ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

アカデミー賞・西山アナ~写真:あれやこれや~16/03/02

WOWOW アカデミー賞
人種差別にからめてMCのクリス・ロックが
何を云うかが注目された。
かなり話しているが、物議をかもすような発言は
ないようだ。客席には笑いが起きているし。
ロックの耳にはイヤホンが… ディレクターが
きちんとコントロールしてるのだろう。

d0164636_924885.jpg







1月に候補を発表したとき、男女主演・助演賞に挙げられた20人全員が白人だったことで
騒ぎが始まり、ボイコットの声さえ出ていた。しかも、司会がリスキーな発言で知られる
“黒人”のロックだったから何を云うかに注目が集まっていた。かなり長いオープニング・
トークだったが、問題になるような発言はなかったようだ。
しかし、放送全体で一番多く聞かれた単語は“black”だったのではないか。アカデミーも
制作のABCもこの問題を強く意識していたことがうかがえる。その意識が伝わりすぎて、
逆に、異様だった。
d0164636_93494.jpg






日本ではまだ公開されていない映画が多いので個々の賞についての意見はあまりない。
歌曲賞の「Writing’s on the Wall」(サム・スミス:「007 Spectre」)と助演男優賞のマーク・
ライランス (「ブリッジ・オブ・スパイ」)は作品を見ているときから、どんな相手にも
勝つだろうと思っていただけに“してやったり”だ。今回を逃がしたらチャンスはないと
言われていたシルベスター・スタローンは気の毒だが、彼にはいつの日か“功労賞”が
贈られるはずだ。
主演男優賞のディカプリオ(「レヴェナント」)はまだ見ていないが、“ようやく”だから
よかったね、と思う。
d0164636_931443.jpg






「スポットライト」の作品賞はある意味 痛快だった。あまりにも「マッドマックス」と
「レヴェナント」の一騎打ちという見方が圧倒的だったし、その様相で進んでいたからだ。
胸のすくような“大どんでん返し”だった。
もう一つ食指が動かない「レヴェナント」を見ない…という選択も生まれたことが嬉しい。
ハハハ。

西山喜久恵アナ

キクちゃん、いいなあ。
“きょうのわんこ”と言えば西山 喜久恵。
いわゆる"女性アナ"の華やかさとは
距離を置くアナだ。しかし、実力は
おそらく業界の誰もが認めるだろう。
27時間テレビではここというときに
登場する。

d0164636_933088.jpg






土曜朝の「新・週刊フジテレビ時評」の司会を淡々とこなし、日本中が注目したSMAPの
謝罪会見では異様な緊張感の中で“リード役”を務めた。ある意味、フジテレビの顔だ。
こういうポジションにいる女性アナは各局を見渡しても珍しいね。

天国が地獄に出会う…

ソニー・ワールド・フォトグラフィー・アワードは
世界最大の写真 コンクールだそうな。
23万枚の応募作品から最終選考に残った作品を見た。
私が好きなのは… 
天の川と"地獄の門" 

d0164636_934591.jpg











写真につけられたタイトルは“The Door to Hell=地獄への扉”となっている。
上からななめに伸びている光の帯が“天の川”で、オレンジ色の炎を噴き上げているのが
中央アジア・カラクム砂漠にある“地獄の門”だ。旧ソ連の地質学者が天然ガスの調査中、
失敗して巨大な穴をあけてしまった。有毒ガスの放出を止めるために放った火が45年後の
現在も燃え続けているとか。

http://cbsn.ws/20Y29sO

目もくらむ…

軍も使っている強力懐中電灯が
民間でも発売。フラッシュをたかれると
数分間 ものが見えにくいが、こいつは
100倍の威力があるそうだ。
200ドルだが今は75%オフだという。
アメリカでの話だが。
悪事に利用されなければいいが。

d0164636_94147.jpg








急に強い光を浴びて目がくらんだ経験は誰にでもあるものだ。おさまるまで何も見えない。
そういう目的で作られたものではないようだが、使い方次第でかなり危険だ。
目をくらませておいて相手を襲う、ものを奪う…。

強いアピール

ハンガリーとセルビア国境で鉄条網越しに
子供を渡す男性。 オーストラリアのフリーの
カメラマンがとらえたこの写真は2015年の
世界新聞写真賞を得た。
またしても写真 が持つパワー…

d0164636_941860.jpg











*その他の受賞作品 http://bit.ly/1oNxcLB
(注:目を背けたくなるものもある)

専属カメラマン

ホワイトハウスの西ウイングの
廊下を行くオバマ大統領、、、
手にするバインダーには
最高裁判事候補者のリストが…
専属カメラマンしか撮れないね。

d0164636_943441.jpg











専属のカメラマンが記録するようになったのはジョン・F・ケネディのころかららしい。
いかにもアメリカらしい発想だ。日本では考えにくい。
好きなのはこの1枚だ
d0164636_944526.jpg








第一夕刊:一度だけ有効?!

1954年3月、第五福竜丸が被爆した。
読売の特だねだった。
9月、船長・久保山愛吉さんが亡くなった。
休刊日だった。大阪読売は朝8時過ぎに
新聞を出した。第1夕刊と称して。
問題になったが、ペナルティがあったかは不明。
編集局次長が 父だった。
何かを云いたいわけじゃない。


あきらかな違反ではないので、社内では「うまいことやった」という声もあった一方で、
「まずい」と思う幹部もいたらしい。
我がオヤジは戦争中「マニラ毎日」の編集責任者としてフィリピンに送られたが、検閲で
真っ黒になった新聞しか出せない日々に嫌気がさして、ホテルの部屋でマニラ湾に沈む
夕日を眺めながら酒ばかり飲んでいた男だ。好きなようにやるタイプ…。ハハハ。

人気ブログランキングへ

⇑ 面白かったらクリックしてください。

by toruiwa2010 | 2016-03-02 09:11 | 岩佐徹的考察 | Comments(6)
Commented by Haru at 2016-03-02 22:13 x
岩佐さん、こんばんは。

アカデミー賞、毎年楽しく観てます。
“ スポットライト ” は脚本賞を獲ったことで、作品賞も獲るかもとは思いましたが、やっぱりびっくりしました。
プレゼンターのモーガン・フリーマンの表情が面白かったですね。

いつか、岩佐さんのオールタイムベストムービーを教えて頂きたいです。
ものすごい数の映画を御覧になってるので、すごく難しいかもしれませんが。
Commented by ヤップンヤン at 2016-03-02 22:14 x
今後、アジア系とかヒスパニックの移民が増えると「白人、黒人だけではなく、アジア、ヒスパニック系がノミネートされていない!」というのが、ひ孫くらいの世代で起こるかもしれないですね…。
Commented by toruiwa2010 at 2016-03-02 23:01
ヤップンヤンさん、こんばんは。
言い始めるとキリがありませんね。
ワールドカップでフランス代表が
、、、系という情報を提供しなく
なったことを思い出します。
Commented by toruiwa2010 at 2016-03-02 23:05
Haruさん、こんばんは。

フリーマンが登場したとき、
我が家は拍手がおきました。
私のオールタイムベスト、、、
考えておきます。
Commented by ナオ at 2016-03-03 09:44 x
岩佐さん、こんにちは。

インフルエンザにかかったおかげ(?)でアカデミー賞を生中継
で見ることができました。

作曲賞でモリコーネが受賞した場面が印象的でした。
巨匠でもアカデミー賞は特別な賞なのですね。
Commented by toruiwa2010 at 2016-03-03 10:04
ナオさん、こんにちは。

スタジオでも話が出ていましたが、
モリコーネはとっくに受けていたと
思っていましたね。
感動的でした。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。