ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

手つなぎゴールはあったか?~ラジオは「たまむすび」を聴く~16/06/23

テレビ朝日の朝のワイドショーを長くやっていた割に赤江珠緒の名前と顔は
あまり知られていないようだ。もともとは大阪・朝日放送のアナウンサーだが、
キー局の制作者に目をつけられてメイン・キャスター、渡辺宣嗣アナの相手に
抜擢された。サブ司会だった女性アナが不倫疑惑で“飛んで”しまい、テレ朝に
適当な人材がいなかったため、苦肉の策だったようだが、異例中の異例だ。
系列局に頭を下げるのはどこのキー局も嫌うからだ。

いずれにしても、朝日放送に戻った1年を挟んで8年間、起用され続けたのは
目立たないが、優れた能力を持っている証拠だろう。
d0164636_7442196.jpg
朝は「めざまし」から「とくダネ」、「ノンストップ」…と、習慣で母局の番組を
見てしまうから、テレ朝の朝番組も見る機会は少なかった。
2011年3月いっぱいで“卒業”した彼女が 終了したTBSラジオ「キラキラ」の
あと番組をやると聞いたとき「そりゃ無理だろう」と思った。小島慶子の達者な
トークの印象が強かったし赤江の喋りはよく知らなかったからだ。

聞いてみると面白いんだ、これが。ハハハ。
“前任者”のように政治ネタには触れず、肩の力を抜いて曜日パートナーとの
お気楽トークをしているだけだが、“脱力感”がたまらなくいい。
聴取率では、文化放送「大竹まことのゴールデンラジオ」にリードされている
ようだが、中途半端な知識で反政権的な発言に走る大竹にウンザリしているので
最近はほとんどTBSしか聴かなくなった。podcastだが。

彼女の担当は月~木曜日だが、パートナーはカンニング・竹山、山里亮太、
博多大吉、ピエール瀧…“海千山千”を相手に息もぴったりだ。

月曜日のコーナー企画“竹山、ガム買って来て”、略して“竹ガム”が秀逸だ。
リスナーから寄せられる質問にスタッフやリスナー仲間が知恵や情報を提供し、
解決にこぎつける…といういかにもフットワークのいいラジオらしい企画だ。

たとえば“ゆとり教育”のころ話題になった 運動会で児童に差をつけないため、
“手をつないでゴールイン”について、しつこく調べていた話も興味深かった。
意外なことに「実際に見た」「経験した」という情報がとても少ないのだ。

少し前に取り上げていた話もなかなか面白かったので紹介しておく。

投稿者は20数年前、中学1年の国語の授業であるテープを聞かされた。
d0164636_744234.jpg
宇宙人が地球にやって来た。
地球人は笑顔で「ようこそいらっしゃいました」と歓迎したが、
宇宙人は激しい言葉でこれに応じた。その先がどんな物語になるのか
ワクワクしたが、直後にチャイムが鳴って授業が終わった。

結局、その先を聞かされないままだったので、ずっと気になっていた。

“竹ガム”はスタッフが手分けして調べるとともに、ほかのリスナーたちに
情報の提供を呼びかけた。その結果、実に意外なことが分かった。

宇宙人は“精神判読機”を持っていて相手の気持ちが読み取れるのだった。
話し合い「地球人は神経がねじれていて感情と表現が逆になるのだろう」と
結論付けた宇宙人は地球人に対してこう言った。

「やい、やって来て悪かったな、このうす汚いサル野郎ども。
面白くもない顔を並べやがって、そんな顔は見たくもねえや。
どいつもこいつも、さっさとくたばりやがれ」

…つまり、宇宙人たちは“あえて”本心とは逆のことを言ったのだ。
作者・星新一の面目躍如、示唆に富んだショート・ショートだった。
で、このエピソードがおかしいのはこの物語、ここで終わっていることだ!

タイミングの悪いチャイムで物語を中断されたと投稿者は思ったわけだが、
チャイムのタイミングが逆によすぎたのだ。
「えっ、この先は?」という疑問は気の毒なことに20数年前のその時点で
答えが出ていたことになる。
d0164636_7433690.jpg
“手つなぎゴール”については先週、番組としての桔論を出していた。
過去、新聞にいくつかの記事が出ているのを見つけたが、たどって行くと
証言が間違って伝えられたりしていることがほとんどだったそうだ。
番組は“噂が独り歩きして広まったものでその事実はなかった”とした。

「こうであってほしい」という願望が実際にあったかのような“錯覚”を
生むのではないか…ということだね。
ミニコミはこういう結論を出したが、人手が足りなくて調査が行き届いて
いない可能性もある。面白いテーマだから、大手のメディアでもぜひ調査を
してほしいね。

「たまむすび」の日替わりこーなーでは、ほかに、月曜日の小田嶋隆の話は
“突っ込みながら”聴き、火曜日の町山智浩の映画話は“反面教師”的に聴く。
あと、月一回の吉田豪のインタビュー話は実に興味深く聴く。

いつも、昼寝のときと夜 寝る前に聴くのだが、最近は、年のせいか途中で
“落ちる”ことが多くなった。

人気ブログランキングへ

⇑ 面白かったらクリックしてください。

by toruiwa2010 | 2016-06-23 08:42 | 岩佐徹的考察 | Comments(8)
Commented by ラジオ少年1978 at 2016-06-23 16:50 x
こんにちは

テレ朝系列は民放で唯一、パワーバランスが西高東低だと
月刊誌で読んだことがあります。
又、民間企業の社員平均所得で日本一の会社のようです。

赤江アナ、同じ局出身の
宮根のように背後に芸能界のドンがいる訳でなく、
モナのように激写され局に迷惑をかける訳でなく、
胡散臭さも噓臭さも感じませんので重宝するかと思います。
(岩佐さんの母局で例えるなら山崎夕貴かと・・・)
Commented by toruiwa2010 at 2016-06-23 18:48
ラジオ少年1978さん、こんばんは。

西高東低…おそらく、テレ朝の社員には
別の意見があるでしょうね。ハハハ。
所得に関しても、そうだったかなあ。

後半も、地味だと言われてるみたいで…
恨まれても、私は責任を持ちません。
ハハハ。
Commented by ラジオは友だち at 2016-06-24 00:45 x
こんばんは。
私もたまむすびのポッドキャストをダウンロードして聴いています。
前任者と違ってたまちゃんの『楽しい人生経験』を通してのエピソードや前向きな考え方に共感します。
残念ながら今月いっぱいでTBSラジオのpodcastは終了し、TBSラジオクラウドという新サービスが始まります。
今までと違う配信方法なので少しめんどうそうです。
Commented by ひろ☆はっぴ at 2016-06-24 01:01 x
珠ちゃんは若い頃に赤井英和やトミーズ雅といった面々に鍛えられていますので、芸人の相手は全く苦ではありません。珠ちゃんが関東の皆さんに愛されているのは、とても喜ばしいことです。

以前NHKの有働アナが野球の実況をした件について岩佐さんが書いていらっしゃいましたが、実は珠ちゃんも若い頃にやっています。それもテレビではなくラジオで、しかも夏の甲子園です。ただし1回限りで終わりました。それ以後に女性アナの起用は全くありません。
Commented by toruiwa2010 at 2016-06-24 07:30
ラジオは友だちサン、おはようございます。

クラウド…そんなに難しくないようです。
毎回、ログインするの名面倒ですが。
Commented by toruiwa2010 at 2016-06-24 07:32
ひろ☆はっぴサン、おはようございます。

赤江のさっぱりしたところは
完投人にも問題なく受け入れられて
いるようです。
ま、彼女でも野球の実況は無理でしょう。
ましてラジオでは。
Commented by amedas at 2016-07-26 11:45 x
たまむすびの聴取率は昨年秋にゴールデンラジオを再逆転して以降、
どんどん差を広げていっています。
このところテレビでも、明らかに「たまむすびの赤江珠緒」を見せるのを
狙った起用が目立つようになりました。赤江のボケ解答を引き出すのが
目的のクイズ番組が日本テレビでもフジテレビでも作られるなど。
Commented by toruiwa2010 at 2016-07-26 12:14
amedasさん、こんにちは。

いい情報、多謝。
ネット上でなかなかデータが見つからず
イライラしていました。
変に政治的な話をしない。肩の凝らない話が
聴いて楽しめます。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。