ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

厳しさ増すイチロー~榮倉の脚・拮抗・張り差し~16/05/13

ファンは心の準備が必要?

マーリンズが27試合目を終えた。
全体の6分の1だ。
イチローは20試合に出場。先発:6試合。
36-12 .333この起用法が続くと…
12x6=72だから3000安打は9月中旬に達成だ。
ただし、.333を維持すればだ。きわどいね。

d0164636_825742.jpg

1週間前、今月6日のツイートだ。
この時点でイチローがプレーするマーリンズは全162試合のちょうど6分の1を消化した。
相変わらず、イチローの出番は限定的だ。マーリンズの外野は若い3人がレギュラーだ。
普通 メジャーでは、どんな選手も適当に休むことが必要だと考えて、主力でも10試合に
1度ぐらいのペースで休ませる。イチローの出番はそういうときだ。

しかし、具合が悪いことにいずれも伸び盛りの3人の中でもイエリッチは休みたがらない
タイプの選手のようだ。これまで1試合も休んでいない。イチローが先発したのはオズナ、
スタントンが休んだ7試合にとどまっている。
マッティングリー監督は イチローをレギュラー3人が休むときの先発と たまの代打、代走、
守備固めで起用しているが、代打のチャンスは極めて少ない。

具合が悪い(again!)ことに、チームの調子が悪くない。監督の采配が間違っていないわけだ。
しかも、3人の中で最も出足が悪かったオズナがここ数試合ですっかり調子を上げた…など
残念ながら、イチローの出番が増える要素が見当たらない。

5月5日(現地時間)の時点でよく3割3分3厘を打っていたと思う。たまにしか試合に
出られない状態でバッティングの調子をキープするのは簡単なことではないからだ。
さすがはイチローだと思った。しかし、このツイートの日以降の成績は、7打数1安打…
この間の打率は.143だ。
チームは33試合消化した。5分の1強だ。ここまで13安打だから5倍すると65本。
シーズン終了ギリギリで達成は可能だ。しかし、くどいようだが、ここまでの通算打率、
3割1分をこれからも打ち続けることが条件だ。

ちゃんとしなさい!

松本潤と香川照之の背とバランスをとるためか
一人の場面以外では榮倉奈々が カカトがぺちゃんこの
靴を履いてる。 ハイヒールを履かせろ!!


TBS「99.9」は今期のドラマの中では最も面白い。視聴率も好調だ。しかし、気に食わん。
榮倉と言えば、なによりもまず“脚”だろう!
そう思う人は多いはずだ。辛口評論家・吉田潮もこの件ではいちゃもんをつけていた。
確認はしていないが、一人で歩くときはカカトの高い靴を履かせているんじゃあるまいな。
目を凝らしてチェックしてやる。ハハハ。
d0164636_824164.jpg

“拮抗”という言葉

共和党はトランプが指名確実だそうな。
民主党はヒラリー・クリントンになるのだろうが、
気がかりだね。「まかりまちがう」ことはないのかね。
ヒラリーにさらなる問題点が出てきたらあの男が
核のボタンを持つことになるんだぜ。
…そうはいっても今は何もできないか。


「いざ、大統領になったら、ブレーキがかかるさ」と言われても、信用できない。
最大の心配はクリントンのスキャンダルを“アメリカの週刊文春”、つまり、センテンス・
スプリングが書き立てたりしないだろうか…ということだ。
この件に関連して「サンモニ」で現時点での世論調査による両者の支持率を伝えていた。
d0164636_823535.jpg

「クリントンの47%に対してトランプは40%」であることを示したうえで「ほぼ拮抗」と
女性アナは読んだ。聞いていて、自分の日本語についての“常識”に不安が募った。
所持金が47円と40円、走った距離が47㌔と40㌔、チームの総得点が47点と40点…
などは“ほぼ拮抗”でもいいだろう。しかし、100の中の47と40は拮抗とは言わない。

最新の調査では41-40だという。これを“拮抗” と言うんだ、バカたれが。

胸〇ソが悪い!

4日目の横綱・白鵬戦、5日目の大関・豪栄道戦で若手、伸び盛りの正代が受けた衝撃は
すさまじいものがあったと思う。左頬、右頬…相撲の厳しさとは別のものだ。この4,5年
「張り手は禁じ手にすべし」と、ずっと言い続けているが、相撲ジャーナリストの中から
声が挙がったのを聞いたことがない。
d0164636_8232250.jpg

本来、誰がやってもいいはずだが、どんなに生意気な力士でも横綱・大関を相手にして
立ち合いで“張り差し”には行かない。99%、上位者が下位の力士相手にやるのだ。
「いや、脇が開くからつけこめる」という意見も聞くが、説得力はない。
稽古を重ねて身につける“ワザ”でもない。
無用のダメ押しと同じぐらい、見ていて気分が悪い。
d0164636_822117.jpg

5月に入ったところで詠んだ拙句

人気ブログランキングへ

⇑ 面白かったらクリックしてください。

by toruiwa2010 | 2016-05-13 08:47 | 岩佐徹的考察 | Comments(4)
Commented by CraftHQ at 2016-05-13 15:34
榮倉さんのハイヒールww
はかせないなら一貫してはかせなければいいのにね。
プロレス好きの体育系女子だからそれでも違和感ないかと。
"図書館戦争"以降アクションも売りに出来る女優になりましたね。
(以前はダンスてイメージが強かったですが)
"1作目"の時はアクション吹き替えしている部分が目につきましたが"ラストミッション"では殆どなかったんじゃないですかね。
(図書館は次も有りそうな雰囲気ですが)
"99.9"見てて改めてそう思っちゃいました。
普段から努力されているんでしょうね。
Commented by toruiwa2010 at 2016-05-13 16:28
CraftHQさん、こんにちは。

体形も動きもアスレチックですね。
映画「娚の一生」で何かをつかんだ感じです。
Commented by ラジオ少年1978 at 2016-05-16 18:47 x
こんばんは、

取り組みの乱れは私生活の乱れ
かもしれませんので
週刊誌に注目しておきます。
(特に協会と遺恨ありと思うポ〇ト
と〇春に・・・)
Commented by toruiwa2010 at 2016-05-16 19:06
ラジオ少年1978さん、こんばんは。

私も注目しましょう。
dマガジンという見方もあるし。
ハハハ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。