ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

イチロー 大爆発、スッゲー!~3投手、ただいま苦戦中~ 16/05/25

イチローにhat off !

イチローが大爆発している!
今日も4回までに3打数3安打だ。
白旗を掲げます。降参です。私が間違ってました。
この3日間で11打数の9安打!!
イエリッチのケガ次第でまだ伸びる可能性がある。

d0164636_731130.jpg
開幕前からイチローについては同じことを書いてきた。
今年の彼の“最大のテーマ”はMLBで通算3000安打を達成すること。
そして、チームの状態を考えると達成の可能性は微妙だということだ。
先発できるのは50試合前後だ。打数は多くても280、下手をすれば250に
届かない可能性もある。まとめて試合に出る機会が著しく減り、調子の維持が
極めて難しい。記録の達成は早くても8月終わり、遅ければシーズン終了間際で
下手をすれば最終戦に3安打が必要…という“ドラマチックな”展開もありうる…

開幕してからの経過はほぼ私の予想通りだった。
チームが全162試合の4分の1にあたる40試合目をプレーしたのは18日だった。
イチローはこの日まで、先発はわずか7試合、46打数で15安打だった。(.326)
それほど単純なものではないが、これらの数字を4倍すると、イチローの今年の
最終成績が占えるわけだ。

先発28試合 184打数60安打

これではヒットが5本 足りないが、単純計算ではそうなる。
しかし、野球にけがは付き物。去年もそうだったが、今年もレギュラーの一人、
イエリッチが背中を痛めた。チームの41試合目まで休まずにプレーしていた。
そこまで3割2分、出塁率4割2分だった。

42試合目の打撃練習で故障が発生したらしい。
急きょ、代役に指名されたのはイチローだった。そこから3試合連続で先発した。
4-4,4-2,5-4…13打数10安打の大爆発だ。しかも全盛期のような“脚で稼いだ”
ヒットはないのだからビックリして声も出ない。ハハハ。
日本時間、今日早朝の試合で4試合連続先発出場したが、5打数0安打に終わった。

それでも45試合で25安打…1週間足らずで“状況”は劇的に変わった。
しつこいようだが、単純計算ではシーズン終了時に90安打することになった!
このペースを100%維持できるなら、ちょうど117試合で達成できる。
球場で生で見たい人は8月14日のホワイトソックス戦をめがけて出かければ
いいと思う。保証はしないが。ハハハ。

これだけ好調のイチローでも、イエリッチのけがが治れば、ふたたびベンチを
温めることが多くなる。それが、メジャーの野球のやり方だ。
ファンはそのことを理解しておく必要がある。

いずれにしても、“神”・イチローは日本初のMLBアナウンサーの“予言”を
ものの見事に打ち砕いてくれた。素直に脱帽するしかない。

苦しい投球が続く日本人投手

ダルビッシュが29日に2年ぶりでメジャーのマウンドに戻って来る。
マイナーでのテスト登板で手ごたえを感じているようなので楽しみだ。
逆に、開幕から投げている日本人投手3人の成績が振るわない。
ちょうど3年前、“The Fabulous Three”と題する記事を書いたのが嘘みたいだ。

2013年5月25日時点で日本人投手の成績は…

黒田博樹(ヤンキース)    6勝3敗 2.67 
ダルビッシュ(レンジャース) 7勝2敗 2.83 
岩隈久志(マリナーズ)    5勝1敗 2.37


3人で18勝6敗 防御率は2.72だった!

一方、現時点で日本人投手の成績を見ると…

田中将大(ヤンキース)  2勝0敗 3.24  
岩隈久志(マリナーズ)   2勝4敗 4.39  
前田健太(ドジャース)   3勝3敗 3.29 
 

3人で7勝7敗 防御率も3.71だ。

田中の前回登板は悪くなかったと思うが、ストレートの最速が150キロに届かない。
スプリッターを見極められて粘りの投球になっている。
ブルペンがますます強力になり、チャップマンの初登板以後、チームも10勝5敗と
復調傾向にある。6回を終わってリードしていれば勝てる可能性が大だから、今後は
勝ち星が増えるかもしれない。
d0164636_704686.jpg
岩隈の調子が安定しない。1試合の与四球率2.8が悪すぎる。過去3年の倍近い。
生命線である制球力を取り戻さない限り、見通しは暗いままだ。せっかくチームが
好調なだけにもったいない。
d0164636_703292.jpg
前田は快調なスタートを切った。
4試合に登板した段階で3勝0敗、防御率0.36だったが、5試合目から暗転した。
次の5試合は0勝3敗、防御率は6.09。
私のレベルでは何がどうなったのか分からないが、メジャーの分析力はかなり高い。
スカウトの手によって投球が裸にされているのかもしれない。何より気になるのは
マウンドでの表情に自信が見られなくなっていることだ。
d0164636_701426.jpg

人気ブログランキングへ

⇑ 面白かったらクリックしてください。

by toruiwa2010 | 2016-05-25 07:13 | メジャー&野球全般 | Comments(1)
Commented by 赤ぽん at 2016-05-25 13:15 x
岩佐さん、こんにちは。

今日は一休みのイチローですが、しかしよくもまあ打ちましたね!
休みがちな中でいきなりスタメンでこれだけ打てるっていうのは、どういう事?!
ってくらいすごいこの数日ですね。
タイムリーや決勝点につながるなど内容も伴ったクリーンヒットばかりじゃないですか!
だからといって3000本が安泰になったわけではないという外野陣の状況は変わらず
ですか・・・
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。