ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

落合が殿堂入りならず!! 自薦厳選300? 16/01/10

d0164636_8245279.jpg



こんなことがあっていいのか? (2010.01.13 初出 )

今、始まったことではないが、日本におけるスポーツ・
ジャーナリズムのレベルの低さには目を覆いたくなる。
中日・落合博満監督が2年連続で殿堂入りを逃がした。
去年に続いて、わずか1票足りなかったのだと言う。

首位打者、ホームラン王、打点王ともに5回ずつ、
三冠王を3回とっている。
打者としては、文句のない実績だろう。
これ以上何をどうすれば殿堂入りできるのか?

史上ただ一人の400勝投手・金田正一も、資格を得た
1年目には殿堂入り出来なかったと記憶する。
あり得ない。
d0164636_8271756.jpg







殿堂入りの条件は、「野球報道に関して15年以上の
経験を持つ委員(約300人)が投票し、75%以上、
得票した人」となっている。

二人とも現役時代から記者の評判はよくなかった。
しかし、野球に関わった人にとっての最高の栄誉、
殿堂入りの投票にあたって好き嫌いを基準にされては
たまったものじゃない。人気投票ではないのだから。

落合は、去年圧倒的な得票で殿堂入りしていなければ
いけなかったのに、“子供っぽい”記者たちの犠牲に
なってしまった。気の毒に。
同じ仕事をしてきた者の一人として恥ずかしい限りだ。

今年1年、にこやかに接してみるか。ハハハ。

⇓ ⇓ ⇓
翌年、ようやく殿堂入りが実現しました。
資格を得てから3年かかりました。
日本のプロ野球記者の汚点です。
一部ダブりますがご容赦を。
d0164636_8254247.jpg



おめでとう 落合!! ~情けないスポーツ記者たち~」( 2011.01.16 初出 )
d0164636_8285419.jpg














MVP:2回
三冠王:3回(1982年、1985年、1986年)=史上最多
首位打者:5回(1981年 - 1983年、1985年、1986年)
本塁打王:5回(1982年、1985年、1986年、1990年、1991年)
打点王:5回(1982年、1985年、1986年、1989年、1990年)

現中日ドラゴンズ監督・落合博満の選手時代の成績だ。
どこに出しても恥ずかしくない数字が並んでいる。同等はいても、打者として
彼を上回る実績を残した選手はいない。
多くの人がイチロー、イチローと騒ぐが、ヒットならいつでも打てる技術と、
その気になればホームランだって楽に打ってしまうバッティング…打撃術では
落合のほうがはるかに上だと思っている。
d0164636_827519.jpg








…なのに、おととし、去年と2年連続、わずか1票差で殿堂入りを逃がした。
そのつど、そんなバカな話があるかと、書いてきた。
名古屋ではどうだったか知らないが、全国的には2年とも大した“ニュース”に
ならなかった。

ドラゴンズ・ファンでもないし、落合が特別好きなわけでもない。
しかし、このニュースを聞いたとき、プロ野球の取材に携わった者の一人として、
猛烈に恥ずかしい思いと怒りを感じた。

殿堂入りの選手は、取材経験の豊富な野球記者の投票によって選ばれるのだが、
こんなことになるのは彼らが“好き・嫌い”を基準に投票しているからだ。
現役時代、報道陣に評判が悪かった人は不利になる。
3年目の今年も同じことを書くのだが、日本では唯一の400勝投手、金田正一も
選ばれる資格を得た1年目には殿堂入りできなかった。
外国メディアは日本の野球殿堂入りに関心がないからいいが、わがスポーツ・
ジャーナリズムの程度の低さは目を覆いたくなるほどだ。

去年の同じ時期に書いた記事の最後をこう締めくくっている。

落合は、去年圧倒的な得票で殿堂入りしていなければいけなかったのに、
子供っぽい記者たちの犠牲になってしまった。気の毒に。
同じ仕事をしてきた者の一人として恥ずかしい限りだ。

今年1年、にこやかに接してみるか。ハハハ。

落合が、昨シーズン、報道陣とどう付き合ったか知らないが、今年は必要な票数を
30票ほど上回ってめでたく選出された。
新聞に出ていた「いつかもらえればいいなと思っていたけど、こんなに早く表彰されて
戸惑っているのが本音です」という落合の談話にホッとした。記者たちの幼さにくらべ
落合の方がずっと“大人”…ということだ。
d0164636_8282957.jpg







人気ブログランキングへ

⇑ 面白かったらクリックしてください。

by toruiwa2010 | 2016-01-10 08:32 | メジャー&野球全般 | Comments(7)
Commented by 赤ぽん at 2016-01-10 11:35 x
岩佐さん、こんにちは。

落合の殿堂入りの件、江川・西本の「沢村賞」受賞と並んで、なんなんだろうな
と、おっしゃる通りの“子供じみた”扱いに不満を持っていた時期がありました。
落合のコメント…彼は利口ですね。

好き嫌いとは別の、岩佐さんも大切にされている姿勢『是々非々』
私も難しいけれど大切にしたいと思っているのですが、この言葉、最早この国には
もう少なくなってきているかと…いや、そのうち絶滅してしまう言葉なのかと?!
Commented by toruiwa2010 at 2016-01-10 11:39
赤ぽんサン、こんにちは。

たしかに、最近"是々非々"を
聞かなくなった気がしますね。
言うのは簡単ですが、実行は
結構難しいのでねえ。
Commented by ラジオ少年1978 at 2016-01-10 15:20 x
こんにちは、
「落合、殿堂入りならず」は
「江川、沢村賞受賞ならず」と
同義語ですね。

追伸
プロ野球ニュースで綴るプロ野球黄金時代 vol.13
拝読しました。やっと登場していただけたとうれしく思います。
Commented by toruiwa2010 at 2016-01-10 16:54
ラジオ少年1978サン、こんにちは。

沢村賞は選考過程が違うので
同じレベルで考えるのは無理かも。
こちらは、選考委員に年配者が多いし。
ハハハ。

Commented by toruiwa2010 at 2016-01-10 17:34
どなたかのコメントを
消してしまったかも。
そのつもりではありませんでした。
再投稿してください。
Commented by ひろ☆はっぴ at 2016-01-10 20:40 x
落合の仏頂面よりも、ノムさんの笑顔が印象的ですね。彼が手にしている遺影は、ホークス黄金期を支えた二本柱のうちの一人、皆川睦夫さんですね。若い頃は遠征やキャンプでルームメイトだったとか。難波の大阪球場跡地に建ったビルの中にあるホークスの歴史を展示する場所には、野村克也の存在は抹消されていますが(主たる原因はサッチーですが)、この表彰の時は青春時代がよみがえっていたんでしょうねぇ。
Commented by toruiwa2010 at 2016-01-10 20:53
ひろ☆はっぴサン、こんばんは。

女性が皆川の未亡人、野村と杉下は
ゲストとしてスピーチしたようです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。