ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

羽生結弦&宮原知子V~全日本フィギュア終わる~15/12/28

羽生結弦・宇野昌磨 2強時代?

全日本フィギュアが幕を閉じた。
d0164636_9345268.jpg



11月末から12月中旬にかけて“アンタッチャブル”な存在だった羽生結弦が“普通に強い”
選手に戻ったのは男子フィギュア全体のためにはよかったかもしれない。
探査機・“はやぶさ”のように別の惑星に飛んで行ったと思ったが、地球に帰還したわけだ。
あっちでは相手になる選手がいないからだろうか。ハハハ。

SPでは冒頭の4回転で転んだが、そのあとの4-3回転はきれいに決まり、気合が入った
ステップは見事だった。GPファイナルでは3だったレベルが4だったらしい。
盛り返した結果の得点は100点を越えた。そういう採点システムなんだから言ってみても
始まらないが、フィギュアは“美しく滑ってナンボ”だと思っているので釈然としない。
転倒による減点をもっと多くすべきだと素人なりに考える。賛同者はいないだろうが。
d0164636_9353128.jpg






2度、転倒したFSではさすがにそれほどの点は出なかった。
自己最高(=世界最高)から35点も低い183.73はそれでも多くのスケーターたちにとっては
「一度でいいから出してみたい」と思う点数だろう。
羽生クラスになると納得はいかない。
「口惜しいですよ。メラメラですよ。煮えたぎっていますよ」と話している。

どんな競技でも、調子を維持するのは難しいようだ。
野球の世界でも、投手・打者の好調は1ヶ月ぐらいで下り坂に向かう。
全日本はNHK杯からちょうど1ヶ月後に組まれている。疲れも出ていたのだろう。
羽生結弦も人間だったということか。調子がいいときもあれば、悪いときもある人間…
ただし、出来が悪いのはごくマレだし、それでも普通の選手よりかなり高いレベルにあり、
いいときは手が届かないほどの高みに達する“人間”だ。手ごわいなんてものじゃない。

メディアやファンに“神”のごとく扱われてきっとやりにくいと思っていたはずだが、
これで、いつもSPで100点、FSで200点、トータルで300点を出せるわけじゃないと
みんなに分かってもらえてよかったんじゃないか?
d0164636_9355510.jpg






SPの宇野昌麿はいいパフォーマンスを見せて自己ベスト89.56を大きく更新した。
滑るたびに成長がうかがえるのが彼のいいところだね。すばらしい。
FSはあきらかにベストじゃなかった。初めの4回転がすっぽ抜けたあと、挽回を目指して
いろいろトライしたが、失敗した。ともにG Pファイナルで記録した自己ベストにFSは
20点以上、トータルでも10点近く及ばなかったが、「攻めた結果…」と潔かったそうだ。
もし、宇野がFSで自己ベストに近い点数を出していたら羽生を逆転していたのだが。
はいはい、“たら”や“れば”は言いっこなしだと分かった上の話だけどね。

NHK杯以後、羽生と同じスケジュールで試合をこなした。シニアにデビューした年だし、
疲れたかもしれないね。

男子で今一番はまっているのは宇野だ。
難易度を別にすれば、(“別にしちゃ”いけないんだけどw) ジャンプのフォームもふくめ、
スケーティングの美しさは男子でNo1だと思っている。まるで水が流れるようだ。上体と
下半身のバランスもいいし、身体全体の線がきれいだ。

宇野の得点が伸びなかったのだから、2本そろえれば2位になるチャンスがあったのだが、
無良は生かせなかった。いつも、ベストのパフォーマンスができればそれだけでワールド・
クラスの選手ということだから、簡単じゃないのだが、彼にはそれを求めたいよなあ。
ジャンプに切れがあり スケーティングには魅力がある。体つきも男っぽくて、安定感さえ
身につけばもう一つ上が狙えるのではないか。

ただし、男子はスンナリ世界選手権代表に決まった羽生と宇野の2強時代に入った。
宇野にとって前を行く羽生の背中はまだ遠いが、今が伸び盛りだ。力の限り追いかけて
羽生に脅威と感じさせる存在になってほしい。
d0164636_9363322.jpg





宮原知子 連覇&浅田真央 道遠し?

フリーの演技を滑り終え、フィニッシュの状態からゆっくり体を起こす前、浅田は何かを
かみしめるような表情を浮かべていた。思いつめたようにも見えて、一瞬ギョッとしたが、
全日本が終わったなあという“感慨”だったと聞いて納得した。
d0164636_9371727.jpg






1年の休養のあとリンクに戻ることを決めた。本格的な競技に臨むまでの月日にさまざまな
感触があって、自信と不安の中で揺れていたに違いない。GPファイナルに続いて全日本も
SPの出来が悪く5位に沈んだ。自信を持って臨める構成に変えて臨んだというのに…。
翌日の新聞で読んだコメント「気持ちが薄れてきている」にはハッとした。
ふつう、その心境では競技者たり得ないからだ。

FSで彼女の滑走順を迎えたとき、トップ3の成績はこうだった。
d0164636_938297.jpg




浅田が計算していたとは思わないが、追いつくのに150.08が必要な宮原は射程外だった。
樋口と本郷をキャッチするための133.32、131.25も復帰後 出していない点数だった。

トリプルアクセルで転倒し、3位も無理かと思ったが、そこからの復元力は見事だった。
美しく滑り切って131.72…非公認ながら今シーズンのベストを出して表彰台をゲットした。
公平に見て、現状では明らかに宮原が日本のトップだ。3月の世界選手権まで この状況は
変わらないだろう。来年10月に新しいシーズンが幕を開けるとき、浅田がどんな状態で
登場するだろう。ぜひ、宮原を追いつめてほしい。

宮原の充実と安定感は誰もが認める。
どこか遠慮がちだった去年までと違って、今の彼女は自信にあふれ、6分間練習のときから
貫禄を見せる。“浅田真央がいる”NHK杯で勝ったことで得た宮原の自信は大きい。
本人はいろいろ不満があるようだが、見ていて、不安を感じない。何より、試合のたびに
力をつけていくのが頼もしい。今シーズンのスコアを見ると分かる。
d0164636_9384543.jpg






誰にも負けない練習量でつけた最後までスピードが落ちないスタミナが強みだと本人は
語っているが、そのスタミナに支えられて跳ぶジャンプが見事だ。
世界選手権でのロシア勢との対決が楽しみだね。

本郷理華は世界選手権の切符こそ手に入れたが、FSの出来が悔しいだろう。
村上佳菜子も・・・。どうしても2本そろわない。
d0164636_9391031.jpg







樋口を筆頭に、白岩優奈、本田真凜…ジュニア世代にいい素材がそろっている。
リンク上で独特の“雰囲気”を漂わせる本田をとりあえず応援することにした。
ハハハ。
d0164636_9393030.jpg






おまけ:中継についてのツイート。
付け加えることはない。

浅田真央のインタビューを入れたために
直後に滑った高橋美葉の演技をカットしたんだ。
なぜ、そんなあからさまなことをやったのだろう?
神経を疑う。
苦境に立つ母局を声援しなければ いけない立場だが、
これでは…。

なぜ、三田アナを写さないんだろうね?
1ショットの方が あとあと使いやすいから…
だと思うが、最初の質問の間だけでも出すべきだ。
視聴者との距離感が変わる。
大事なんだよ、そういうこと。

インタビュアーは相変わらず「聞かせてください」だ。
昼間の有馬記念でも男性アナが「教えて下さい」と
言っていた。いま、母局のアナウンサーたちは
そのように教育されているのか?
変な日本語だと思うけどなあ。

展望をまとめるために荒川静香は用意したメモを
読んでいた。それはまあ プロの話し手じゃないから
仕方がないかもしれない。
でも、その様子を画面に出す神経が分からん。
カメラマンは撮るだろうが、その映像をどの時点で
選択するかは ディレクターやスウィッチャーの
センスだろう!


人気ブログランキングへ

⇑ 面白かったらクリックしてください。

by toruiwa2010 | 2015-12-28 09:42 | フィギュアスケート | Comments(8)
Commented by ルブラン at 2015-12-28 10:14 x
岩佐さん お疲れ様です
たしかに最近のスポーツ中継おかしいですよね
なんかやけにアスリートに媚びてるのが見え見えで
立場上しょうがないでしょうが
もうちょっと上手くやってほしいです
Commented by toruiwa2010 at 2015-12-28 10:24
ルブランさん、こんにちは。

どの国でも関係性は同じはずですが、
日本のスポーツ・ジャーナリズムは
アスリートに“おもねる”傾向があります。
あとで取材がしにくくなることを恐れて…
以外に理由は考えられません。
Commented by ヤップンヤン at 2015-12-29 16:42 x
取材現場を知っている岩佐さんに聞きたいのですが、例えば、欧米のジャーナリストは、あとで取材しにくくなってもおもねることが少ないと思います。ただ、もしそうなった場合、欧米の記者、特にフリーの方ははどうやって取材をつづけているのでしょうか? 生活をしていかなければならないという現実を踏まえて、どう対応しているのか興味があります。  
Commented by toruiwa2010 at 2015-12-29 17:56
ヤップンヤンさん、こんばんは。

取材対象が特定の個人だったら
本人の話は聞けなくなりますね。
でも、周辺取材で記事は書けます。
競技が取材できなくなることは
考えにくいので、たとえ、特定の
相手に嫌われても問題はないと思います。

テレビやスポーツ新聞が遠慮するのは
番組に出てほしかったり、引退後、
解説者に迎えたい…などの理由があるのだと
思っています。
Commented by スーザンさん at 2015-12-30 08:47 x
岩佐さんこんにちわ
岩佐さんの文に誤解があると思って書き込ませて頂きます。
高橋美葉選手の放送カットについて。SPのことだと思いますが、SPは有力選手が最終グループで滑る訳ではありません。(抽選なので)知名度(実績)や演技内容によって一部の選手がカットされることは、これまでの放送でも普通にありました。また、SPは同じ最終グループの西野選手の演技もカットされています。
毎年全日本放送を見てきたファンにとっては、驚くべきことではありません。これを浅田選手のインタビューの為に犠牲になったような書き方はとても残念です。有力選手は皆、インタビューも流しています。浅田選手だけではありません。
フジの全日本中継は、テロップも朝日のGPシリーズより目立たず、煽りも減らして出来るだけ多くの選手を流してくれるので、個人的には評価しています。今回カメラワークは酷かったけど(笑)
長文失礼しました。
Commented by toruiwa2010 at 2015-12-30 09:49
スーザンさん…さん?こんにちは。

前段の部分はすべて承知しています。
「浅田のインタビュー」と書いたために、
マオタ(マオオタ?)からくだらない反発が
ありましたが、それこそ誤解…というか、
文脈が読めない人たちの愚行なんです。
浅田だったから浅田と書いたのであって
誰であっても同じです。

誰かのインタビューを入れたために
高橋の演技がカットされたのは事実です。
ま、実際は、どっちにしても彼女の
演技は入れないつもりだったのでしょう。
“つなぎ”に浅田のインタビューを
はさんだのだと思われます。

私は浅田を少しも責めていない。
責めているのはフジの放送のやり方。
それが分からず、“浅田”に敏感に
反応して叩きに来る。中には、ナマだと
勘違いしているとトンチンカンナことを
言う奴までいました。辟易します。
あなたもその一人かな?
Commented by スーザンさん at 2015-12-30 11:13 x
岩佐さん返信ありがとうございます。
恐らく投稿の連続は禁止さてれてると思うので、あくまで返信なので公開非公開はお任せします。
まず、岩佐さんと一部ファンの争いに関して私は知りません。私は意見はしません。

岩佐さんの返信ではカットは承知しているように書かれてますが、
上の記事には「なぜ、そんなあからさまなことをやったのだろう?神経を疑う。」とカットに理解出来ないような書き方をしておりました。
読んでいる側としては、放送すべき選手を放送せず、浅田選手のインタビューを捻じ込んだことへの不満と読み取れました。よって今回書き込ませて頂いた次第です。もちろん浅田選手に向けてではなく、放送局への不満だと理解しています。

今回の放送では全15選手SP13位以上の選手は全て放送され、過去に比べれば多い方だと思います。それでも、もっと多くの選手を放送しろと言うファンもいるでしょうが。
私は05年から欠かさず全日本放送を見ているので、過去と比べると放送に視聴者や選手に対する配慮がされてると感じています。

ただ、一番許せないのは、演技直後のインタビューで、これから放送される選手の場内歓声を拾ってしまうことですね。ジャンプの成否が放送前に分かっちゃう。これだけは勘弁。

書き込みはこれで終わります。
ありがとうございました。
Commented by toruiwa2010 at 2015-12-30 11:46
スーザンさんサン、

浅田のインタビュー中に
高橋が演技していることは
多くの視聴者が知っていました。
インタビューが終わってリンクに
戻ったとき、次の選手が演技中でした。

インタビューのために高橋の演技が
カットされたのです。形の上で…。
しろうとでもわかる、そんな
あからさまなことをやるから視聴者から
責められるんだ。なぜ、そんなことをするのか?
神経が分からん・・・そういうことです。
テレ東に抜かれるほど評判が悪いんだから
少しは考えろ、と言ってるんです。

これで分からなければ絶望的です。では。
以後は、承認しません。ヨロシク。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。