ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

ユーロ2016が大詰め~96年 ENGvsGERはPK戦だった~ 16/07/06

06/07のツイート
ユーロ2016が開幕。
場所はフランスだ。銃による攻撃、遠隔操作の爆弾、
そしてドローンを使った攻撃… 治安当局は対応に
大わらわだという。WOWOW コメンタリーは現地から
放送するのか?なまじ、ほとぼりが冷めてるだけに
会社の判断も難しいなあ。

d0164636_852891.jpg
…「WOWOWはご無沙汰してるけど、ユーロはちょっと見てみようかな」と思っていたのに
ちらっとしか見ていない。で、あっという間に準決勝、決勝を残すだけになってしまった。
明日(ポルトガルvsウェールズ)はパスするにしても、明後日は“ドイツvsフランス”かあ。
これは見ないわけにいかないよね。

そんなわけだから WOWOWがどんな放送をしているかは確認していないが、どうやら
決勝トーナメントに入っても東京からの“コメントづけ”になっているようだ。

いまは、アナウンサーの能力も高いから、現地に行かず、東京で映像だけを見て実況する
“オフチューブ”方式でも問題ない放送ができるが、現地に行かなくては手に入らない
こまかい情報や肌で感じることを伝えるのは不可能だ。WOWOWが放送を開始したころ、
社員は寄せ集めで、他業種から出向している人が多く、東京キー局から来ていた我々ほど
“現場”のことを知っている人は少なかった。「キー局ではね…」というのは禁句だったが、
知識や情報が少ないのにつけこんで、いろいろ“吹いた”ことは否定しない。ハハハ。
d0164636_862545.jpg
「スタジオにいるのと現地に行くのでは大違い。吹く風の色も違うんだ」などと言って、
“放送の実際”に疎い周囲を説得して(だまして)現地中継に持ち込んだ経験がある。ハハハ。
解説・実況のモチベ―ションだけでなく、スタッフだって気合が入るのだから、決して
自分のことだけを考えての“誘導”ではなかった…と、弁護もしておく。
ただし、1990年2月にプロ野球キャンプの取材にでかけたとき「いつか、WOWOWが
放送するかもしれない。こういうものは顔つなぎのためにも必要だから」と説明したのは
かなり無理があったと思う。ハハハ。

WOWOWが初めて現地からスポーツの衛星中継を実施したのは1990年11月にアメリカ・
アトランティックシティで行われたマイク・タイソンの試合だった。このときも、「事前の
取材がとても大事だから」と会社を説得して試合の10日前に日本を出発した。常識的には
3,4日で十分なのだが、ぐずぐずしていると、わけの分からないスタジオ番組の進行係を押
し付けられる気配があったのだ。当時の関係者のみなさん、ごめんなさい。ハハハ。
d0164636_865147.jpg
先月の末、なにげなくWOWOWのプログラム・ガイドのページを繰っているときだった。
2時から“ユーロ96 の準決勝ドイツvsイングランドを放送”と出ていた。
「俺が実況した試合だ!」と思わず興奮した。ただし、20年前の古いタイプの実況だから
いまの若い視聴者にはバカにされるかもしれないなあ…と不安がよぎった。

急いで、棚の奥からDVDを取り出してチェックした。
懐かしいウエンブリーが写る。放送席の情景まで目に浮かんだ。解説は当時の代表監督・
加茂周さんだ。加茂さんは決勝トーナメントからの参加だった。グループリーグの試合は
日本で見てくる約束だったのに、話し出すと見ていないことが分かったし、「代表がらみの
話題はNG」とくぎを刺されてやりにくかったが、味のある話しっぷりで好評だった。
シーマン(GK)、シアラー、ガスコイン、プラット、インス、シェリンガムのイングランド、
ケプケ(GK) ヘスラー、ザマー、クリンスマン、ビアホフのドイツ…メンバーの顔をみると
20年前のことなのに試合の流れを少しずつ思い出した。

もっとも印象に強いのは1-1でPK戦になったとき“俺は見ていられない”とばかりに、
肩を組んで推移を見守る仲間に背を向けてピッチに座り込んでいたイングランドのMF、
ポール・インスの姿だ。

当時の自分の実況を聞くと私のレベルでは“セーフ”だったし、放送枠が30分だったので
編集をうまくやってくれれば“ボロ”は出さないですむかなあ、と思った。
しかし、いざ、放送が始まると後輩の田中大士アナの実況で録り直してあった。あれまあ!
放送に耐えない…ということか。 ま、スタイルが古いからしょうがないね。トホホ。
d0164636_882098.jpg
PK戦でイングランドのサウスゲートが失敗した。
このとき、真っ先に駆け寄ったのはピアースだった。彼には1990年のワールド・カップ・
準決勝で当時の西ドイツと対戦し、やはりPK戦になったとき、失敗し、その後この大会の
準々決勝・スペイン戦でPKを決めるまで長い間 苦しんだ経験があったからだ。
結局、地元イングランドは敗れた。インスは最後までPK戦を一度も見なかった。
ドラマがある試合だった。 ヘタでも私の実況で見てほしかったなあ。ハハハ。

人気ブログランキングへ

⇑ 面白かったらクリックしてください。

by toruiwa2010 | 2016-07-06 08:30 | サッカー | Comments(4)
Commented by デルボンバー at 2016-07-06 12:40 x
岩佐さんこんにちわ。UEFAか選ぶ、ユーロベストマッチのシリーズですね?4年前に始まったときから、その実況のパターンですよね。例のイングランド対ドイツは録画していまでも残ってます。もともと加茂さんの解説も好きだったんで、じゅうぶん楽しませて頂きました(あ、岩佐さんの実況も.....はは。)でも当時はまだVHSなんで、はやいとこBDにダビングしないとなー(笑)
Commented by ひろ☆はっぴ at 2016-07-06 13:37 x
今回は決勝だけが現地からの実況になりましたね。岩佐さんが現役だったころにはあり得なかったウインブルドンとの並行ですから、これも仕方ないんでしょうか。現地に行くのは野口さんと柄沢さんに決まったようですね。赤と緑のジャケットを纏ったヒロシ&トオルがサンドニから登場…なんてことをやってくれたら楽しいと思うんですけど…ハリルホジッチは目が点になるかもしれませんが。
Commented by toruiwa2010 at 2016-07-06 13:38
デルボンバーさん、こんにちは。

UEFAの選考でしたか。知りませんでした。
私はだいぶまえにDVDに焼きましたが、
劣化は明らかです。

コメントの送信クリックは1回でOKです。
Commented by toruiwa2010 at 2016-07-06 13:40
ひろ☆はっぴサン、そうでしたか。

決勝のときは危なくないという判断ですかね…と、
これでは嫌味になってしまいますね。ハハハ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。