ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

母局の奮起を望む~応援してくれてるんだから~ 16/02/12

ヒャダイン「(フジテレビには)面白い番組もあると思うけど、
なんだろう、フジテレビっていま世間からものすごく
嫌われてるじゃないですか? 嫌われてるんですよ」
すかさず作家・羽田圭介が「ヒャダインさんの認識している
“世間”てどこにある?」…一瞬ひるむヒャダイン。
「羽田君いいですね」とジュニアが茶化す。 

ヒャダイン「ごめんなさい。失礼しました。ネット民の話です。
ネットの中で嫌われている。無視はできない時代になっている。
ネットの顔色をうかがいつつ、しかもスポンサーや上層部の
顔色をうかがいつつやってる、がんじがらめになってる。
カンペー通り、台本通りやってくれ…という番組作りになっている。
その中で若いディレクターが脱却しようともがいている。
“バイキング”などがそうだ」

d0164636_8574917.jpg





だいぶ前の話で恐縮だが、今年もNHK総合「新春テレビ放談」を見た。
タレントや元プロデューサーなどが集まってテレビについて自由に語る趣向だ。
今回は、テリー伊藤、吉田正樹(元フジテレビ)、YOU、ヒロミ、ヒャダイン、なぜか
芥川賞作家・羽田圭介という顔触れに司会は千原ジュニアとNHK・首藤アナだった。

“放談”とは言え、みんな“関係者”だから、完全な本音ではないものの、ふだんは
聞けない話も飛び出してなかなか面白かった。やはり気になるのは母局の話だ。

去年の放送の最後に「2015年テレビここに注目」というコーナーがあり、大げさに言えば、
思わず胸が熱くなったことを思い出す。出席者たちの話を聞き、あいづちを打ちながら
ささっと何かをフリップに書き込んでいたジュニアが「僕は 芸人として、真面目に」と
前ふりをしてそれをカメラに向けた。

「きっかけはフジテレビ!」と書かれていた。
d0164636_857499.jpg






「これに尽きると思います。フジテレビが元気ないと、ホントにダメです。
ほんまに、フルスウイングしてほしいですね。やっぱり先頭を走っていただかないと。
よろしくお願いします」と付け加えた。
たったこれだけのことだが、OBの一人として「有難いことだ」と思った。
数日後のブログにこのことを書き、最後にこう付け加えた。

フジテレビ関係者も見たことでしょう。
タレントさんにここまで言われて奮い立たなかったら
テレビマンじゃないぜ、まったく。

…残念だが、ジュニアの熱い思いは母局の後輩たちには届かず、「嫌われている」と
ハッキリ言い切られてしまう体たらくになっている。

今年は、ほかにもフジテレビがらみで面白い発言がいくつか聞かれた。

ドラマ

ヒャダイン「月9など、ラブストーリーの評判が良くないと言われるけど、
ネットでの騒がれ方は凄い。若年層は大騒ぎしていて、トレンド・ワードで
いつも上位に入っている。どうなってるんだろう?」
YOU「“テラスハウス”もみんな知っててくれるんだけど、数字はよくない。
視聴率の機械にフジテレビは入ってないんじゃないか?(笑い)」
吉田「若い人はパソコンで見たりする」
ヒロミ「うちの子供も、テレビがそこにあっても小さい携帯でずっと見てる。
若い世代はテレビ“を”見ないんじゃなくてテレビ“で”見ないのでは?」
d0164636_8581917.jpg






バラエティ

ヒャダイン「特にフジがそうだが、若いプロデューサーやディレクターが
現状打破を目指して新しいことをやろうとしている。それを押さえつけないで
最初は数字が悪くても“泳がせる”余裕が欲しい。信頼して見守る余裕がほしい」
ジュニア「“オモクリ”がなくなったのは本当に残念!」 
ヒャダイン「腹が立つ」
ヒロミ「盛り上がってほしい。フジが良くなると全体が上がるから」
d0164636_8563096.jpg






この番組で異彩を放ったのは羽田圭介だった。

「本の宣伝になるかと思ってテレビに出演してきたが、実際そうでもない。
民放のバカみたいな番組に出すぎてるのでNHKの真面目な番組でバランスを…。
狭い家に引っ越したのでテレビは処分した」

「フジテレビ…ギャラが安いぐらいしかない。一番安いわけじゃないけど
上がらない。ギャラはテレ朝がいいっすね。日テレはケチですね。
赤坂は、ま、普通ぐらい。渋谷?ああ、ここは安いけど、バランスとるために」

2016年もテレビに出るか?と聞かれ「年末は断るために結構高めにギャラを
提示していた。それが通っちゃったんで出ている。超出たいわけじゃないから、
高めに設定したギャラが通らなくなったら自然に消えていく」

出演者の中で一番受けていたのは彼かもしれない。“意外性”がプラスして。

トークの材料として、全国の10-60代の1000人を対象とした
アンケートに基づくランキングがいくつか紹介されていた。
d0164636_8554460.jpg












TBSの健闘・復調が目につく
d0164636_8555984.jpg












日テレの強さに圧倒される
d0164636_856914.jpg












「めざまし」さまさま


人気ブログランキングへ

⇑ 面白かったらクリックしてください。

by toruiwa2010 | 2016-02-12 09:01 | 放送全般 | Comments(2)
Commented by ラジオ少年1978 at 2016-02-12 18:32 x
こんばんは、

私も上記番組を見ていました。
バラエティ部門10傑にフジ系が
1つだけという事に驚きました。

私は、土曜夜8時を思い切って新番組に
してほしいと思っています。
岩佐さん同様、個人的には岡村は好きですが…。
Commented by toruiwa2010 at 2016-02-12 20:32
ラジオ少年1978さん、こんばんは。

ここの番組のことを言い出したら
キリがないので・・・
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。