ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

おめでとう琴奨菊!!~“差別”でも“排他”でもなく…~16/01/25

d0164636_8442441.jpg







01/19のツイート
琴奨菊、鶴竜に圧勝!!
迫力満点、怒涛の攻めだった。
気力の充実がうかがえる。ここにきて、
かつての大関が戻って来たような
相撲を取ってる。
ひょっとするとひょっとするか。
それにしても、鶴竜、豪栄道…
このままじゃ、恥ずかしいぞ。

01/20のツイート
琴奨菊、白鵬に完勝!!!
すごい! 立派な相撲だ。
この数日の相撲内容は全力士の中で
最強だと思わせる。
白鵬が今場所の琴奨菊に油断したとは
思わないが。こんなこともあるんだねえ。

01/21のツイート

琴奨菊の圧倒的な強さ!
稀勢の里、鶴竜、白鵬、そして今日の日馬富士…
4日連続で、完璧に自分の相撲を取って3横綱、
1大関に完勝・圧勝した。


みごとな優勝だった。今場所後半の琴奨菊の圧倒的な強さは特筆に値する。
立ち合いから一直線に前に出る。ときにかわされたりするが、委細構わず前に出る。
入門以来、師匠から言われた通りの相撲を取ってきた。“愚直”と言われたりするが、
“いさぎよい”と称賛する声もある。

対横綱3連勝、12戦全勝としたとき、今後の展望は?と問われた北の富士が言った。
「千秋楽の豪栄道より、その前に当りそうな、豊ノ島、栃煌山が怖い」と。
“はげどー”だった。もう一つの敵は初めて経験する“追われる”怖さだと思った。
豊ノ島に敗れたのは“エアポケット”のようなものだったのか?それとも、無心だった
胸中に“優勝争いの単独首位”というプレッシャーがうまれたのか?

01/24のツイート
琴奨菊x豪栄道…対戦成績は豪栄道が
リードしているようだが、ここまで来たらなあ。
硬くなるだろうし、プレッシャーもあるだろう。
間違っても、14日間の相撲を変えないことだ。
自分の相撲を 取って負けたって、決定戦が
あるんだもの。
d0164636_8455972.jpg






琴奨菊初優勝!!
日本で生まれた力士の10年ぶりの優勝だ。
堂々たる相撲で豪栄道をくだした。
5度のカド番をはねのけた精神力が、極度の
緊張を強いられる一番で生きた。 おめでとう!!

当然あったはずの緊張を感じさせない一方的な相撲で優勝を決めた。
花道を下がってきた琴奨菊を待ち受けて祝福した同期・豊ノ島の笑顔は最高だった。

「結果を残せないときも応援してくれた皆さんのおかげでここに立っている」…。

柔らかな口調と自分の言葉で話す初々しい優勝インタビューにも人柄が出ていた。
ケガが多く、成績は安定を欠いた。ありていにいえば、日本人として久々の優勝を…と
ファンが夢を託してきたのは別の力士だった。余計にこの優勝は光を放つ。
本当におめでとう!!

琴奨菊が優勝争いの先頭を走っているとき、“日本人10年ぶり”と言い過ぎではないかと
クレームがついていることをネットニュースで知った。NPO法人代表を名乗る秋元某氏が

・なんだかテレビも新聞も「10年ぶりの日本人の優勝へ」って
 連呼しているのが気になってしかたがないのです。
 なんかさ、ナショナリズム煽ってる?くらいの勢いで。

・「日本人優勝待望」っていえば言うほど、なにか排他性を感じるし、
 例えば日本に住む外国の人々はどう感じるだろうかって。

…と書いていた。
“ナショナリズム”、“排他”という言葉を使っていることに、逆に違和感があった。
当ブログを読んでいる人は私が白鵬以下のモンゴル出身の力士たちにかぎりない敬意を
抱いていることを知っていると思うが、琴奨菊には勝ってほしいと願っていた。
日本人として普通の思いだろう。どこにも差別の気持ちはないぜ。

ジャーナリストではないようだし、「日馬富士の“試合”」などと書いているぐらいだから
相撲をあまり知らないに違いない。感じたままを書いたのだろうが、どこかに こう書けば
大向こうに受けるという計算が見える気がする。“差別反対”を唱える声には何も考えずに
拍手を送ってしまう世間の風潮にも問題はあるのだが、私は好きじゃない。
d0164636_8462424.jpg








結びの一番までしっかり見た。“いいもの”を見ることができた。
白鵬x日馬富士で立ち合い“待った”があった。この場面で相手を見て会釈した白鵬、
それを受けた日馬富士は仕切り線まで下がったあと、きちんと頭を下げていた。
ほんのささいなことだったが、軽く感動した。一瞬、両者の間に生まれた 互いを尊敬する
空気を感じたからだ。故郷を離れ、外国でその国の“文化”であり歴史や伝統に彩られた
競技の世界で最高位に到達した者同士にしか分からない特別な感情があるのだと思った。

敗れた白鵬…気になるね。
先場所は最後に3連敗した。今場所は最後の4日間で 3敗した。
“白鵬が絶対”の時代に幕が下りつつあるということか。

人気ブログランキングへ

⇑ 面白かったらクリックしてください。

by toruiwa2010 | 2016-01-25 08:57 | 大相撲 | Comments(5)
Commented by へいすけ at 2016-01-25 10:43 x
日本人というくくり。帰化して優勝された旭天鵬さんが含まれるとしたら、
10年ぶりではなくなるのですね。
それにしても、待ちに待った優勝でしたが、どうしてここまで時間がかかった
のか。ハングリーさがまだまだ足りないんでしょうね。稀勢の里、豪栄道を
始め、なんとかならないものかと思うばかりです。
私も日馬富士と白鵬の取り組みを観ていましたが、ふたりの所作をみて感動、
感心しました。
Commented by toruiwa2010 at 2016-01-25 10:57
へいすけサン、こんにちは。

私の中で、旭天鵬はモンゴルから
やってきたお相撲さん…という理解です。
差別も排他もありません。ハハハ。

横綱対決で見たシーンは、優勝が決まった
あとだからということはあるでしょうが、
日馬富士があそこまではっきり頭を下げるのは
珍しいと思います。
Commented by へいすけ at 2016-01-25 18:17 x
旭天鵬さんのご認識、間違いありませんね。もともとが
モンゴルご出身ですし。
国営放送では「日本出身」としていましたが、そんな風に
言われてしまうほど久しぶりなことなんですよね。琴奨菊
にはプレッシャーがかかりますが来場所以降、がんばって
ほしいものです。
横綱の二人の所作。あの気持ちをいつまでも持っていて
ほしいですね。
Commented by Haru at 2016-01-25 19:29 x
岩佐さん、こんばんは。

秋元某氏の言葉、私も岩佐さんに同感です。
ウィンブルドンでマレーが優勝した時、イギリス人の思いを排他的だとは思わなかったですし、外国人の私は良かったなともらい泣きすらしました。
琴奨菊は素晴らしい相撲を取っていたので、応援する気持ちが強くなるのは自然な事だと思います。
白鵬と日馬富士の礼は、爽やかないい気分になりました。
Commented by toruiwa2010 at 2016-01-25 20:03
Haruさん、こんばんは。

言ってみたい…のでしょうね。
イギリス人はロイドに期待し
ルゼツキーに期待し、ヘンマンに…
マレーはスコットランドですが、
そういう時はイギリス人として
大喜びするんですね。ハハハ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。