ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

微妙なり、有働由美子&乙武洋匡~R-18指定とさせてもらう~16/03/29

今日の2件は、ともにきわめてデリケートな話なので
書くのをためらうところがある。
しかし、どうしても書きたいという気持ちに負けた。
そこを汲んで読んでほしい。

ジョークにもならん


NHKの「あさイチ」の冒頭で井ノ原と有働由美子アナが“プレミアムトーク”のゲスト、
玉木宏を挟んで朝ドラについて軽いやり取りをしていた。
質問を受けたゲストの玉木宏が短く答えた。
井ノ原が「やっぱり、いい声だねえ」と、つくづく…という感じで言った。
有働が返した。「なんかこの声聞いてると、ホント、なんか 〇ッちゃいそうで」と。
d0164636_16481290.jpg 







予想外の単語に男2人が戸惑う中「でも「玉木さんだから〇かないよね」と続けた有働に
井ノ原が「どこにですか?」と問い、有働は「いや…天国に」とかわした。あざとい。
なにが“プレミアムトーク”だ!

いまや77歳の爺だし、若いころは下ネタも嫌いじゃなかった。仲間とY談に興じることも
少なからずあった。しかし、女性がいるところではちょっとでも“いかがわしい”ことは
言わないと決めていた。きわどい話をして女性が顔を赤らめるのを見て楽しむ…という
趣味はなかった。公の場で女性に恥かしい思いをさせるのはいけないことだし、それを
しないのが男の優しさだと思っていた。

有働アナのこの一言には呆れる。たいして騒ぎになっていないことにはもっと呆れる。
バラエティなどで「目が完全に〇っちゃってる」などの言い方をする。彼女も同じノリで
言ったと釈明するだろうが、話の流れの中で有働が何を云いたくてこの表現を使ったかは
疑いの余地がない。夜の酒場、気心の知れた“大人の女性”たちの集いの場なら分かるが、
朝のワイドショーで軽いノリで口にする言葉ではない。

矢沢永吉とのインタビューでも「女性から見ると“子宮からカッコイイ~!”みたいな
感じになるのはなんですかね?」とい言ったらしい。***

仮に、名のある女優さんに男性アナが「見てるだけで〇〇〇〇が爆発しそうで…」などと
言ったらただじゃすむまい。
紅白の司会、大河ドラマのナレーションなど、チーフ・アナウンサーとして向かうところ
敵なしの状態なのかもしれないが、少しお調子に乗りすぎているんじゃないか。
脇汗に始まって、話題になろうと 必死になっているように見える。

NHKのアナウンス部内ではどう受け止められたのだろう?
中堅以下はチーフ・アナ相手では陰口がやっとだろうが、せめて幹部クラスは眉をひそめ、
本人の釈明を求めるぐらいのことがあってもいい。これは、男性が言えばセクハラにも
なりかねない話だ。受信料支払い拒否につながりかねない。ネットには「有働アナらしい」、
「有働さんじゃしょうがない」という意見が多いが、ずいぶん鈍感だね。
どこかで お灸をすえないと「私は何を言っても許される。だって有働由美子だもの」と
甚だしい勘違いをしでかすと思うね。

どんなに有名になろうが、高みに登ろうが、たしなみ、慎み深さは大事だ。
そういう言葉を持ち出せば、固定観念だと言われそうだが、違う。

WOWOWの後輩から進行中の朝ドラと関連している。
見ている人には意味が伝わる…との指摘があった。
彼女が口にした言葉のきわどさを考えれば、その弁解は
通用しない。見ていない人の方がはるかに多いのだから。
(19:15 加筆)


きわめてパーソナル
d0164636_16505121.jpg







乙武洋匡氏の不倫問題は本人だけではなく、奥さんまでが謝罪のコメントを出したことで
こじれている。私も「一人なら分かるが複数人だろう。妻が“自分にも責任”と言うのは
意味が分からない」と思った。国政への出馬のためにはそうする方がいいと選挙参謀から
吹き込まれたんだろう…と思っていた。

しかし、週末、考えが変わった。
「とくダネ」のコメンテーター、中瀬 ゆかり氏の発言と乙武の友人、性科学者で医師の
宋美玄氏のブログ記事に接したからだ。
d0164636_16493735.jpg






「夜の営みに関して拒否していたとか」

妻が感じている“責任の一端”の理由を「たとえば」と前置きして中瀬氏はこのように
“踏み込んだ”コメントをした。

産後のパートナーシップの変化などを聞いていたので、
奥様のおっしゃりたい意味は分かります。
内容を詳しく書く訳にはいきませんが、世間に露呈すると
倫理に反すると批判を受けるような状態でも、夫婦間では
ある程度それでうまく行っていたということもあるということです。

d0164636_16501317.jpg






宋氏のブログにはそんな記述がみられる。
言葉も違うし、ニュアンスも違うが、2人はほぼ同じことを言っているように思える。
私は腑に落ちた。要は、乙武家の“夫婦のあり方”は特別なものがあるということだ。

だから、ここから先は私ごときが軽々しく書くべきじゃないと思う。
障害を持つ乙武氏と健常者であるその妻との関係には健常者が想像もしない、きわめて、
きわめてプライベートなことがあり、第三者がとやかく言う話ではないのだ。
まだるっこい言い方で恐縮だが、具体的なことは書かない。

宋美玄氏の25,26日のブログを読むと、私の言う意味もある程度分かるかもしれない。
→ オフィシャル・ブログ http://amba.to/25rU98i
ワイドショーや雑誌メディアがこの件を論じているのを見ると“ずれて”いる気がする。
宮崎元議員や石井竜也の不倫と同列に扱っているととんでもない間違いを犯すよ。

悪いことは言わない。この夫婦はそっとしておいてあげるのが一番だ。

***この発言については確認できていません。

人気ブログランキングへ

⇑ 面白かったらクリックしてください。

by toruiwa2010 | 2016-03-29 08:47 | 岩佐徹的考察 | Comments(7)
Commented by eita3 at 2016-03-29 10:43 x
岩佐さん、こんにちは。

最近やたらと不倫の話題が多い気がします。
まあ報じる側は有名人のスキャンダルを面白おかしく報じるのが仕事だから仕方ないかもしれませんが、一般人が騒ぎすぎだと思いませんか?
要は当事者の問題で、余波を食らった関係者も当事者に含まれますし、ファンもまあショックを受けたことで当事者でもいいかもしれませんが、関係ない人が叩き過ぎ。

一方で一時は飛ばし記事ばかりだと思っていた週刊誌の情報力が上がってますね。逆に日経など大手新聞記事に飛ばしっぽいのも散見されますが。
Commented by toruiwa2010 at 2016-03-29 18:07
eita3さん、こんばんは。

一般人が面白がるから
メディアが面白がるんです。
お灸をすえたかったら、
一般人が面白がらないことです。
ハハハ。
Commented by eita3 at 2016-03-29 18:19 x
二度目ですいませんが同意だけさせてください。

全くおっしゃるとおりで、世間が見たりクリックしたりするから商売になるのです。けど話題にされると覗きたくなるのが日本人の性ですかね。

失礼いたしました。
Commented by ちえこ at 2016-03-30 10:01 x
岩佐さん、おはようございます。
件の記事を読ませていただきました。
宋さんは障害者の性についてコメントされているのではなく、あくまで夫婦間の性関係は多様であり、乙武さんの奥様が謝罪されたのはご夫婦の事情による、と言われていると私は感じました。また宋さん自身も「この記事を障害者の性の問題として取り上げてほしくない」と書かれているのに、岩佐さんはどうして上記のように捉えられたのか、私には疑問です。
岩佐さんにとって通常では理解しえないと考える事柄を障害者というキーワードで無理やり納得していられるように思います。私はこのような問題は、純粋に理解できない、と考えでいいのではないかと思うのですが…。
Commented by toruiwa2010 at 2016-03-30 10:21
ちえこサン、こんにちは。

どう読むかは人それぞれでしょうね。
私はとくに2本目の記事を読んで、
健常者の妻と障害を持つ夫という
乙武夫妻には特別の事情があるのだと
思いました。そのことについて、あるいは
そのことから出発する問題について
他人がとやかく言うものではないとも。

宋さんは「今回のスキャンダルと乙武さんが
障害者であることは全く関係ないことだ」と
書いていますが、同じ段落の中の記述は
それと矛盾しているように思います。

Commented by ちえこ at 2016-03-31 22:24 x
岩佐さんこんばんは。
夫婦における「特別な事情」というのは可能性の違いはあれども様々な夫婦の中で起こりうる問題だと認識しており、それはマジョリティかマイノリティかの違いでしかない、と私は考えています。もちろん今回の件は乙武さん問題ですから、彼の生きてきた環境を全て無視する事はできません。しかしこの件を「健常者」「障害者」で分けて考えると「マイノリティ」で「健常者」の夫婦はどう扱うのか、と私は考えてしまい、前日のコメントをさせてもらいました。
しかし岩佐さんの返しを読んで、もしかしたら岩佐さんが取り上げられている問題は、私が感じている部分は違うのかもしれない、と感じました。
読み方の違いや生き方の違いでこの問題は色々違った意見が生まれるのかもしれません。
Commented by toruiwa2010 at 2016-04-01 06:31
ちえこサン、おはようございます。

読み方の違いだと思います。
私はあくまで自説にこだわります。
ただ、分かりやすく書くことには
ためらいがあって伝わる人にしか
伝わらないのは予想したことなので
これ以上はやめておきます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。