ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

“患者”は中古カメラ… 自薦・厳選300? 16/02/27

赤瀬川原平 少年の目
~まったりした番組を見た~」( 2010.05.11 初出 )  
d0164636_7192781.png



「どう、最近、診察受けてる?」
「診療所ですか?行ってますよ。麻酔で手術しちゃいました」


…たとえば、そんな会話を交わすグループがいるらしいです。
話をしているのは、“ウイルス”に感染した“患者”、つまり、
中古カメラのとりこになった人たちです。
診療所とは中古カメラ店、麻酔はカード、手術は修理…メモを
とりませんでしたから間違っているかもしれませんが、ざっと、
そんな具合に、彼らだけに通じる言葉が飛び交っています。
誉れ高い名器に惚れこんだ人たちが集まったこのグループは
“ライカ同盟”と称しています。
隠語で話すのは“照れ”があるからだそうです。

BS-hiで、まったりした番組を見ました。
プレミアム8「中古美品?~赤瀬川原平 人生の楽しみ方~」です。
d0164636_7195577.jpg







心が和みました。同時に、初めから見なかったことが悔やまれます。
彼の作品は一冊も読んだことがなく、どんな人物か全く知りませんが、
単なる“趣味人”というのとは少々趣が異なり、何かが好きになると、
とことん、のめりこむ人のようです。
少年のような目で話す赤瀬川原平という作家に好感を持ちました。

90分番組の最後の30分ぐらいしか見られなかったのですが、
冒頭の中古カメラの話が私のツボを捕らえました。
男は意味もなく“機能美”にあこがれるところがあります。
旅先の外国の街角でショーウインドウの中のアーミー・ナイフなどに
見とれていることがあります。使うこともないのに。
カメラも、その一つです。
赤瀬川さんは2000台ほど持っているそうです。中古です。
1台あればいいというものではないのです。次から次にほしくなる…
その気持ちはよーく理解できます。
d0164636_7202061.jpg






私も、最近、カメラを買い換えました。
ずっと使ってきたカメラの調子が悪く、先月、若いアナウンサーたちと
会食したときの貴重な写真が撮れていなくてがっかりしたのがきっかけで、
まだ、旅に出る元気もあるし「新しいのを買おう」と決めたのです。

本当は一眼レフにしたかったのですが、高いし、“大げさ”になるので
“なんちゃって”一眼レフで妥協することにしました。
欲を言ったらキリがありません。それに、あと何年ぐらい使うか…
つまり、“費用対効果”を考えたら高いものには手が出ません。ハハハ。

これまでのカメラは小さくて軽いのが気に入って使っていたはずなのに、
買い換えるときには、「軽い分、手ぶれが起きやすい。次を買うときは
少し重量感のあるものにしよう」と思っていたのですから人の気持ちは
いい加減なもんです。えっ、私だけ?ハハハ。

本格カメラとは比較になりませんが、ずっしりと“持ちごたえ”があって
気に入っています。
“カシャッ”いうシャッター音も、重々しく、本物っぽくていいです。
ただし、“なんちゃって”を自覚していますから、“本物“を手にした人が
近くに来ると、体で隠したりします。ハハハ。

こういうことになると、男はみんな“子供”に帰りますね。

*私は2015年半ばから、旅に出るときも
普通のデジカメを持たずに出かけるように
なりました。スマホの性能がよくなって、
納得の写真が撮れるからです。


人気ブログランキングへ

⇑ 面白かったらクリックしてください。

by toruiwa2010 | 2016-02-27 08:50 | 自薦・厳選300? | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。