は彼女のミスか? 原稿にそう書かれていたのか?
最後まで“鶴岡”の文字は画面に出てこなかったから、たぶん、彼女のミスだと思うが、
打ち合わせでは“鶴岡”だったのに、どこかの時点で“新庄”に変わった可能性もある。

コメントが遅れているのに、画面がどんどん変わって行ったのはなぜか?
4月からこの仕事を初めばかりで経験が浅い彼女の焦りを増幅した。

なぜ、動揺し、明らかに泣いている彼女を何度も画面に出したか?
固定カメラだろうが、リモコンでサイズを変えられなかったのか?

生放送中にミスをするのは珍しいことではない。若手もベテランも区別はない。
番組に流れる素材(取材ビデオ)の中身がおかしければ笑うこともあるし、悲しいものなら
泣くこともある。「あんなことで笑う(泣く)なんて…」と言うことはできるかもしれない。
しかし、今回の場合はそういう流れではなかった。

最初の失敗(彼女のミスとしての話だが)のあと、うまくリカバーできそうなところで、
“遅れ”が発生した。彼女のキャリアでは対応しきれなかった。
みっともない放送になったことで自分の未熟さが恥ずかしかったのか。
連絡もなく“鶴岡”が“新庄”に変わったことについての悔しさがこみあげたのか。

もっと言えば、放送以前に何かがあったのかもしれない。

ワイドショーなどでこの件が取り上げられているが、本人が何も言っていないようので、
なぜ泣いたのかは分からない。「ダメだ」、「理解できる」…意見はいろいろだが、そもそも、
ミスが起きた原因がはっきりしないのだから、泣いたことについてとやかく言ってみても
ラチが明かないだろう。

理由が何であれ、本番中にカメラの前で泣く…「プロなんだから」と批判されがちだが、
そう簡単ではない。男に比べ、女性は身体の仕組みも感情のコントロールの仕方も独特だ。
断るまでもなく、これは“差別”ではなく、違いだ。

2日から休んでいるそうだが、週明けの今日、彼女は画面に戻って来るのか?
今日 戻らなければ、そのまま、降板する可能性が大きいね。

金曜日(4日)の夕方から、急に当ブログへのアクセスが増え始めた。
原因が分からなかったが、翌日判明した。
どうやら、私が書いた古い記事について“どこかの誰か”が触れたようだ。
タイトルは「アナウンサーだって人の子~森アナが見せたなみだ~」。
ある意味、テレビ放送史に残る “有名な”出来事だった。
興味があったら、こちらを。→ http://bit.ly/gTO1Xd

ちなみに、私は放送中に泣いたことはない。
しかし、今だったらネットで世界中にばらまかれて
はずかしい思いをしたに違いない“パントマイム”を
演じたことはある。50年前で助かってる。w


人気ブログランキングへ

⇑ 面白かったらクリックしてください。

by toruiwa2010 | 2015-12-07 08:56 | アナウンサー・実況 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。