ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

“お坊さん便”って何?~みんなのニュース&映画賞~15/112/24

坊主丸もうけ…じゃないだろうけど

amazonが新しいサービスを始めているらしい。
オンラインで坊主を注文し、お布施はカード決済!!
「お坊さん便」と称している。
手配先への訪問のみでも3万5000円かかるそうだ。
坊主も生活が苦しいらしいが、これはなあ。

d0164636_9111419.jpg






京都でタクシーに乗り、ちょっとでもお坊さんの悪口を言うとほぼ例外なく運転手さんが
“乗って来る”。常々いまいましく思っていることが分かる。訪れるたびに、話を“振って”
ストレスを発散させることにしている。社会奉仕の一環だ。ハハハ。

さて「お坊さん便」だが、このサービスによって恩恵を受ける人も当然いるのだろうから
“坊主の強欲”の一言で片づけることはできないかもしれない。
しかし、だいぶ前に、戒名をひねり出すソフトがあると聞いたこともある。世も末だね。
宗教界から自重を求める声が出ていると聞いて“良識派”もいるんだと。少し安心するが、
流れは止められないだろう。登録したいと希望するお坊さんが殺到しているらしい。
d0164636_9102524.jpg






それにしても、自宅にしろお墓にしろ、一ヶ所に行って読経するだけで3万5000円!?
“ぼったくり”と言われないのかな。しかも、どのレベルの坊主が来るか分からないんだ。
さらに、カード決済?お布施という感じがしないよね。

ちなみに岩佐家は葬式を出す予定もないし、法事も一切やらないから用はない。

いいと思うんだけどね

津田大介… 話が分かりやすい。
どういう組織を持っているのか、テーマの周辺まできちんと
抑えている。伊藤キャスターとのやり取りは事前に
打ち合わせずみだろうが、よどみなく答えている。
平松デスクといい、この番組は いいスタッフが揃ってるね。

d0164636_9114027.jpg






ツイッターを始めたとき、何をどうすればいいのかさっぱり分からず戸惑っていた。
どなたかが「津田大介の本を読むといい」と教えてくれた。いやあ、本を読んでまで
やらなくてもいいなあ、と思ったので読まなかった。たまたまテレビに出ている彼を
見かけて、あまりきれいじゃない“金髪”にシラケたことを思い出す。

フジテレビ夕方の「みんなのニュース」ではネットで拾った話題やトレンドを紹介する
“ネットNAVI”のコーナーに出ている。
独自の視点を持っているし、伝える言葉も、簡単な解説を加えるときの言葉も平易だ。
もともとは“書く人”なのだろうが、しゃべりもよどみなく、ポイントをついて話すから
聞きやすい。悪く言う人もいるようだが、私は“買い”だ。「今さら何言ってんだ?」と
言われそうだが、見かけで人を判断しちゃダメだといういい教訓をもらった。ハハハ。

この番組は視聴率的に苦戦しているが、内容は悪くない。視聴者が気づいていないだけだ。
伊藤利尋キャスターはかなり前から私の“一推し”アナだ。“ニュース”にかかわる部分は
ほとんど一人で仕切っているから大変だ。番組が始まる前に項目を把握し、情報を整理し、
“めくり”の手順を確認し、どう伝えるかを考える…やるべきことが山のようにある中で、
進行はいつも滑らかだ。もっと評価されていいアナだが、彼の良さは“ちょっと見”では
分かりにくいから視聴者に浸透するのに時間がかかる。もう少し辛抱だね。
d0164636_9122064.jpg






コメンテーターのほかにニュースについて簡単な解説を加える役目で控えるのが社会部の
平松秀敏だ。スキンヘッドにサスペンダー…いでたちもいいね。親しみやすい。
話もうまくて内容が耳に入りやすい。フジテレビの報道部にはかつて黒岩祐治(報道2001、
スーパータイム:現・神奈川県知事)や松本方哉(NEWS JAPAN)もいたが、現在もBSの
「プライムニュース」を仕切る反町理がいるし、なかなかいい人材が出て来るね。***

コメンテーターは…どうかな?
個人的に、あの人とあの人は降りてほしいなと思う。書くのはやめておくけどね。

生野陽子、椿原慶子…女性キャスターは若くて信頼感という点で頼りない感じもあるが、
今の役割ならこのままでいい気がする。本人たちが納得しているとは思わないが。

***母局を褒めることもある。あくまで是是非非で。

文句は言わないが違和感あり!

報知映画賞 ・・・ 作品賞は「ソロモンの偽証」だと。
へえっ!というのが感想。 私の採点は前編85、後篇80点だった。
宣伝では2部構成だとはっきり 言っていなかった。ずるいわ。
「海街diary」にだいぶ 劣ると書いておく。

d0164636_9124819.jpg






「ソロモン…」は日刊スポーツの作品賞にも選ばれていると知ってさらに驚きが増した。
私もそれなりの点をつけたし、この映画をNo1とした選考委員を批判するつもりはない。
しかし、「海街diary」をはじめとする他の候補作とくらべたとき…私が見た92本の中で
ベスト10にも入らない。好みもあるし、映画の評価はそれほど難しいということだね。
ただし、“二部作”なら、宣伝のときにはっきりとそのことを伝えるべきじゃないか?
d0164636_913124.jpg






吉田羊が女優助演賞をもらっていた。
本人がスピーチで言っていたように、つい1,2年前まで小劇場に出ていた女優さんだ。
これまで、彼女や吉田剛太郎のような役者に気づかなかったドラマや映画の制作関係者は
どんなアンテナを張り巡らせていたのだろう。怠けていたと言われても反論できまい。

韓国の問題だけどね

産経 の前ソウル支局長に無罪判決。
日本新聞協会「報道機関の取材・ 報道の自由、表現の自由は
民主主義社会の根幹をなす原則であり、無罪判決は当然」。
…はいいとして、外務省が判決に注文をつけた韓国の三権の
あり方はどうなんだ?

d0164636_9132976.jpg






同朋・仲間の無罪を喜ぶのはいい。当たり前だと言うのもいい。
しかし、よその国のこととは言え、事の経緯は心配だ。
判決言い渡しの前に裁判長は韓国外務省から「日韓関係を考慮して善処するように」との
要請があったことを明らかにしたという。行政による司法への明らかな介入だよね。
このことについて韓国内でどんな反応があったか知らないが、日本で同じことが起きたら、
それこそ蜂の巣をつついたような騒ぎになるだろう。

“民主主義社会の根幹をなす原則”と言っておきながら、この点にまったく触れないとは
どういうことなのか? 他国のことだから? 変だね。
d0164636_981970.jpg

人気ブログランキングへ

⇑ 面白かったらクリックしてください。

by toruiwa2010 | 2015-12-24 09:18 | 岩佐徹的考察 | Comments(4)
Commented by ルブラン at 2015-12-24 10:10 x
岩佐さん お疲れ様です
いやぁびっくりしましたね
報ステ古舘さん来春降板って
事前の噂も流れなかったので
これじゃ官邸の思うつぼ(笑)
Commented by toruiwa2010 at 2015-12-24 12:54
ルブランさん、こんにちは。

もしかして、官邸より
テレ朝の思うつぼも。ハハハ。
Commented by ひろ☆はっぴ at 2015-12-24 23:33 x
判決の日の夕方、私の仕事場に産経新聞の記者の方から電話がありました。号外を是非とも置かせて頂いて、大勢の方に知って頂きたい…。夜9時頃になってようやく届きました。さらに翌朝には、号外は何人の方が取って行かれましたかと確認の電話。上からの大号令で現場の記者は動かざるを得ないんだろうなとは思いましたが、随分なはしゃぎっぷりですね。わざわざ日本語版を折り返した裏面に印刷して、表面は英語版の「Not Guilty」と大文字が一面ぶち抜き。ちなみに私の仕事場では、2~3部しか出ませんでした。
Commented by toruiwa2010 at 2015-12-25 07:05
ひろ☆はっぴサン、おはようございます。

私も号外を出すような話じゃないと思います。
ちなみに・・・ちなみに、ですが、私の父は
産経新聞の編集総長をつとめたことがあります。
でも、だからどうだ、という話でもありません。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。