ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

シャラポワ&野球賭博~高橋大輔だのみってこと?~15/03/14

危うし、シャラポワ

シャラポワは"重大"と注釈をつけて
記者会見の予告をした。
ドーピング違反の告白だった。
ことの経緯から「全仏まで」つまり
"前半"程度だろうと思ったペナルティが
「4年になるかも」という報道がある。
実質、彼女の選手生命は終わるが それでも、
必要とあればやるだろう。

d0164636_95937.jpg







彼女が会見を開くという“予告”は日本ではネットに出ていなかった気がする。海外では
CNNなどが“重要な問題で”という注釈をつけて伝えていた。「引退かな?」と思った。
…にしては、自分の引退を“important”とは、ずいぶんないいかただなあ、とも。ハハハ。
APの第一報も「直近の大会を欠場していた。最近の彼女はケガが多い」と引退発表では
ないかというニュアンスで書かれていた。

禁止薬物に指定されたというWADAの通知を読まなかったという釈明は通用しないだろう。
仮に彼女が読まなくても、エージェントや医療スタッフはじっくり読んでいるはずだ。
フェースブックで本人も認めている。小さな活字で主にテクニカルなことが何千文字も
書かれていたが、もっと注意を払うべきだったかかと言われれば、Yesだ…と。
ただし、「この薬物が禁止になる」と5回にわたって警告を受けていたと一部で伝えられて
いることについてははっきり否定している。

ITF(国際テニス連盟)による事情聴取に期待しているそうだ。それまでには、病歴や投薬の
詳細な記録が届いているはずだし、シャラポワ側の主張を聞いてもらえるからだ。
出場停止の処分は避けられないが、ポイントは長さだ。最長と言われる“4年”になれば
28歳の彼女のキャリアは実質的に終わってしまう。
すでに、ナイキ、タグ・ホイヤー、ポルシェなどがスポンサー契約を一時停止している。
世界で最も収入の多い女性アスリートの地位も危うい。どうするマリア?

野球賭博:コミッショナーに期待する

「不正を徹底的にあぶりだす固い決意で臨む」と
コミッショナー。 "徹底的""固い決意"…心強い言葉だ。
頼もしい限りだ。信じるぜ。
これで腰砕けの結論が出たら 笑いものだ。
分かってるよね。 甘い、と言われ続けて来た歴史に
ピリオドを打つ絶好のチャンスだ。

d0164636_933693.jpg






やる必要があったかどうか微妙な会見を開いた巨人・高木京介投手の勇気と覚悟は一定の
評価をしてもいいと思うが、しばらくは身辺に十分気を付けてほしい。特に、彼が何かを
知っている場合には、“怖い人”が“口封じ”を画策してもおかしくない。
遊びの感覚で手を出してしまったのだろうが、代償は大きかったね。

それにしても、“紳士たれ”はお笑い草にしても、“名門”ジャイアンツが揺れている。
先に処分を受けた3人で終わるかと思ったのに4人目が“つかまった”。
5人目、6人目が出るのではないか… ファンにそう思わせるだけで由々しき事態だ。
すそ野が広がっている気がする。賭けたのは他チームの試合だけと言っているらしいが、
簡単に信用することはできない。巨人の試合にも賭けていたのではないか。…だとしたら、
賭けに勝つように細工をした(=八百長)可能性だって考えられる。

どう考えても“深刻度”はマックスなはずだが、それにしては、野球界の反応も鈍い。
開幕を遅らせるぐらいの覚悟がないとまずい。疑いを抱いたままでは ファンはプレーを
楽しむことはできまい。

ツイートしたときの会見で熊崎コミッショナーが見せた険しい表情と力のこもった言葉に
ビックリした。過去、さまざまな問題が起きたときに顔を出した歴代コミッショナーは
まるで人ごとのような顔つきだったし、腰が引けたコメントが多かったからだ。
“泣く子も黙る”東京地検特捜部長時代には金丸信の脱税やゼネコン汚職事件に関わった
そうだから“やわな”お人ではないのだろう。そう思いたい。


おだまり!

民主党の大統領候補による ディベートが面白い。
互いにメモも見ずに渡り合う。
相手の発言を邪魔しないようにと気をつけてはいても、
ときどき、うっかりする。
74歳のサンダースがクリントンに「私がしゃべってるんだ」と
一喝した場面だ。

d0164636_923564.jpg





"Excuse me,I'm talking!"
幼いころから自分の意見を言うことに慣れている国民だし、大統領になろうという人物の
論戦だから一語一語の意味が分からなくても表情を見ているだけで面白い。
ヒラリー・クリントンが勝つのだろうが、まだ決定的なリードにはなっていない。
しかし、国民はサンダース候補の“74歳”という年齢をどう考えているのだろうか?
就任時に75歳…相当、さかのぼらないとこんな高齢の大統領はいなかったはずだ。
2期目が終わるとき、83歳だよ。

高橋大輔:救世主になるか?

こりゃ、おかしい。高橋大輔がフジテレビの
フィギュアスケートの"顔"に!
世界フィギュアから登場し来季はすべての中継で
ナビゲーターを つとめる。
フジテレビは大嫌い。大ちゃんは大好き…という
女性は大いに悩むだろう。
視聴率にどう 跳ね返るかがみものだね。

d0164636_92891.jpg






この競技は多くの“基礎票”を持っている。
つまり、フィギュアスケートなら、とりあえず見るという熱狂的なファンだ。
ただし、“嫌・フジテレビ”は頑固にチャンネルを合わせない。でもでも、大好きな高橋は
どうしても見たい…となれば妥協するだろうか。“テレビ屋”はバカじゃないから、数字を
上げるためにいろいろ考える。高橋の起用は一定の数字を稼ぐ可能性はある。少なくとも
競技の専門家だから某松岡修造にくらべれば騒々しいものにはならないだろうし。ハハハ。

無関心?

北朝鮮の潜水艦が 行方不明だという。
アメリカのスパイ衛星が北による捜索を監視中だ。
漂流しているのか沈んだのか?
"核"は関係ないんだろうね。
何をやるか分からない国だけに やたら不気味だ。

CNNは速報として伝えていたが、日本のメディアはあまり扱わなかった気がする。
何をしようとしているのか、何を積んでいるのか分からない潜水艦が日本近海をうろうろ
しているところを想像すると落ちつかない。アメリカでも続報は出ていないようだ。
私が騒ぐほどのできごとではないのか?それならそれで結構だけどね。

人気ブログランキングへ

⇑ 面白かったらクリックしてください。

by toruiwa2010 | 2016-03-14 09:07 | 岩佐徹的考察 | Comments(4)
Commented by 花みさき at 2016-03-14 11:09 x
岩佐さん、こんにちは。
M・シャラポワ擁護はしませんが残念ですね。
そしてナダルにもドーピング疑惑が飛び火していて
可哀想になりました。
ナダルは最もクリーンな選手だと思います。
Commented by toruiwa2010 at 2016-03-14 11:47
花みさきサン、こんにちは。

ナダルが…というのではありませんが、
テニスのトップクラスはみんなやってる、
サッカーも…と先日、聞きました。
錦織はやってないから上には行けないのだ…と。
そういう時代だと考えないといけないかも。
Commented by 梶田哲二 at 2016-03-14 23:52 x
岩佐さん、こんばんは。

医療スタッフやエージェント。シャラポアの件で『チームは何をしてたんだ』と言う記事結構見かけますが、私は『だったらチーム内に裏切り者がいたんじゃないの?』って思ったんですが…可能性0ではないですよね。『実はやってました、ごめんなさい』は通用しませんかねw

ナダルは訴えるそうです。清原が薬物疑惑が初めて公になった時、文春さんを訴えるって言っていたのに、結局訴えずじまいでしたよね?(笑)ラファは白だと言うのなら、訴えるべきだと私は思います。フランスの大臣は何故今さら言い出したんでしょうか?それが理解出来ません。


しかしスター選手は大変ですね。
Commented by toruiwa2010 at 2016-03-15 07:51
梶田哲二サン、おはようございます。

チーム内に裏切者…それを言い出すと
キリがないでしょうね。
ナダルについては、信じたいと思うだけです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。