ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

ジョコビッチ・シャラポワ・タイガー~アスリート:三人三様~16/06/15

ジョコビッチがやった!

生涯グランド・スラム!
いま、君に勝つ選手はいそうにない。
ミスをするたび、相手にウィナーを決められるたび、
ネガティブな ボディランゲージを見せていた君を
思い出す。
おめでとう、ジョコビッチ。

d0164636_89319.jpg
グランド・スラムへのデビューが2005年の全豪らしいから、その年の全米を最後に現役を
引退した私には彼のプレーをナマで見た記憶がほとんどない。
私のブログに彼の名前が初めて登場したのは2006年4月18日だった。

Monte Carlo Day 1
Federer d.Djokovic 63 26 63


相手がNo1だったから記事にした…ということか。付け足しのようにこう書いてあった。

敗れたとはいえ、ジョコビッチは頼もしいことを言っています。
「彼は誰でも知っているように最高のプレーヤーのひとりさ。
でも、エイリアンなんかじゃないよ。僕はがっかり。
勝てるチャンスがあったからね」
…単なる大口ではないことを祈りましょう。ハハハ。


このときの世界ランクは67位。間違いなく“単なる大口”じゃなかったわけで。
現在のランキングTOP10を見ると当分彼の王座は揺らぎそうもない。グランド・スラムの
タイトルは12だが、大きなケガさえしなければ、17勝のフェデラーを抜くチャンスだって
十分にありそうだ。
デビューしたころは、サーブに入る前の“球つき”など神経質な面が目についたものだが、
たくましくなった。もう一度、おめでとう。

シャラポワの選手生命は?

「女子選手にとって、2年のブランクは決して
軽くはない処分だろう」 今朝の朝日新聞が書いている。
29歳のシャラポワにとっては“軽くない”どころか“致命的”だ。
調べれば“2年出場停止”がきわめて重い処分だと分かるはずだ。


テニスのグランド・スラム大会が開かれるとき、主催者は複数のオフィシャル・ホテルを
選んで選手に提供する。負けたら即明け渡さなければならないが。ハハハ。
全米オープンのときはマンハッタンのほぼ中央にあるインターコンチネンタル・ホテルが
その一つになっていて、有名選手も滞在していた。
WOWOWの全米オープンの定宿だったし、スポーツ用品メーカーのナイキもこのホテルを
本拠地にしていたから、ウエアやシューズの提供を受けている選手がウロウロしていた。
エレベーターでシャラポワと一緒になることもあった。小さなダイアモンドを細く長い
金のくさりで吊ったイヤリングを今も思い出す。
d0164636_892052.jpg
東レPPOで優勝した2005年ごろは“シャラポワ・フィーバー”がすごかったが、同時に
彼女がショットのたびに発する高い声が邪魔だと テニス・ファンの強い批判にさらされた
時期でもあった。群を抜く美貌はときに反感を招くようだ。ハハハ。

今回の処分は何か釈然としない。
ヒンギスは“コカイン”だったよね。それで“2年”だったと記憶する。バランスが悪い。
それよりも「なにも分かっとらんなあ」と呆れたのが朝日の記事だ。
イチローなら29歳のときの2年は何でもないだろうが、もともと、キャリアの終わりに
さしかかっているシャラポワにとっての“これからの2年”がどんな意味を持っているか
理解できないらしい。テニス記者はやめた方がいい。

タイガーにもう一度晴れ舞台を!

タイガー・ウッズがUSオープンに出場しないと発表した。
「回復に努めているが、まだ体調が十分じゃない」と。
今年はツアーに戻らないかもしれないね。
スキャンダルがひどいものだったし、いろいろ厳しい
試練を受けているが、必ずカムバックしてほしい。


“あの”スキャンダルのほとぼりは冷めることがあると思えないが、彼ほどの力があれば
ゴルフの方はなんとかなるだろうと思っていた。…なんとかならないらしい。
力強くて、しかも正確な彼のゴルフはニクラウスとは違う魅力に満ちていた。
d0164636_873826.jpg
私にとってのタイガーの“忘れない一打”は2005年マスターズの16番だ。
パー3のティーショットを左に外していた。何度も何度も素振りしたあとに打った第2打は
グリーンに落ちてから、大きな弧を描き、最後の数メートルは蛇行し、カップのふちで
いったん止まったあと、ゆっくりと落ちて行った。きっと10年に一度見られるかどうかの
スーパー・ショットだった。

もう一度…一度だけでいい。タイガーにビッグ・ステージを用意してやりたい。

人気ブログランキングへ

⇑ 面白かったらクリックしてください。

by toruiwa2010 | 2016-06-15 08:35 | テニス | Comments(8)
Commented by ミコノス at 2016-06-15 15:52 x
とうとう、全仏取っちゃいましたね。

ただ、ナダル以外で、全仏優勝したフェデラー、バブリンカ、ジョコビッチの共通点。

ナダルと当たってないんですよね。

・・と、悪あがきを言ってみました。



Commented by toruiwa2010 at 2016-06-15 16:27
ミコノスさん、こんにちは。

お分かりのはずですが、それを言っちゃ
ダメでしょう。ナダルだって全盛期の
ボルグと戦ったわけじゃありません。
そのときどきのチャンピオンだったら
それを評価しないとキリがありません。
Commented by ひろ☆はっぴ at 2016-06-15 17:20 x
あと十数年後、シニアツアーの資格年齢に達したタイガーが、若い頃には全く見せなかったゴルフを見せてくれたら、と秘かに夢見ております。あるいは59才ぐらいでエイジシュートを達成してくれたら最高なんですが。
Commented by ミコノス at 2016-06-15 18:22 x
今晩は

それは、もちろんわかっています。

わかってはいるんですが・・(泣)

早く復活して欲しいですし、フェデラーのように、試合を限定した方がいいかもしれませんね。


Commented by toruiwa2010 at 2016-06-15 18:37
ひろ☆はっぴサン、こんばんは。

形はどうでもいいです。
スポットライトを当ててやりたいです。
Commented by KenKen at 2016-06-15 21:33 x
岩佐さん、こんばんは。

こうなるとジョコビッチの1強ですね!

彼のグランドスラム初戦がサフィンで見せ場なく破れてからまさかここまでの選手になるとは…

今年はオリンピックもあるのでゴールデンスラムも射程圏ですね。


シャラポワに関しては厳しい裁定ですね。

このままの判決だと、引退もありえるのでは…


タイガーの輝きももう一度見てみたいですね。
怪我等で今期低迷してる友達のフェデラーにも頑張って貰いたいですし。
Commented at 2016-06-15 21:37 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by toruiwa2010 at 2016-06-15 22:13
KenKenさん、これから2年ぐらいは
まさに1強です。

GSの数…混乱してました。
ご指摘、感謝。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。