ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

2019(4625) 他人の不幸を祈る? 自薦・厳選300? 16/05/29

1994年を思い出すなあ
~全仏:今日は女子決勝~ ( 2010.06.05 初出 )

d0164636_7144434.png
全仏オープン・テニスの女子決勝はスキアボーネとストーサーの対戦になりました。
開幕のときにこの顔合わせを予想した人はいないでしょう。
しかし、ここまでまったく見ていないのでなんとも言えませんが、今大会の成績を見れば、
この二人には決勝のコートに立つ資格がありそうですね。
ベスト8の顔ぶれを見たとき、「あらら、セレナの優勝は決まったようなものだなあ」と
うかつにも思ってしまいました。ハハハ。
ですから、4回戦以降、エナン、セレナ、ヤンコビッチを立て続けに破ったストーサーには、
びっくりしました。よほど調子がいいのでしょう。
QFでウォズニアッキ、SFでデメンティエワを連破したベテラン、スキアボーネにも
同じことが言えそうです。
d0164636_715576.jpg
誤解を恐れずに書くとWOWOWの解説・実況、スタッフ、編成担当…みんな SFの結果に
がっかりしているはずです。彼らの気持ちは推測の域を出ませんが、私が担当だったら
間違いなく“落ち込んだ”でしょう。せめてヤンコビッチには決勝に出てほしかった…と。
ストーサー、スキアボーネの二人に失礼なのは承知の上で、正直なところ、フィリップ・
シャトリエのレッドクレーでクープ・ド・スザンヌ・ランランをかけて戦う選手には
華があってほしいと思うのです。どの大会の決勝も同じことですが。

テニスに限らず、応援放送をしたことはないつもりです。
しかし、“テレビ屋のエゴ”として、競技の種類によらず視聴率の取れる選手・チームには
勝ち進んでほしいと常に思いながら実況していました。
トーナメントで特定の選手・チームを応援している人たちは、強敵が負けてくれたほうが
うれしいでしょうが、私(たち)には違う“発想”があるのです。

…“純粋な“テニス・ファンには身も蓋もない話ですが、放送とスポーツの“関係”は
みんな、そんなものだと思ったほうがいいでしょう。
たとえば、間もなく始まるワールド・カップでも放送を担当する局はファンの間で人気の
高い国が決勝トーナメントに出てこい、と願っているはずです。
もっと言えば、グループ・リーグの第3戦の権利を持っている局は、それが消化試合に
ならないことを祈っているでしょう。ハハハ。
d0164636_7153578.jpg
女子決勝で思い出すのは1994年のサンチェスvsピアスです。
1992年に初めて全豪を中継したときから、WOWOWのプロデューサーは女子の決勝を
若い同僚アナ、T君に担当させていました。うぬぼれ屋の私は“悪しき”機会均等だと
大いに不満でした。ハハハ。

当日、パリは朝から雨が降っていました。それでも、チケットを持っているファンは続々
ローラン・ギャロスに詰めかけました。東洋人にくらべると欧米の人たちは我慢づよいと
いうのか、待つことが平気ですね。それならそれで、おしゃべりをして楽しむよ…。
飲み物を片手に延々と話しています。ハハハ。

試合開始は今と同じ午後3時だったと思いますが、お昼を過ぎても雨の勢いは衰えません。
「これは、相当待たされることになるなあ」とうんざりした気持ちでした。
担当ではないので準備することはないし、帰るわけにもいかないのですから。ハハハ。
しかし、T君が控室に到着したとき、「おや?」と思いました。顔色が青い、というより
白かったのです。
d0164636_7252350.jpg
「どうしたの?」と聞くと「いやあ、ちょっと飲みすぎちゃいまして」!!
GSの決勝を実況する前夜に飲みすぎた!?私たちの年代では考えられないことでしたが、
20歳以上も若い彼らには“ありがち”なことなのだろうと思い、黙っていました。
しかし、机の上で両腕に顔をうずめている姿を見たとき、「これはもしかしたら、おれが
やらなきゃいけないかもしれないぞ」と思い始めました。
「しめた」とは思いませんでしたが、一度は女子決勝を実況したいと願っていましたから、
ほんの少し“舌舐めずり”する気分だったことまでは否定しません。そんなときにそう
思わないというやつがいたら そいつは間違いなくウソをついています。ハハハ。

目立たぬように関係する資料を集め、準備を進めながら、時々「大丈夫か?」とT君に
声をかけると、そのたびに振り絞るような声で「はい、大丈夫です」と答えていました。
一方、雨はやむ気配もなく、開始予定時刻を過ぎていきました。
そして、時間の経過に従って、彼の顔色はどんどん良くなっていきました。ハハハ。
雨の合間を縫って試合が始まったのは午後8時ごろだったと記憶しています。
快晴の日でも9時過ぎが限界ですから、6-0 6-0 で終わるにしても、その日のうちに女王が
決まる時間ではありません。

各大会にチケット払い戻しの規定があります。
全仏の払い戻し規定がどうなっていたか思い出せませんが、たぶん1ゲームでもプレーが
行われれば払い戻しをしない…というようなことだったのでしょう。主催者が何としても
二人をコートに立たせたいと必死になっている様子が目に浮かびました。

この日は結局3ゲームしかプレーできず、続きは翌日の男子決勝の前に順延されました。
T君ですか?
もちろん、元気になって実況してましたよ。ハハハ。

男子の決勝は私が担当でした。放送が始まったとき、「きのう途中までで順延になった
女子決勝はすでに終わっていますが、男子決勝のあとにVTRでご覧いただきますので
いまは結果を申し上げません」とアナウンスしました。
…しかし、途中でカメラがスタンドで笑顔を振りまくサンチェスの姿をとらえたとき、
私の“気遣い”は無駄になったのです。ハハハ。

こういうとき、NHKならスルーするでしょうが、私は違います。
「女子決勝の結果は伏せてきましたが、カンのいい方はもうお分かりですね」と
言ってしまいました。ハハハ。

男子のQFでフェデラーが負けたことを意外に思った人が多いようです。
結果を見てから書いたのでは意味がありませんが、私は、組み合わせを見たときから、
「これは、どの顔合わせも番狂わせがありうるなあ」と思っていましたから驚きません。
相変わらず、ひそかにナダルを応援していますが、「アルマグロか、嫌な相手だなあ」と
警戒していました。勝ちましたが、苦しんだようですね。

人気ブログランキングへ

⇑ 面白かったらクリックしてください。

by toruiwa2010 | 2016-05-29 08:45 | 自薦・厳選300? | Comments(2)
Commented by 花みさき at 2016-05-30 16:33 x
岩佐さん、こんにちは。
ナダルが左手首のケガで棄権してしまいましたね。
残念で言葉がみつかりません。。。
Commented by toruiwa2010 at 2016-05-30 18:02
花みさきサン、こんばんは。

ここ数年ケガが多くなりました。
彼のプレースタイルではケガをすると
厳しいですね。
私は、とっくに覚悟しています。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。