ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

私が生まれ変わった?あの日 自薦・厳選300?16/03/06 

1982年2月9日
~新・岩佐徹が生まれた日~ ( 2008.02.09 初出 )

d0164636_9144141.jpg



1982年の2月9日を忘れることはありません。
年齢とともに記憶については自信を失いつつありますが、
この日 世間で何が起きたか、わが身のかかわりとともに
はっきりと思い出せます。
d0164636_911328.jpg







私がアホだったのですが(ハハハ)、つまらないことに
嫌気がさしてアナウンサーをやめた直後でした。
1日に報道局への異動の辞令を受け取ったあと1週間の
休みを取り、この日から新しい職場に出社を始めました。
これがとんでもない“波乱の初日”になるのですから
いかにも私らしいというべきでしょうか。ハハハ。

新しいロッカーをまだ貰っていなかったので、アナウンス部の方にコートを置きに行くと、
テレビの前に人が集まっていました。日本航空のDC-8型機が羽田沖に墜落したのです。
「えらい日に初出社になったなあ」と思いながら報道局の部屋に降りて行くとM編集長が
ニヤニヤしながら、「オイ、岩佐、ちょうどいいところに来た。特番の司会をやるか?」と
声をかけて来ました。
形は意志を確認しているように聞こえてもこれはつまり「やれ」ということです。ハハハ。
アナウンサーを辞めたばかりですから、NOと言うわけにもいかず、まあしょうがないかと
覚悟を決めて「で、何時からですか」と聞くと「10時から」という答えが返ってきました。
その時すでに9時40分を過ぎていたのです! 

異動先への初出社だったので一応ネクタイはしているからいいとして、あまりにも準備の
時間がなさ過ぎると思いましたが、何を言っても無駄だと分かっているので、あきらめて
ゲラ(通信社から刻々入って来る原稿)に眼を通し始めました。
しかし、事故発生から1時間足らずであること、飛行機が羽田の滑走路を目前にした海に
“浮かんで”いること、周りにゴムボートなどが多数群がって救出活動をしていること・・・
ぐらいしか伝えていません。
d0164636_9102966.jpg






「現場は誰が行ってるんですか」と聞くと「向かってるけどまだ中継車も着いてない」と
言うではありませんか。
さらに、「素材(写真やビデオなど、放送で使う材料)は何があるんですか」とたずねると、
「上空にヘリが行ってて、カメラマンの沢野君がリポートすることになってるよ」と。
「そのうちいろいろ入って来るから心配するな」と、ささやかな慰めを背中で聞きながら
スタジオに向かいました。「そっちは番組の司会を決めて一仕事終わった気分でしょうけど、
こっちは不安材料いっぱいで心配ですよ」と、内心毒づきながら。ハハハ。
d0164636_913963.jpg






前日には、死者33人を出す「ホテル・ニュージャパン火災」があったばかりでした。
冒頭のコメントを、「昨日はホテルの火災、今日は飛行機の墜落と首都・東京は2日続きの
大きな事件に揺れています」とするのに時間はかかりませんでした。問題はそのあとです。
沢野カメラマンは初めての経験だったでしょうから、そのリポートは長くは続きません。
私の手元にもたいした材料はなく、短いやりとりで懸命につなぎながら時間をかせいで
原稿が揃うのを待った記憶が鮮やかによみがえります。

キャリアの中でもうひとつ、ほかのアナウンサーがあまりしないと思う 似たような経験が
ありますが、こういうケースでは「うまく行かなくてもオレのせいじゃない」と どこかで
開き直れるのでしょう、緊張はあまりしないものです。ハハハ。
準備不足・材料不足の割に番組はスムーズに進みました。
これまでの“岩佐アナウンサー”が“岩佐記者”と変わったネームプレートを前に置いて、
気持ちは高揚していました。

時間の経過とともに現場や運輸省などからの中継体制が整っていき、番組は結局そのまま
お昼のニュースまでなだれ込み、2時間後にスタジオをあとにしたときには、「やっぱり
オレの“本領”はこういうところにあるんだよなぁ」という思いが改めて襲って来ました。
同時に「新しい職場に移ったその日にこんな気持ちになるようじゃ先が思いやられるぞ」と、
不安が頭をよぎった「波乱の初日」でした。

このときの日航機事故は、総合失調症の機長が着陸寸前に、車で言えばブレーキに当たる
“逆噴射”を作動させたことによるものでした。機体は急降下し、滑走路手前の着陸灯に
車輪を引っ掛けて海中に落ちたのです。ただし、空港を目前にした浅い海に落ちたため、
死者は24名ですみました。
また、機長は「心神喪失の状態にあった」とされ、不起訴処分になりました。

*スポーツ実況のこと、アナウンサーのことは忘れよう…
そう考えて出勤したその日にこんなことが起きて、
どこかに”未練”を抱えながら8年余りを過ごすことになるとは
思いもしませんでした。ハハハ。


人気ブログランキングへ

⇑ 面白かったらクリックしてください。

by toruiwa2010 | 2016-03-06 09:15 | 自薦・厳選300? | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。