ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

北の富士&二子山(雅山)~NHK:大相撲初場所から~16/01/20

家にいるときは、遅くても中入りのあたりからテレビのチャンネルをNHKに合わせる。
PCに向かいながらでも観客の歓声やアナウンサーの口調から“時間いっぱい”は分かる。
年令のせいか、最近はどの種目もNHKの実況が心地よく感じるようになった。これまで
民放の若手アナの“絶叫”に辟易しながら、それでも“安全第一”で“面白みに欠ける”
NHKの実況は嫌いだったのだが…。年をとった、ということだね。ハハハ。
d0164636_837592.jpg






相変わらずミスは少ない。しかし、たまのミスが逆に目立つ。いや、耳立つ。

四日目の正面担当はベテランの白崎アナだから、そんなことはないと思うのだが、思わず
絶句するような一言を口にした。先場所の白鵬が終盤で失速したことに触れて、「周りが
力をつけたのか?白鵬に“老い”があるのか?」と。
何度聞きなおしても同じだから、聞き間違いではない。

ずいぶん思い切った言葉を使ったね?
勇気があるのか、鈍感なのか?
もし優勝したら、インタビューで
「どなたかが"老い"って言って ましたから」って
言われちゃうぜ。


そうつぶやいた。万一、聞き間違いだったら、私の老いが進んだと思ってもらっていい。

そう言えば、三日目にはこんなことがあった。
話の中で北の富士が松鳳山を日馬富士と言い間違えた。年齢に関係なくやりがちなミスだ。
自覚症状がないから厄介だ。このときは、“明らかな”言い間違いだったから沢田石アナが
すぐに訂正した。“異変”を察知した北の富士が「いま、何か言いました?」と尋ねていた。

直前に言ったことを忘れるのはやばいようだが、何かやったな?という自覚があるうちは
大丈夫だと思うよ、勝昭さん。 ハハハ。
まさか、「ヤキが回った」などと気にしてはいないだろうね。アナウンサーだって実況中に
レフト前ヒットを「ライト前」と言って、家でビデオを見るまで気づかないことがある。
早く忘れたほうがいい。
d0164636_8385076.jpg





何度も書いているが、北の富士には長く解説を続けてほしいと思っている。
後継者が育っていないからだ。音羽山(貴ノ浪)がいいと思っていた。残念なことになった。
一時、NHKは振分(高見盛)を育てようとしていたようだが、“狙って話す”人は無理だ。

現在の有力候補は二子山(雅山)だろう。やわらかくていい。
難しい言葉でなく普段の会話の延長みたいな感じで話せるのが最大の強みだ。
成人の日の二日目、NHKは放送の中でクイズを出していた。
5時前に「この時間帯(幕内前半)に発表されるのは明日の…」で 幕内の取組、十両の取組、
横綱土俵入りの順番、審判の担当から四択だった。
幕内の前半を放送中のタイミングだったから“幕内の取組”と答えた人が半数を超えたが、
正解は“十両の取組”だった。

このとき、「ひっかけ問題だ」と二子山が茶化して言った。この感覚が大事だと思う。
相撲解説者の口から出て来る単語じゃないけど、この“普通人”ぽさがいいんだよね。
そして、この日の相手、吉田アナはアドリブのきくアナだ。 二子山とのやり取りの中で
「すみません、無茶ぶりで」と言った。 これも、NHKのアナは普通 言わない言葉だ。
でも、これでいい。民放、NHKを問わず、いいコンビとは 気楽に世間話ができることが
条件だと思う。 この二人と北の富士・藤井コンビはいい。
d0164636_8394398.jpg






何日目の誰だったか忘れたが、“ルーティン”と言ったアナがいた。
「国技だからカタカナを持ち込むな」と、“タイミング”とアナが言っただけで好角家から
苦情を言われた時代を思えば隔世の感がある。

いくつか思ったこと

・琴勇輝が手に巻くテープについて北の富士が“ある意味 凶器”とクレームをつけた。
 いいことを言った。前から気になっていたんだ。材質にもよるが、テープはあくまで
“異物”だからね。安美錦の足のサポーターも気になる。あれでスネを蹴られたら…。

・照の富士は休場の決断が遅い!体と馬力で3番勝ったが、負けるときは一方的だった。
 大関に上がったとき、“すぐにも横綱か?”と騒がれたし、本人もその気だっただろうが、
 ケガをした以上、キャリア全体を考えて判断しなければ。
 年6場所+地方巡業+大関としての多くの行事があって治す暇がないのは気の毒だ。
  ケガ人が多すぎるね。協会も何か 考えないと、そのうち、力士が いなくなるぞ。

・今場所もベテラン、嘉風が頑張っている。6日目に勢を破った一番では全力を尽くした
 相撲に感動を与えてもらった。気持ちが変わったのだと先場所 話していたが、見事だ。

・昨日、琴奨菊は鶴竜に圧勝した。迫力満点、怒涛の攻めだった。
 気力の充実がうかがえる。ここにきて、かつての大関が戻って来ている。
 ひょっとするとひょっとするか。それにひきかえ、鶴竜、豪栄道…
 今日は白鵬との全勝対決か。白鵬には「頼むから横綱らしく」と望んでおく。
d0164636_8402672.jpg 





人気ブログランキングへ

⇑ 面白かったらクリックしてください。

by toruiwa2010 | 2016-01-20 08:42 | 大相撲 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。